空から見た「北朝鮮」は想像以上に色鮮やかだった。

日本に暮らしている人にとっての「北朝鮮」って興味深い。政治情勢をそれなりに知っていたとしても、どんな人たちがどんな生活をしているのかまでは…。物理的には近くても、おそらく”あの国”との距離感はかなり遠いのでしょう。

だからこそ、「NK News」が公開した動画には、目を見張るものがあるのかもしれません。

俯瞰して眺める
カラフルな「平壌」の街並み

7bffd68d275d3d83196b1a00fde9366af6432836
Image by NK News
73eb453271711b8914210cbf5308e14173ecb076
Image by NK News
6c7518ef8d2ea8b38f951aab238510382161595a
Image by NK News
149387436cec0a62d40f46e11c6fdc5a8d76131a
Image by NK News
61cc19f47a32b132ce5b01f25b6c32fe7b6a50c2
Image by NK News
Cfd912a83b763dfbe7a528fb1a32f310e14dd8bb
Image by NK News
6c5a82005af1a27c2b81a83741177a689da95700
Image by NK News
Bd20822bb91b65e4a0eded611f7a6afe2750d2ec
Image by NK News
57db989598df106841c89d016aaba447ba673065
Image by NK News
478c0e0afcb4819271fae7611966a2e7091e4988
Image by NK News

撮影したのは、シンガポール出身の写真家Aram Panさん。検閲の際に、動画の約10%は削除するように言われたそうです。そのときの様子を、「NK News」のインタビューにこう語っています。

「北朝鮮人は、自分たちの街の景色をとても誇りに思っているようです。彼らとは、僕が何を見て、どこが好きだったのか、という話をしました。動画の一部を削除するように要求してきた男性でさえ、その会話を楽しんでいましたよ」

住めば都という言葉が当てはまるのかどうかは分かりませんが、僕らと同じように、北朝鮮に暮らす人々も故郷に対する誇りがあるようです。この動画を見たら、少しだけだけど、”彼ら”との距離感を縮められるかもしれません。

Licensed material used with permission by NK News(HP), (Facebook), (Instagram), (Twitter)
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
「グアタペ」は、コロンビア第2の都市メデジンからバスで2時間ほど行ったところにある小さな街。いま、ここが「世界でもっともカラフルな街」として話題になり始め...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
世界を旅するルーマニア人フォトグラファーMihaela Noroc氏は、バックパックとカメラを手に、これまで60以上の国を訪れているのだそう。滞在先で切り...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
7月29日(土)・30日(日)に倉敷市水島で行われる「第61回 水島港まつり」の一環として展示されている「MIZUSHIMA アンブレラスカイ」。この展示...
最近は、PCやスマホばかりで、すっかりえんぴつを使う機会が減った。だからだろうか。「500色の色えんぴつ」というネーミングに妙に心が惹かれたのだ。この色え...
代官山の隠れた人気スポット天然氷で作る、本格的なかき氷URARA〒150-0033 東京都渋谷区 猿楽町20-10http://www.hrm.co.jp...
鮮やかな色彩とグラデーションが特徴的なパントンカラー、つまり「色見本」。デザインや建築の現場でよく利用されていますよね。イタリア出身のグラフィックデザイナ...
イングランドの空に変わった虹が出たと言うから、どんな形をしているのだろうと調べてみたら、変わっているのは形じゃなくて色。見ての通り、夕空を背景にした淡い紅...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、ポルトガル北部にある「コスタ・ノヴァ」。美しい港町が有名なアヴェイロ市からバスで約30分。海沿いの大通...
ゲームの中に登場しそうなパステルカラーの野菜たち。
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
〈アンシャンテ・ジャポン〉の「南部鉄器カラーポット」。フランスをはじめとして、海外で人気が高いそうです。無骨なイメージのある南部鉄器をカラフルに仕上げてい...
プロジェクト「The Prophecy」を手がけたFabrice Monteiroさんは、アートを利用して社会問題にスポットライトを当てることに。