世界で一番身にまといたくない「色鮮やかなドレス」

色鮮やかなドレスを身にまとっているにもかかわらず、どこか悲しげな雰囲気が伝わってくる。

使われている素材に目を凝らしてみたら、その理由が分かるかもしれない。

4776361759604736

泳いでるじゃなくて
「沈んでる」

「The Prophecy」と名付けられたプロジェクトは、僕たちが生きている大量消費社会に疑問を投げかける目的で始められた。

日本語に翻訳すれば、予言。ゴミから作られたドレスを着た“神”が、近い将来の地球のようすを再現しているのだろう。

上の写真は優雅に泳いでいるのではなくて、海に捨てられたゴミにからまり、身動きができなくなった人間を意味しているのかもしれない。

522674320388915246928723265454084869845380235264

多くの人が過剰な消費や海洋ゴミ問題の存在を知っているはずだ。でも、リサイクルやリユースに100%コミットできているかというと、答えは「NO」かもしれない。

だから、このプロジェクトを手がけたFabrice Monteiroさんは、アートを利用して社会問題にスポットライトを当てることに。普段、何気なく捨てているモノが洋服というカタチになると、僕たちの消費について改めて考えてみたくなる。

Licensed material used with permission by Fabrice Monteiro
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
色鮮やかで個性的なドレスを身につけてポーズを取る、Emily Seilhamerさん。彼女のお手製なんですが、素材はちょっと意外なもの。何だか分かりますか...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...