「映えすぎな」パリに暮らす住民が、苦情を申し立てる

パリの主要ターミナル駅のひとつ、リヨン駅。ここから少し歩いたところにあるクレミュー通り。イタリアのブラーノ島みたくカラフルな家が立ち並んでいて、たくさんの観光客がわざわざ足を運んで写真を撮っています。

察しがつくと思いますが、SNSに投稿するためです。

見方を変えれば、映えすぎるがゆえに人が集まりすぎた状況。これに耐えられなくなった一部の住民は、家の写真撮影を禁止にしました。

そして、ヨーロッパのメディア「The Local」のフランス版によれば、住民たちがゲートを設置するように自治体に申し立てているとのこと。SNS投稿が目当ての人をシャットアウトしたいのです。

そりゃ、家の前でパシャパシャと写真が撮られていたら、イヤな気持ちになりますよね。納得です。

SNSがなかったら……ストレスフリーな生活を送れていたのかもしれませんね。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
9月14日、「Microsoft」が約2年間運用していた海底データセンターの実証実験を終了したと発表。地上のデータセンターよりも故障率が低いなど、さまざま...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
パリ五輪を前にシャンゼリゼ通り活性化させるという計画案が注目されています。理由は、その一環として凱旋門を囲うラウンドアバウトに夏はビーチ、冬はスケートリン...
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
パリの魅力に磨きをかけるプロジェクト「Réinventer Paris 2」。その一翼を担うのが「Le Terminus」。使われなくなった地下鉄の駅がレ...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
日本で出会った「大福」に魅了され、フランスではじめた「MOCHI」づくり。
パリで人気のフードトラックと言えば、「Le Camion Qui Fume」。肉厚でヘビー級だけれど随所にこだわりが見られ、美味なアメリカンスタイルのバー...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?第1位は、フランス...
パリ市は観光バスの中心部の乗り入れを禁止する方向とのこと。代わりに公共交通機関の利用が推奨されている。パリの地下鉄といえば、すでに満員電車になっている印象...
Paris 2024に向け、パリの象徴であるエッフェル塔周辺を「緑の多い生物多様性の豊かなエリアに一新する」という計画が発表された。