まぶしいほどカラフルで、元気がもらえる「町」

「グアタペ」は、コロンビア第2の都市メデジンからバスで2時間ほど行ったところにある小さな街。

いま、ここが「世界でもっともカラフルな街」として話題になり始めている。

道を歩くだけで
気分が明るくなる

街の人の手によって建物や公園、電柱などがパステルカラーに塗られ、散歩しているだけでも自然と楽しい気持ちになってきそうだ。

1ヶ月間ほどコロンビアをバックパックしたというカナダ出身のフォトグラファー、ジェシカ・デブナニ氏はこう語る。

「コロンビアは、とにかく住んでいる人々が最高だった。とても親しみやすく、海外からの観光客を歓迎してくれるんだ。彼らはとてもよく話すし、いつでもスマイル。街にも芸術が溢れているしね。首都ボゴタの壁に描かれたアートはとても有名だし、グアタペの街は建物がとてもカラフルなんだ」

まるで、絵本の世界!

たとえテーマパークだとしても、ここまでの統一感は出せないのでは、というほどの鮮やかさ。

まわりには、美しい
自然の宝庫も

グアタペの近くには「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」と呼ばれる巨大な岩があり、その岩の上から眺める景色は一生忘れることはできないという。

「コロンビアの見所はたくさんある。カリビアン海岸やタイロナ国立自然公園といった、美しいビーチやたくさんの野生生物を見ることができる公園もあるんだ。もっと大冒険がしたければ南米大陸の最北にあるラ・グアヒーラを訪れるのもいい。広大な砂漠と静かで綺麗なビーチを楽しめるよ」

と、ジェシカ。

コロンビアに物騒なイメージを持つ人が多いかもしれない。スペインによる植民地時代が長く続き、19世紀から独立戦争に突入。独立したあとも内戦が続き、ようやく停戦が合意されたような状況だからだ。しかし、実際にはこんなに美しい、知られざる宝ものもあるのだ。

Licensed material used with permission by Jessica Devnani
ありそうでなかったバックパックの登場です。
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
5月11日、12日に開催される「EDC Japan 2019」について主催の「インソムニアック」CEO・パスカーレ氏が語る!
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
シンガポールのクラーク・キーには、今や大手旅行会社もインスタ映えするスポットとして注目する建物、The Old Hill Street Police St...
今冬限定で、チーズフォンデュを機内食のメニューに追加している「スイス インターナショナル エアラインズ」。オーダーできるのは、ジュネーヴからの限られた路線のみ。
「SEAL」が始める新たなサービスは、あなたの背中を3Dスキャンするというもの。これにより、バックパックと背中の間に無駄なスペースがなくなり、バックパック...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、ポルトガル北部にある「コスタ・ノヴァ」。美しい港町が有名なアヴェイロ市からバスで約30分。海沿いの大通...
今や世界の多くの街に開通している地下鉄は、旅行者にとってメインとなる足。タクシーよりも安価で、バスよりも簡単。比較的安全で、正確に目的地に到着できるメトロ...
「Visvo」は、ワイヤレス充電規格Qiに対応した充電器を搭載していて、AppleのAirPodsなどの完全独立型イヤホンの紛失を防止してくれる機能もあります。
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
軽くて丈夫な「FRAKTA」。普段使いでも優秀なため、購入品を持ち帰ったあとにリメイクして二次利用するという人も多くいるそうですが、中でも秀逸なのがこちら...
くるみや黒ごま、とうもろこし、木の芽、味噌など豊富なラインナップを展開するのは、大阪・豊中市にある専門店「森のおはぎ」。小さな商店街にある小さな小さなお店...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...