パリの街中にテディベアが大量発生

去る11月、パリで大きなテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存じですか?

50体ものテディベアがカフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。その光景といったら、悶絶してしまいそうなくらい可愛いんです。

テディベアは、約130センチあり重さが5キロほどあるものだったそうで。多くの人の視線を奪っていました!

まずはとにかく見て欲しいので、下の画像をどうぞ。

©2019 lesnounoursdesgobelins
©2019 lesnounoursdesgobelins
©2019 lesnounoursdesgobelins
©2019 lesnounoursdesgobelins
©2019 lesnounoursdesgobelins

可愛いでしょ?

何のプロモーション?誰かのいらずら?と思いきや、パリの書店「Les Gobelins」のオーナーが、市民を笑顔にしたくて近所に大量に送り込んだとのこと。

予期せずこんな光景を目にしたら、憂鬱な日でも心が和みそう。フランスのジェントルマンの心遣い、さすがですね。日本でもこんなサプライズがあったらいいのにな。

Reference: The Local
Top image: © 2019 lesnounoursdesgobelins
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
パリ五輪を前にシャンゼリゼ通り活性化させるという計画案が注目されています。理由は、その一環として凱旋門を囲うラウンドアバウトに夏はビーチ、冬はスケートリン...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
『ひつじのショーン』シリーズの制作スタジオが国際環境NGO「グリーンピース」とタッグを組んで作った"海洋汚染"に警笛を鳴らす短編作品がWebで公開中。