食材が行き着く先は、あなたのバッグかもしれない。

食品残渣(ざんさ)とは、食品の製造過程に出る副産物や廃棄物のこと。

日本は食料自給率が低いと言われる一方で、食品残渣が多いこともたびたび話題にあがる。そこで、食品残渣を天然資材として染め物に活用したのが「のこり染」だ。

手に取ると感じる
自然の色味

Ddffe69fd8db2e69474ac4ff508869a80ba547ce

「のこり染」は、和菓子屋がこしあんを作ったあとに出るあずきの皮や、野菜ジュースを作ったあとのパセリといった、どうしても出てしまう廃棄物を染料として活用している。

元の食材が持つイメージをそのまま再現した色彩はどれも、手に取る人をホッとさせる優しい色合いだ。

職人技が光る
「染め」のスペック

はじまりは、落花生の製造メーカーが岐阜県の産業技術センターへ出向いたことだった。落花生の外側の殻ではなく、ピーナッツを薄く包むあの茶色い渋皮が大量に出るため、何か活用方法はないか、という相談だった。

同県で創業128年という老舗の染色メーカー「艶金化学繊維」の代表、墨 勇志(すみ ゆうじ)さんはそれを聞き、産業技術センターとともにピーナッツの渋皮を染料として開発することに。ちょうど同時期に、染料メーカーとして地球のためにできる活動を探していたというニーズともぴったりだった。

同社はそれまで、染め専門。布を染めたあとはアパレルなどのメーカーに渡してきたため、”色落ちしない”などの業界基準ともいうべき「染めのスペック」にこだわった。天然素材を使いながらも、色を定着させること。水洗いや日焼けにも負けない染色を叶えるため、職人たちと一緒に試行錯誤したという。

その結果、ピーナッツの渋皮は深みのあるブラウン系の色として再現された。

F9ef5889e449f6512c450485697ed93cee9e8a39

ちなみに、あの薄い茶色の渋皮はポリフェノールが豊富に含まれており、その効果で内側の豆は酸化されずに守られているという。つまり、天然のポリフェノールが染料に変わった、とも言える。

さまざまな食品残渣を試した結果、11色のバリエーションを実現。果汁を絞ったあとのブルーベリー、栗菓子を作ったあとの栗の鬼皮、県内産の柿の皮などが職人たちの手によって命を吹き返し、綿や麻などの素材を染め上げた。

3da73efccb3112d8c0e9ce92f1dc1d0f1eec2bbd

同社ではこの染料技術を生かし、「のこり染」をブランド化した。自社内でひとつひとつ丁寧に縫製する技術者とともにバッグやキッチン小物を中心とした製造販売を開始。老舗企業がはじめた、職人の伝統技術を生かすエコなスタートアップだ。

71864b9398bb544488b97a41647153f8bdbf7b5b7d712cb5672140eda94fb5056166807f3d717d23

食材の終着点から考える
「地球のこと」

目の前の食べ物がどうやって、または何で作られたかを気にする消費者は増えてきた。

では、食べ物に変わったあとの”行き先"を考えたことはあるだろうか。もしも行き着いたのが、あなたのバッグだったとしたらどうだろう?

「のこり染」は、地球や食をめぐる思いを、もう一段階深めてくれるようだ。

取材・写真提供:KURAKIN のこり染
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているの...
ポールマッカートニーや桑田佳祐など、著名なミュージシャンに愛用されている「ヤイリギター」。1965年の設立以来、メイド・イン・ジャパンにこだわり続けてきた...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
さいの目にカットされたそれぞれの食材。これなんだかわかる?
岐阜県岐阜市に2015年に開館した「みんなの森 ぎふメディアコスモス」は、岐阜市立中央図書館を中心に多目的ホールなどが入った複合施設です。設計を手がけたの...
繊維の街として栄えた岐阜県岐阜市。その中心にはかつて全国各地から買い物客が訪れた柳ケ瀬商店街があります。現在は賑わいは失いつつも、昔ながらの商店に混じって...
現在の兵庫県姫路市・高砂市・加古川市にあたるこの地域で「高砂染」という染色技法が生まれた。最盛期には幕府・朝廷への献上品として重宝されたのだが、昭和初期に...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
「生産者がこだわりを持って育てた地域の伝統的な食材を、シェフが素材の味を活かして料理しました」そんな言葉を聞いたとき、あなたはどんな食事を思い浮かべますか...
岐阜県の南に位置する、各務原市。「かかみがはら」とも「かかみはら」とも「かがみがはら」とも呼ばれる、正式名称すら曖昧な街に、昨年秋、新しい風を吹き起こすカ...
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...
ミラノのレストラン「Refettorio Ambrosiano」には、他とは明らかに違う魅力がある。それは、単に一流のシェフによる絶品イタリアンでも、毎日...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
65歳以上の高齢者の人口が全国民の20%を超え、「高齢社会」となっている現在の日本。年金や介護など、誰もが考えなくてはならない問題が山積みですが、そんな今...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
子供心に、なぜ食器には青い絵が描いてあるのか不思議だった。で、今はなんで青い絵が描かれている食器があんなに高いのか不思議だ。せっかくなので、愛知・瀬戸市に...
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...