「こけし」の制作動画に世界が夢中!美しすぎる職人技に見惚れる。

全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。

ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡仁」を構える木地師、岡崎靖男さんの見事な職人技。鳴子こけしの制作過程に、思わずうっとりしてしまうはずーー。

ぜひ動画で見てほしい。
これぞ「名人の仕事」

636ca31de00ba418653d4f655da8f9e9de7371d3

こちらが「こけしの岡仁」。

65564ced45e2e3f2eace92be9d9a83fcabf00612

岡崎靖男さんは高校卒業後、父に師事して兄弟子の指導を受けながら、こけしづくりを始めたのだそう。

B9608ee0b8a7ccc2fc382850e98c4d092134ac28B98ba0ff169614c6b8a7e975347d7a4d3f4c64c3

まず、こけしの寸法に切られた原木をろくろにかけて削り、頭を作っていきます。

46b743c86dc815d7054abc0c7f22d939c9d8440e09fdfe2ffad8aae172252c1db637e835e76d5c54

頭部が完成。

70583e3c8033ca6de33f9cab99887e19c2788216

続いて胴体を作ります。

3632020649cf9e23198caff5bf9c83ca332f4a05Ebdf6ce7b42ce19ceacb6a7eec7b29a5974bf8a0

胴体への絵つけは、ろくろで回転させながら。

4de5a9e933a03d36a8d7755510cecb5d4f161b94Bb91cd945b6ed03ea4a066cdaf68c701f1700fcb4138f7400cf66bc05cdf65327028a63e4c9ccfaf

頭部を胴体に差し込みます。

32a16d6d93ef4ff928332bbefb4285d9565a68e0

ここからは、“フリーハンド”による絵つけ。

Aef33d3750a555b8834b8b73024d2b40081d0f2a6ff2fc0ebbaeb27261a30f74dec8c93350fcb64eB28b797cddbfebb171bf8e36019968799d2ccafaE921c66f4cb0de14aca024c2410c9d3c226164c8

驚異的な集中力。

Cf2765229514f8ca7ff8b94ff1562337c505dff15758c937dba949e1154595a12e3567a29cae05b4251e5d9276e929efb128d3d1474051e09abfbb8d

古風な日本美人を思わせる「鳴子系こけし」の完成です。首を回すとキュッキュと音が鳴るのが最大の特徴で、これは頭部を胴体に後から差し込む独特の技法が用いられているためなのだとか。

Dfd4f9a2162bcde9d522e906618a6d01a2b79da6

監督:高平大輔(http://daisuketakahira.tumblr.com/)、撮影:石塚淳
編集:小坂里実、音楽:次松大助(http://taisuke-tsugimatsu.jp/

この映像は、仙台市が制作した手とてとテ -仙台・宮城のてしごとたち-」のひとつ。他にも、『【こけし】 花のように。音楽のように。』や『遠刈田系こけし/仙台木地製作所』も楽しむことができます。詳細はこちらから。

ちなみに、「鳴子系こけし」の動画は、海外でも大きな話題になった模様。「素晴らしい映像だったね」「最後のフリーハンドは信じられないよ」「息をのむような職人技だった!」など絶賛の声が相次いでいます。

その様子は静止画ではなく、ぜひとも動画でチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by 手とてとテ
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...
今回は、これぞ匠の技!という動画をご紹介。酷く錆びた出刃包丁が、職人の手によって、みるみるうちにキレイになっていきます。日本が世界に誇る、包丁研ぎの技術。...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
天空の鏡にたとえられるウユニ塩湖や、澄んだフィヨルドを写し出した写真に私たちが旅情をかきたてられるのと同じように、きっとこの動画を目にした多くの外国人が「...
職人の手仕事、その仕事場、そこで仕上がった品物を、一貫して眺めてみましょう。なかなかじっくりと見学する機会がないなという人には、こんな映像をおすすめ。伝統...
意識して考えたことはありませんでしたが、言われてみれば確かにそう。すでに知っている人も多いかもしれませんが、海外でも取り上げられることが多い話題のようです...
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
“人間の巣”をつくり続ける職人、Jayson Fann。好きだけでは食べていけない。というセリフをよく聞くけれど、大人が本気で“遊び”を極めたら、仕事に変...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
「ファミリーコンピューター」を通り抜けた世代なら、このオープニング画面だけでグッとくるはず。そう、京都府宇治市のPR動画は、完全オリジナル2D横スクロール...
ドイツの写真家、Martin Heck氏が制作したパタゴニアの動画が美しすぎる!と話題になっています。約10万枚もの写真をつなぎ合わせて制作された、8Kの...
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
URBAN RESEARCHが展開しているローカルコミュニティプロジェクト「JAPAN MADE PROJECT」。人気アパレルブランドが、なぜ地方でこの...
ヤバい。これは、ハマりそうでヤバい。曼荼羅、伸縮自在の顔、マジックマッシュルーム、ドクロなどをモチーフとしたサイケデリックなアニメーション制作しているのは...
1000年以上も前から続く伝統的なタトゥーを引き継ぐのは、カリンガ州にあるブスカラン村に住むWhang Odさん。100歳になる世界最年長の彫り師であり、...
瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモ...
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
カーペンターとサーファー。2つの顔を持つPeterのビルドアップスタイルは、オールハンドメイド。その出来栄えは、自宅のガレージでつくるレベルをはるかに超え...