伝統の急須をアップデートした色鮮やかな「TOKONAME」でお茶をいれてみませんか?

常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。

古くて新しいティーポット
「TOKONAME」

44a9aecd01f27ca3130987001a1f7ed380dada5aC9fe1d2c6d70e5446a5dfa493f5b5ad54959603e

平安時代後期(1100年頃)より、日常雑器の生産が盛んな常滑市。当時は、じつに3,000基もの窯から煙が上がり、日本六古窯のひとつに数えられてきました。なかでも産地を代表する製品が急須をはじめとする茶器。青みがかった黒泥色や常滑伝統の赤土色をした朱泥色が、いわゆる私たちがよく知るところの急須のイメージです。

ところが、ここで紹介する「TOKONAME」のそれは、ご覧の通り淡いピンクにターコイズ、萌黄色と、まったくの別物。スタイルこそ急須なのに、色味が圧倒的に色鮮やかなのです。

199c12827a7c1f174c60199a1aa4bd61dfa485b1

たとえば、こちらの乳白色のポット。合わせるのはターコイズのカップ&ソーサー。どうです?この配色。素敵ですよね。

TOKOMANEはサイズの異なる3種類のポット、カップ、ソーサーで構成されたシリーズで、色は全部で6種類。柄もなくシンプルなデザインからは、古臭さは感じられません。こういうティーセットって、意外にありそうでなかったんですよね。

伝統から“イマドキ”
若きクリエイターたちの挑戦

C37a8a22a8fe5d0d0caf7c975a59a62e18d96489

ありそうでないモノづくり──。これを「伝統を更新するチャレンジ」と強調するのが、TOKONAMEプロジェクトの発起人であり、窯元「有限会社山源陶苑」の鯉江(こいえ)優次さん。900年の歴史ある常滑焼の伝統を現代の生活様式にフィットさせるため、プロダクトデザイナー・映像音楽クリエイター・グラフィックデザイナー・フォントデザイナー・フォトグラファーの有志6名を口説き落としました。

9b3e3002f3a98f21a7e1ad07043b2a32c19d90ab

一見、まったく新しいプロダクトに思えるTOKONAMEシリーズも、いにしえより受け継がれてきた技術力と常滑焼きの持つ素材の魅力は、そのまま踏襲。足し引きの塩梅を考えに考え、こうして日常使いの急須は、ティーポットへとイノベーションを果たしたのです。

D61961ba4ba0ae199afa72d728ef7c7a2ecdea4d

では、どこに革新が潜んでいるのか?
たとえば、古くから急須や湯のみに使われてきたこの土地独特の土の中から、白泥(はくでい)と呼ばれる白土のみを選択。ここに顔料を加えることで、これまでにない淡くやさしい風合いの6色を作り出しました。じつは、ティーポットもカップもTOKONAMEの茶器には釉薬(うわぐすり)を施さずに焼成するため、色も質感も土そのもの。きめ細やかな土肌を指先で実感することができるそうです。

土そのものの質感を残しながらミニマルなデザインに落とし込んでいく。ここ数年続く、国産の焼き物のトレンドは、このTOKONAMEにも。

何を残し、何を更新するか?

3e09cdae659c58297d144c5b824906a52a000ff3

東京の陶器問屋に10年間勤めた鯉江さん。地元常滑に戻った彼がずっと心に抱いていたのが前述の「伝統の更新」というチャレンジだったそうです。そのために常滑焼の何を守り、何を更新していく必要があるのか…?6人のメンバーは合宿を重ね、プロジェクトのコンセプトを練り上げていきました。

「伝統技術と素材の魅力は残す」
「つくることと伝えることは同価値」
「鮮度の落ちないニュートラルな商品のスタンス」

やきものの町の伝統を変えてしまうのではなく、アップデートを施していく。こうして、懐かしくて新しいモダンな茶器は誕生しました。

9701c6d875fb0210e8141033c08492b4eed68ca6B0c709a27b160bfb7ddd23f82c81992bfb407210

鯉江さんたちのチャレンジは、全国各地のワークショップの場でも活かされているようです。こちらは、大分県の老舗茶屋「聴潮閣」で行われたお茶の淹れ方教室での様子。銘茶をTOKONAMEでいただくこの会には、若い人たちも多数参加。お茶離れ?いえいえ「古くて新しい」スタイルって、結構楽しいものですよね。

322ae9f2856be383db2fb8b89792946b1f7e8a19

日本茶だけでなく、紅茶もコーヒーも。シーンを選ばず自在な使い方ができるのって、やっぱり使い勝手がいい証拠。オンラインショップも併設したサイトには、もっと詳しい情報も。
さあて、ここらでちょっとお茶にしませんか!

Licensed material used with permission by TOKONAME
日本人にとって緑茶は「急須で淹れるもの」という感覚が強い。だから、このドリップ方法はまさに目から鱗でしょう?
銀座の〈煎茶堂東京〉から発売されている急須は、ちょっとした衝撃です。取っ手もないし、透明だし、サイズも手の平に乗るぐらいコンパクト。こんなにシンプルでいい...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
シンガポール出身の写真家Aram Panさんは、小型飛行機に乗って、北朝鮮の街並みを撮影しました。そこには、想像以上に色鮮やかで、発展した光景が映っていました。
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
ゲームの中に登場しそうなパステルカラーの野菜たち。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
めがねの街、というイメージが一番強いかもしれません。「Sabae Japan Eyeglasses」と聞けば海外でも有名だし、めがねフレームの国内製造シェ...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
瀬戸焼をめぐる観光をしたいなら、愛知県の瀬戸市にある「瀬戸本業窯(せとほんぎょうがま)」は外せない。古い登り窯が残っていることや、きちんとしたギャラリーが...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
「ロレアル パリ」が制作した、この動画。主人公は、夫が色覚異常の悩みを抱えている3組の夫婦です。物語は、妻たちの不満の声から始まります。仕方のないことだと...
有田焼をはじめとした日本有数の焼き物の名産地「佐賀県・有田町」。その伝統を存分に活かした、新しい製品が話題になっています。その製品とは…コーヒーフィルター...
最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色え...
2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...