「将棋 デ ショコラ」は、これまででもっとも甘い一手でしょう

「将棋が好きな人にぴったりのチョコレート」

ありきたりな紹介の仕方とは認識しているものの、もはやこのお菓子をそれ以外にどう形容すればいい?

よし、どうせなら、とことん“将棋好き”に訴えかけよう。まずは、日本将棋連盟会長のこんなオフィシャルコメントからどうぞ。

「将棋は『脳に汗をかくスポーツだ』と言われることがあります。対局で疲れた頭と体にチョコレートは最適のお菓子ですね。駒の形をしたものだと、心も休まる気がします」

時には、甘い一手を。

2e8ad8b38a6ba91c4eacc90b7edb3c9b730c68ce469fcfc06d58d4dfbf6c7a41c5632d407b5dd72b

「Shogi de Chocolat(将棋 デ ショコラ)」は、将棋の駒を精巧に原寸大で再現したチョコレート。実際の駒と同様、王将・飛車・角行・金将・銀将・桂馬・香車・歩兵の8種類を1セットとして商品化しています。

Fdb984f6849391e8fa1d1af836bd40741d803450

前述のとおり、日本将棋連盟会長がコメントを出すほど支持されている「Shogi de Chocolat」。それもそのはず。なんとこれ、商品のコンセプトと完成度が認められ、公式な「日本将棋連盟推薦品」なのだそう。

将棋を世界に伝える
パンフレットを同梱

C662351b6c1c5a9d9c0230041e1aa3b34efa808d

さらに、パッケージには将棋の歴史やルールを日本語と英語で解説したパンフレットを同梱。“将棋好き”ならすでにルールは知っているでしょうが、彼らの徹底した姿勢を楽しんでもらえたら。

C7ec07d66779074b4769fed2faff114d53776f61

8つは同じ原料を使用していますが、将棋の駒の大きさによって、食感や口どけ、香り立ちなどは異なるそう。

見て、食べて楽しめる「Shogi de Chocolat」は、現在、東急ハンズやロフトの一部店舗にて発売中。オンラインショップや、日本将棋連盟 東京将棋会館 販売部でも購入可能です。価格は1,400円(税込)。

Licensed material used with permission by 一心堂本舗
これは、アートディレクターの手によってリメイクされた「将棋の駒」。単純明快で、伝わりやすく、客観的な美しさも備えている。だけど…それぞれの役割を識別する“...
2016年1月20日から、1ヶ月にわたって観測された「惑星直列」。これは、「水星」「金星」「火星」「木星」「土星」の5つの惑星が、太陽に向かってほとんど一...
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
バレンタインデーは、大切なパートナーへチョコレートを贈る日。男性からすると、もちろんそれだけで十分なのですが、その代わりとして、あるいはプラスして何かをプ...
元来チョコレート好きで、いろんな変わり種チョコレートも食べ歩いてきた私も驚いてしまった。梅干し、奈良漬、柚子酒に山椒!? ロンドンで行われたチョコレートの...
パン・オ・ショコラを自宅で再現するのは難しいですが、バゲット・オ・ショコラだったら簡単。
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
チョコレート界隈が騒がしくなる時期がやってきました。バレンタインのチョコというと、カラフルなチョコや、クリームが中に入っているようなトリュフを思い浮かべる...
甘い&塩っぱい組み合わせって、なぜか美味しい…その理由を、なんと科学が解明してくれたといいます!「Delish」の記事に紹介された理由を見てみましょう。甘...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
甘いものが大好きな人も、普段そんなに食べない人も、カラフルで気分の上がる「SWEET TOAST」は、ステキな1日のはじまりにぴったり。誰もが食べたくなる...
「テオブロマ・カカオ」これは、チョコレートやココアの原料となるカカオの学名。その意味は、“神様の食べ物”。「もう我慢する必要なし」とばかりに、あらゆる研究...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
アメリカやイギリスを中心に、海外ではスイーツ感覚で食べられている「ライスプディング」。あれ苦手という声をよく耳にします。日本人からしてみれば、お米を牛乳で...
辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!その方法は単純明...
2月14日に男性へプレゼント。それももちろんイイけれど、個人的にはむしろ女性へ“逆バレンタイン”してしまいたくなるチョコレートがこちら。フランス生まれの「...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...