「ネイバーフッド」が制作した「一風堂」のユニフォームがクールすぎる!

「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など、これまでも数々の人気ブランドとのコラボレーションでフードマニアやファッション好きを驚かせてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッグの相手として選んだのは......なんとあの「ネイバーフッド」!

お互いの「アティテュード」に共鳴して
実現した奇跡のコラボレーション

© 2018 SINYA KEITA

「JAPANESE WONDER TO THE WORLD(=日本の文化を世界に)」をブランドコンセプトに掲げ、すべての丼に日本が誇る磁気「有田焼」を使用していることでも有名な「一風堂」は、1985年に福岡の大名で創業されたラーメンのグローバルブランド。

世界の13カ国・地域に展開している「一風堂」のオーストラリア(シドニー、メルボルン)の店舗が先日発表した新ユニフォームの制作を担当したのは、こちらも日本だけでなく、アジア圏を中心に、アメリカやヨーロッパでも絶大な人気を誇る、あの「ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)」!

© 2018 SINYA KEITA

モーターサイクル、ミリタリー、アウトドア、トラッドなど、様々な要素をミックスしながらシーンを選ばないベーシックなアイテムが世界中で人気の「ネイバーフッド」が「一風堂」のために制作したアイテムは、ジャケット、シャツ、Tシャツ(2色)、キャップとエプロンの全5種。

黒をベースにしたラギッドなアイテムの数々は、「ネイバーフッド」のファンはもちろん、ストリートブランドのギークにとって垂涎ものであること間違いなし。

© 2018 SINYA KEITA

「一風堂」と「ネイバーフッド」それぞれのブランド名とともプリントされている「CRAFT WITH PRIDE(=誇りあるものづくり)」について「ネイバーフッド」のデザイナー・滝沢伸介氏は......

僕らはこのスローガンを1994年のブランド創設時から使用しています。「いつ、どの瞬間でも自分たちのつくるものにプライドを持とう。洋服づくりにまつわるすべてにおいてこだわっていこう」。そんなアティテュードですね。これは「一風堂」を含めて、何かモノを生み出す人たちすべてに当てはまる言葉だと思っています。

.......とコメント。

© 2018 SINYA KEITA

現地・オーストラリアでおこなったフォトシューティングの様子やデザイナー・滝沢氏のインタビューはウェブマガジン「IPPUDO OUTSIDE」にて公開中。

また、同ウェブマガジンでは、読者のなかから合計30名にユニフォームが当たるプレゼント企画も実施中なので、世界をまたにかけて展開する2大ブランドの奇跡のコラボアイテムが欲しい人は今すぐチェック!

© 2018 SINYA KEITA
© 2018 SINYA KEITA
© 2018 SINYA KEITA
© 2018 SINYA KEITA
© 2018 SINYA KEITA
© 2018 SINYA KEITA
© 2018 SINYA KEITA
© 2018 SINYA KEITA
Top image: © 2018 SINYA KEITA
一風堂カリフォルニア州サンタモニカ店のオープン記念に、「nonnative」がユニフォームをデザインしました。
「一風堂」ニューヨーク支店の制服が、かっこ良すぎ!ニューヨークの「一風堂」が新たに取り入れたスタッフ用ユニフォームが、他に類を見ないスタイリッシュなものに...
押しも押されもせぬ、とんこつラーメン界の雄「博多一風堂」。その欧州2店舗目となる「パリ店」が、2015年12月末にオープン予定。食の都への進出を記念し、フ...
1985年に福岡で創業した『一風堂』は、今や世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド。より多くの人々により長く愛されるラーメンを作るために...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
20種類以上の煎茶を飲み比べできる銀座から日本文化を発信する煎茶専門店煎茶堂東京〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目10-10https://www...
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
「湯道」とは、放送作家・小山薫堂氏が唱える究極の「湯」の作法、様式、芸道のこと。曰く、「華道や茶道に決められた美しい手順、所作があるように、湯道にも湯、自...
「味噌ラーメンの作り方」を説明した動画。そう聞いても、普通は「オシャレ」や「カッコイイ」というイメージは浮かばないですよね。でも、「Peaceful Cu...
2月15日、スマホを使って名前と背番号を切り替えられるユニフォームを、NBAのコミッショナーAdam Silverさんが発表しました。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。オーストラリアのセブンは、つい日常使いしたくなるハイカロリーな食べ物や飲...
野球にカーリング、バスケットボール、ラグビー。競技の垣根を越えて依頼が殺到するユニフォームデザイナー・大岩Larry正志さんにインタビュー。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
日本にはイギリスファッション好きな人が多いですね。韓国や台湾とは違ってイギリスブームは長く続いていて、いろいろな流行りが日本にやってきたと思います。
インドネシア・ジャワ島の内陸部。熱帯雨林が生い茂る人里離れた小高い山の上にそれはある。「Gereja Ayam」現地の言葉で(鶏の教会)を意味し、“Chi...
銀座の〈煎茶堂東京〉から発売されている急須は、ちょっとした衝撃です。取っ手もないし、透明だし、サイズも手の平に乗るぐらいコンパクト。こんなにシンプルでいい...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
ジョッキに麺が入っています。衝撃!