「博多一風堂」がパリへ進出!そのユニフォームがカッコよすぎる・・・

押しも押されもせぬ、とんこつラーメン界の雄「博多一風堂」。その欧州2店舗目となる「パリ店」が、2015年12月末にオープン予定。食の都への進出を記念し、フランスと日本に強い絆を持つ“ある2大ブランド”が彼らへエールを送ります!

MIHARA YASUHIROが
ユニフォームをデザイン!

mihara

斬新な発想と遊び心でパリのファッションに一陣の風を吹き込んだ「MIHARA YASUHIRO」。一風堂の挑戦に以前から共感の念を抱いていた彼が、革新のラーメン「赤丸」などでなじみ深い「赤」をテーマにユニフォームをデザインしました。

ジャケットとエプロンは、パリ店の内装の木目と合うベージュカラー。シャツレイヤードディティールを取り入れることで、仕事着のイメージが定着しているデニムジャケットに、現代のワークウェアのイメージを落とし込んでいます。赤をキーカラーとして細部に使用し、スタッフが頭に巻くタオルも、日本らしさを感じさせるタイダイ柄を採用。

ユニフォームを着た
ルノー車がお祝い走行

ルノー

パリにおける“働くクルマ”の代名詞であるルノーのカングーが、MIHARA YASUHIROがデザインしたタイダイ柄のユニフォームを身にまとい日本に上陸。ルノーが掲げるブランドスローガン「Passion for Life 好きを、走れ。」と、一風堂の「フランス文化の一部となり人々の生活を豊かにしたい」という想いが共鳴し誕生したコラボラッピングカーが都内を走ります。

outside

三者によるこの異色のコラボレーションプロジェクトの詳細は、2015年10月28日(水)にグランドオープンしたばかりのウェブマガジン「IPPUDO OUTSIDE」にて随時配信予定。日本を代表する名店の革新的チャレンジを、見逃すことなかれ!

参照元:PR TIMES

「一風堂」ニューヨーク支店の制服が、かっこ良すぎ!ニューヨークの「一風堂」が新たに取り入れたスタッフ用ユニフォームが、他に類を見ないスタイリッシュなものに...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
鶏肉は好きなんだけど、ぶよぶよの皮だけは苦手という人、結構いますよね。皮だけはがしちゃうとか。ならばパリパリすればどうでしょう。チキンソテーの皮をもうパリ...
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
中国の海南航空は、制服を一新することを発表した。注目すべきは、そのスタイル。まるでファッション誌に登場するくらいにスタイリッシュなのだ。デザインを担当した...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
買ったばかりのデニムや、お気に入りの靴、プレゼントしてもらったバッグ──。その日のコーディネートは、主役となるアイテムを軸に逆算して考えるもの…なのですが...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
12月20日をもっての閉店を発表し、衝撃を与えたパリのセレクトショップ「colette」。9月には「sacai」が1ヶ月限定で出店したことも記憶に新しいで...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
いろんなストーリーが浮かんできます。
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
最初から最後まで、ドキドキが止まりませんでした。
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
2015年9月27日、晴天。パリの空は、いつもと比べて青かったという。それもそのはず、この日のパリ市内は車が極端に少なかったのです。パリ中心地を1日歩行者...
ユーゴ・デノワイエは、数多の三つ星レストランのシェフを顧客に持つ、パリ屈指の肉職人。現在は、14区と16区の二店舗で高級精肉店を営み、人気を博しています。...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...