「こけし」の制作動画に世界が夢中!美しすぎる職人技に見惚れる。

全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。

ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡仁」を構える木地師、岡崎靖男さんの見事な職人技。鳴子こけしの制作過程に、思わずうっとりしてしまうはずーー。

ぜひ動画で見てほしい。
これぞ「名人の仕事」

636ca31de00ba418653d4f655da8f9e9de7371d3

こちらが「こけしの岡仁」。

65564ced45e2e3f2eace92be9d9a83fcabf00612

岡崎靖男さんは高校卒業後、父に師事して兄弟子の指導を受けながら、こけしづくりを始めたのだそう。

B9608ee0b8a7ccc2fc382850e98c4d092134ac28B98ba0ff169614c6b8a7e975347d7a4d3f4c64c3

まず、こけしの寸法に切られた原木をろくろにかけて削り、頭を作っていきます。

46b743c86dc815d7054abc0c7f22d939c9d8440e09fdfe2ffad8aae172252c1db637e835e76d5c54

頭部が完成。

70583e3c8033ca6de33f9cab99887e19c2788216

続いて胴体を作ります。

3632020649cf9e23198caff5bf9c83ca332f4a05Ebdf6ce7b42ce19ceacb6a7eec7b29a5974bf8a0

胴体への絵つけは、ろくろで回転させながら。

4de5a9e933a03d36a8d7755510cecb5d4f161b94Bb91cd945b6ed03ea4a066cdaf68c701f1700fcb4138f7400cf66bc05cdf65327028a63e4c9ccfaf

頭部を胴体に差し込みます。

32a16d6d93ef4ff928332bbefb4285d9565a68e0

ここからは、“フリーハンド”による絵つけ。

Aef33d3750a555b8834b8b73024d2b40081d0f2a6ff2fc0ebbaeb27261a30f74dec8c93350fcb64eB28b797cddbfebb171bf8e36019968799d2ccafaE921c66f4cb0de14aca024c2410c9d3c226164c8

驚異的な集中力。

Cf2765229514f8ca7ff8b94ff1562337c505dff15758c937dba949e1154595a12e3567a29cae05b4251e5d9276e929efb128d3d1474051e09abfbb8d

古風な日本美人を思わせる「鳴子系こけし」の完成です。首を回すとキュッキュと音が鳴るのが最大の特徴で、これは頭部を胴体に後から差し込む独特の技法が用いられているためなのだとか。

Dfd4f9a2162bcde9d522e906618a6d01a2b79da6

監督:高平大輔(http://daisuketakahira.tumblr.com/)、撮影:石塚淳
編集:小坂里実、音楽:次松大助(http://taisuke-tsugimatsu.jp/

この映像は、仙台市が制作した手とてとテ -仙台・宮城のてしごとたち-」のひとつ。他にも、『【こけし】 花のように。音楽のように。』や『遠刈田系こけし/仙台木地製作所』も楽しむことができます。詳細はこちらから。

ちなみに、「鳴子系こけし」の動画は、海外でも大きな話題になった模様。「素晴らしい映像だったね」「最後のフリーハンドは信じられないよ」「息をのむような職人技だった!」など絶賛の声が相次いでいます。

その様子は静止画ではなく、ぜひとも動画でチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by 手とてとテ
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...
今回は、これぞ匠の技!という動画をご紹介。酷く錆びた出刃包丁が、職人の手によって、みるみるうちにキレイになっていきます。日本が世界に誇る、包丁研ぎの技術。...
「ファミリーコンピューター」を通り抜けた世代なら、このオープニング画面だけでグッとくるはず。そう、京都府宇治市のPR動画は、完全オリジナル2D横スクロール...
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
ポールマッカートニーや桑田佳祐など、著名なミュージシャンに愛用されている「ヤイリギター」。1965年の設立以来、メイド・イン・ジャパンにこだわり続けてきた...
天空の鏡にたとえられるウユニ塩湖や、澄んだフィヨルドを写し出した写真に私たちが旅情をかきたてられるのと同じように、きっとこの動画を目にした多くの外国人が「...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモ...
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
岐阜県関市に新名物が誕生した。その名も「日本刀アイス」。岐阜県関市は、かつて世間をザワつかせたPRムービーでもあったように「日本一の刃物のまち」。そんなま...
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
日本海に面した山口県長門市、ここに地元の人たちから“パワースポット”として愛されてきた、元乃隅稲成(もとのすみいなり)神社があります。県外の人には馴染みの...
愛媛県も八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。糖度13度のもの、愛媛県の「まどんな」を使っ...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
福井県鯖江市東部の河和田地区は、約4,400人が暮らす、三方を山に囲まれた小さな集落。メガネづくりはもちろん、約1,500年の歴史をもつ越前漆器でも有...