伝統の急須をアップデートした色鮮やかな「TOKONAME」でお茶をいれてみませんか?

常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。

古くて新しいティーポット
「TOKONAME」

平安時代後期(1100年頃)より、日常雑器の生産が盛んな常滑市。当時は、じつに3,000基もの窯から煙が上がり、日本六古窯のひとつに数えられてきました。なかでも産地を代表する製品が急須をはじめとする茶器。青みがかった黒泥色や常滑伝統の赤土色をした朱泥色が、いわゆる私たちがよく知るところの急須のイメージです。

ところが、ここで紹介する「TOKONAME」のそれは、ご覧の通り淡いピンクにターコイズ、萌黄色と、まったくの別物。スタイルこそ急須なのに、色味が圧倒的に色鮮やかなのです。

たとえば、こちらの乳白色のポット。合わせるのはターコイズのカップ&ソーサー。どうです?この配色。素敵ですよね。

TOKOMANEはサイズの異なる3種類のポット、カップ、ソーサーで構成されたシリーズで、色は全部で6種類。柄もなくシンプルなデザインからは、古臭さは感じられません。こういうティーセットって、意外にありそうでなかったんですよね。

伝統から“イマドキ”
若きクリエイターたちの挑戦

ありそうでないモノづくり──。これを「伝統を更新するチャレンジ」と強調するのが、TOKONAMEプロジェクトの発起人であり、窯元「有限会社山源陶苑」の鯉江(こいえ)優次さん。900年の歴史ある常滑焼の伝統を現代の生活様式にフィットさせるため、プロダクトデザイナー・映像音楽クリエイター・グラフィックデザイナー・フォントデザイナー・フォトグラファーの有志6名を口説き落としました。

一見、まったく新しいプロダクトに思えるTOKONAMEシリーズも、いにしえより受け継がれてきた技術力と常滑焼きの持つ素材の魅力は、そのまま踏襲。足し引きの塩梅を考えに考え、こうして日常使いの急須は、ティーポットへとイノベーションを果たしたのです。

では、どこに革新が潜んでいるのか?
たとえば、古くから急須や湯のみに使われてきたこの土地独特の土の中から、白泥(はくでい)と呼ばれる白土のみを選択。ここに顔料を加えることで、これまでにない淡くやさしい風合いの6色を作り出しました。じつは、ティーポットもカップもTOKONAMEの茶器には釉薬(うわぐすり)を施さずに焼成するため、色も質感も土そのもの。きめ細やかな土肌を指先で実感することができるそうです。

土そのものの質感を残しながらミニマルなデザインに落とし込んでいく。ここ数年続く、国産の焼き物のトレンドは、このTOKONAMEにも。

何を残し、何を更新するか?

東京の陶器問屋に10年間勤めた鯉江さん。地元常滑に戻った彼がずっと心に抱いていたのが前述の「伝統の更新」というチャレンジだったそうです。そのために常滑焼の何を守り、何を更新していく必要があるのか…?6人のメンバーは合宿を重ね、プロジェクトのコンセプトを練り上げていきました。

「伝統技術と素材の魅力は残す」
「つくることと伝えることは同価値」
「鮮度の落ちないニュートラルな商品のスタンス」

やきものの町の伝統を変えてしまうのではなく、アップデートを施していく。こうして、懐かしくて新しいモダンな茶器は誕生しました。

鯉江さんたちのチャレンジは、全国各地のワークショップの場でも活かされているようです。こちらは、大分県の老舗茶屋「聴潮閣」で行われたお茶の淹れ方教室での様子。銘茶をTOKONAMEでいただくこの会には、若い人たちも多数参加。お茶離れ?いえいえ「古くて新しい」スタイルって、結構楽しいものですよね。

日本茶だけでなく、紅茶もコーヒーも。シーンを選ばず自在な使い方ができるのって、やっぱり使い勝手がいい証拠。オンラインショップも併設したサイトには、もっと詳しい情報も。
さあて、ここらでちょっとお茶にしませんか!

Licensed material used with permission by TOKONAME
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
日本人にとって緑茶は「急須で淹れるもの」という感覚が強い。だから、このドリップ方法はまさに目から鱗でしょう?
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
銀座の〈煎茶堂東京〉から発売されている急須は、ちょっとした衝撃です。取っ手もないし、透明だし、サイズも手の平に乗るぐらいコンパクト。こんなにシンプルでいい...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
瀬戸焼をめぐる観光をしたいなら、愛知県の瀬戸市にある「瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま)」は外せない。古い登り窯が残っていることや、きちんとしたギャラリーが...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
子供心に、なぜ食器には青い絵が描いてあるのか不思議だった。で、今はなんで青い絵が描かれている食器があんなに高いのか不思議だ。せっかくなので、愛知・瀬戸市に...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
有田焼をはじめとした日本有数の焼き物の名産地「佐賀県・有田町」。その伝統を存分に活かした、新しい製品が話題になっています。その製品とは…コーヒーフィルター...