「映えすぎな」パリに暮らす住民が、苦情を申し立てる

パリの主要ターミナル駅のひとつ、リヨン駅。ここから少し歩いたところにあるクレミュー通り。イタリアのブラーノ島みたくカラフルな家が立ち並んでいて、たくさんの観光客がわざわざ足を運んで写真を撮っています。

察しがつくと思いますが、SNSに投稿するためです。

見方を変えれば、映えすぎるがゆえに人が集まりすぎた状況。これに耐えられなくなった一部の住民は、家の写真撮影を禁止にしました。

そして、ヨーロッパのメディア「The Local」のフランス版によれば、住民たちがゲートを設置するように自治体に申し立てているとのこと。SNS投稿が目当ての人をシャットアウトしたいのです。

そりゃ、家の前でパシャパシャと写真が撮られていたら、イヤな気持ちになりますよね。納得です。

SNSがなかったら……ストレスフリーな生活を送れていたのかもしれませんね。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...