「博多一風堂」がパリへ進出!そのユニフォームがカッコよすぎる・・・

押しも押されもせぬ、とんこつラーメン界の雄「博多一風堂」。その欧州2店舗目となる「パリ店」が、2015年12月末にオープン予定。食の都への進出を記念し、フランスと日本に強い絆を持つ“ある2大ブランド”が彼らへエールを送ります!

MIHARA YASUHIROが
ユニフォームをデザイン!

mihara

斬新な発想と遊び心でパリのファッションに一陣の風を吹き込んだ「MIHARA YASUHIRO」。一風堂の挑戦に以前から共感の念を抱いていた彼が、革新のラーメン「赤丸」などでなじみ深い「赤」をテーマにユニフォームをデザインしました。

ジャケットとエプロンは、パリ店の内装の木目と合うベージュカラー。シャツレイヤードディティールを取り入れることで、仕事着のイメージが定着しているデニムジャケットに、現代のワークウェアのイメージを落とし込んでいます。赤をキーカラーとして細部に使用し、スタッフが頭に巻くタオルも、日本らしさを感じさせるタイダイ柄を採用。

ユニフォームを着た
ルノー車がお祝い走行

ルノー

パリにおける“働くクルマ”の代名詞であるルノーのカングーが、MIHARA YASUHIROがデザインしたタイダイ柄のユニフォームを身にまとい日本に上陸。ルノーが掲げるブランドスローガン「Passion for Life 好きを、走れ。」と、一風堂の「フランス文化の一部となり人々の生活を豊かにしたい」という想いが共鳴し誕生したコラボラッピングカーが都内を走ります。

outside

三者によるこの異色のコラボレーションプロジェクトの詳細は、2015年10月28日(水)にグランドオープンしたばかりのウェブマガジン「IPPUDO OUTSIDE」にて随時配信予定。日本を代表する名店の革新的チャレンジを、見逃すことなかれ!

参照元:PR TIMES

他の記事を見る
一風堂カリフォルニア州サンタモニカ店のオープン記念に、「nonnative」がユニフォームをデザインしました。
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
1985年に福岡で創業した『一風堂』は、今や世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド。より多くの人々により長く愛されるラーメンを作るために...
「一風堂」ニューヨーク支店の制服が、かっこ良すぎ!ニューヨークの「一風堂」が新たに取り入れたスタッフ用ユニフォームが、他に類を見ないスタイリッシュなものに...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
パリの主要ターミナル駅のひとつ、リヨン駅。ここから少し歩いたところにあるクレミュー通りに暮らす住民が苦情を申し立てています。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
パリ五輪を前にシャンゼリゼ通り活性化させるという計画案が注目されています。理由は、その一環として凱旋門を囲うラウンドアバウトに夏はビーチ、冬はスケートリン...
20種類以上の煎茶を飲み比べできる銀座から日本文化を発信する煎茶専門店煎茶堂東京〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目10-10https://www...
パリの魅力に磨きをかけるプロジェクト「Réinventer Paris 2」。その一翼を担うのが「Le Terminus」。使われなくなった地下鉄の駅がレ...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
パリで人気のフードトラックと言えば、「Le Camion Qui Fume」。肉厚でヘビー級だけれど随所にこだわりが見られ、美味なアメリカンスタイルのバー...