忘れかけていた日本の美、「ひらがな」を身にまとう

昔から当たり前のようにそこに存在し、深く考えもせずに使っていたもの、「ひらがな」。流れるようにうつくしい曲線で描かれるその形は、改めて見れば世界に誇れるほど美しいもの。なのに私たちは、当たり前すぎるそういったものほど見落としてしまいがちだ。その価値を、今、アクセサリーという形で見直す時が来たのかもしれない。

モチーフになっている
「ひらがな」とは

この、「Hiragana」というアクセサリーブランドでモチーフになっている言葉は、大きく分けて三つ。一つ目は、「心に留めておきたい言葉」。

 

「うつくしい」 

うつくしい言葉をまとい、うつくしい日々を。

 

「きずな」

遠くにいる家族や友人、身近にいる人、出会った人との絆を大切にしよう。そんな思いを込めて。

 

「ありがとう」

感謝の気持ちを忘れないように。

二つ目は、「季節を感じる言葉」。

 

「やよい」「さくら」

旧暦の月の名前や花の名前から、日本の四季折々の美しい情景を思い起こせるように。

 

三つ目は、「一生付き合っていく自分の名前や、大切な人の名前」。

 

こちらはオーダーメイドで受け付けており、本人だけでなく子供、パートナー、夫婦の名前の組み合わせ、形見として大切な方の名前をモチーフにしてほしいという依頼もあるのだそう。

「オーダーメイドでは好きな言葉を選べますが、その人にとっていちばん大切な言葉を、というとお名前になるケースが多いです。宝塚でご活躍されている娘さんの芸名をネックレスや指輪としてつけ、応援されている方もいらっしゃいます」

その他に「とうきょう」や「しぶや」など、日本の都市名のシリーズなどもあるが、さまざまなラインナップの中で特に人気なものは?

「最近は暦も人気ですが、定番としては『ありがとう』『うつくしい』『こころ』の三つの言葉。大切にしている言葉として自身で身につける他、母の日や誕生日の相手に伝えたい言葉として『ありがとう』や『こころ』などを贈る人も多いです」

また、外国人には国籍問わず『ゆめ』が一番人気なんだとか。

「言葉の意味と、丸みのあるデザインが人気のようで、指輪やネックレス、ピンバッチで選ばれる方が多いです。また、『ゆめ』を叶えたいという願いを込めて使っていらっしゃる方もいるようです」

 

「とうきょう」「しぶや」「ゆめ」

「ひらがな」がアクセサリー
になったきっかけ

デザイナーの國廣さんは、もともと書家として活動していた。そもそも日本語には漢字やカタカナもある中で、どうして「ひらがな」を選び、アクセサリーにしようと思ったのか。

「以前から、日本語本来のうつくしさを生かしながら現代に受け入れられるような新しいデザインを生み出したいと考えていました。ある時、自分の名刺のデザインを考えていた際に、手書きで書いた文字を使って円形などレイアウトを考えていたら、文字をつなげると何かプロダクトにできそうな気がして、ピアスにしてみました。そのピアスをSNSにアップしたところ、とても人気だったんです」

そんなきっかけとともに、海外からのゲストが増える中で思うことも。

「旅の思い出として彼らが求める日本のお土産は、日本を語るもの。そうであるなら、和のモチーフでかつ洗練された意匠であってほしい。日本人が使って良いと思うもの、デザインとして和の美意識が伝わるものがふさわしいと思うのです。しかし、町を歩いていても、メディアを見ていても、日本人はせっかくうつくしい文字を持ちながら、日本語に関心が薄く、ロゴや広告の文字に日本語を使うことにも消極的だと感じていました」

そこに敢えて「Hiragana」というブランドを世に問い、日本でも海外でも、日本語モチーフの服飾品を身に着けることがカッコいいという風を起こしたいと思ったのだとか。

日本語は素敵だなって
思ってもらえるように

デザインのうつくしさだけでなく、込められた思いにも心を動かされる、そんなひらがなアクセサリー。國廣さんが、今後そこに込める思いとは。

「日本の女性に、自国のうつくしい文字をもっと気軽にファッションとして身につけていただきたいんです。日本語は素敵だな、と感じていただけるような表現を追求していきたいと思っています。外国の方には、このアクセサリーを通して、漢字だけでなく日本独自の文字『ひらがな』に興味を持ってもらえればいいなと思います。そして、間違った日本語ではなく、意味のきれいな日本語を知ってもらうきっかけになればと思っています」

 

ちなみに、私のお気に入りはこれ。

「すき」

  

 

 

Licensed material used with permission by Hiragana
andmore
他の記事を見る
小さなリラックスアイテム特集。青森ひばの湯玉をひとつ持ち歩いてみてください。ひば油を1滴ティッシ……
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
食事の席でつくられた箸袋の創作物をTIP(ありがとうのしるし)に見立てる試み「JAPANESE TIP」を紹介する。2012年からプロジェクトがスタートし...
僕自身も痛感していることなのだけれど、いくら座学したところで、“生きた英語”の習得には結びつきづらい。日常で使い続けてはじめて、本物の英語力が手に入るとい...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
外国人に「なぜ日本は○○なの?」と質問されても、パッと答えられない自分がいる…。そういう方も、決して少なくないと思います。ここでは、日本に関する雑学を集約...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...
“茶リスタ”×”バリスタ”の2人の専門家が手がける お茶とコーヒーが楽しめる西荻窪の日本茶スタンドSatén japanese tea〒167-0054 ...
絶景を見るぞ!と思ったら海外に注目しがちだけど、思い立ったら行けるところもあるようです。
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
私は今、スペインのマドリードにあるErretresという戦略デザインコンサルで「Japanese Technology Meets Spanish Des...
「mm(ミリ)」のそれは、なるべくプリミティブな自分になってつけたいアクセサリー。
海外の人たちにとって、日本語を勉強するのは至難の技。中でも、ひらがなやカタカナを読むのはとても難しいと言われています。そんな中、アルファベットさえ分かれば...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
プロジェクト「The Prophecy」を手がけたFabrice Monteiroさんは、アートを利用して社会問題にスポットライトを当てることに。