コレが日本の技術!世界が賞賛した「九谷焼」の色付け(動画あり)

石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言われる独特の色彩美は世界からも高く評価されています。

この動画は、能美市で135年以上の歴史を持つ「上出長右衛門窯」の職人の絵付け作業を映したもの。繊細な手仕事に、思わず息をするのも忘れてしまうほど。

“九谷は絵付けが命”
磁器に命が吹き込まれる

スクリーンショット 2015-12-08 12.49.09

1879年(明治12年)に創業した「上出長右衛門窯」は、素地つくりと上絵付けが分業される工場が増えているなかで、上出長右衛門窯では創業以来、土をこねて器をつくり、絵を施し、焼成するまでを一貫して行っています。

筆一本、
繊細で美しい絵柄

スクリーンショット 2015-12-08 14.46.13

上出長右衛門窯の意匠は、磁器の歴史の中で重要なスタイルを確立した中国明代の染付「祥瑞(しょんずい)」や、南京赤絵に大きな影響を受けたと言われています。ここからは、職人による繊細な“手しごと”をご覧頂きましょう。このえんじ色の釉薬(うわぐすり)が、最後焼きあがるとどんな色に変わると思いますか?

スクリーンショット 2015-12-08 12.46.54

スクリーンショット 2015-12-08 15.26.23

スクリーンショット 2015-12-08 14.47.58

スクリーンショット 2015-12-08 12.49.27

ラインから釉薬がはみ出さない熟練の技術にうっとり。

筆先に乗った釉薬の水滴を慎重に皿の上に落とし、それを筆で誘導しながら、隅までしっかりと絵付けをしていることが分かります。

スクリーンショット 2015-12-08 12.51.28

こうして、絵付けを施された皿を、1,300度の高温で焼いていきます。

10866044_764774620273154_6513163947653105686_o-e1422081437504

こちらが焼き上がりの皿。群青がくっきりと映えるきれいな色に仕上がります。

イマドキおしゃれな意匠
革新的な九谷焼も

jaimefuefuki

こうした伝統と格式の九谷焼だけでなく、上出長右衛門窯では、新たな試みにも積極的。たとえば、スペイン人デザイナーハイメ・アジョン氏デザインによるコラボ湯のみ「Jaime Hayon ☓ KUTANI CHOEMON」など、現代の生活空間にすっと溶け込みやすいデザインや絵付けで、九谷焼の世界観を広げています。詳しくはこちらから。

Licensed material used with permission by 上出長右衛門窯

日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
今回は、これぞ匠の技!という動画をご紹介。酷く錆びた出刃包丁が、職人の手によって、みるみるうちにキレイになっていきます。日本が世界に誇る、包丁研ぎの技術。...
瀬戸焼をめぐる観光をしたいなら、愛知県の瀬戸市にある「瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま)」は外せない。古い登り窯が残っていることや、きちんとしたギャラリーが...
「酒造りの神様」の異名を持ち、日本最高峰の醸造家である農口尚彦さん。酒造りの最高責任者である杜氏(とうじ)として、1970年代以降低迷が続いていた日本酒市...
2015年4月29日から約2ヵ月にわたって開催された「スター・ウォーズ展」は、大盛況のうちに幕を閉じた。10年ぶりとなる新作『スター・ウォーズ/フォースの...
ここで紹介する動画は、ニューヨーク在住の環境活動家でありドキュメンタリー映像作家の佐竹敦子さんが制作したもの。彼女は、自身の子どもが通っている学校の給食を...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
ポケモンGOのローンチに伴ってAR技術がより身近に。また、AppleのARKitが発表され、生活には欠かせないものになるでしょう。その技術を利用した、シリ...
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
テクノロジー×伝統。聞き慣れたフレーズかもしれませんが、「Airbnb×吉野杉」の組み合わせと聞いたら、素通りするわけにいきません。この2つがタッグを組ん...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
約20年前、一度に100万人以上のが殺されるという大虐殺が発生したルワンダ。この国の存在は多くの人が知っていると思いますが、その下に位置する「ブルンジ」は...
著書『パーソナル・グローバリゼーション~世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と5つのツール~』(幻冬舎)で世界に通用する人材になるためのスキルを提唱す...
畳の歴史が、いま変わろうとしている。京間や江戸間など地域によって若干のサイズの違いはあった。しかし、そのカタチは一定して長方形だった。ところが、この畳は複...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。