パリの街を「水上タクシー」で駆け抜けられるように

リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランス国内にとどまらず、スイスやUAEも興味を示しているようだ。

他の水上タクシーがあるにもかかわらず、なぜ「SeaBubbles」は人気を集めているのか。大きく分けてポイントは2つある。

01.
船酔いしない

「SeaBubbles」は時速12km以上になると、船体が浮く仕組みになっている。だから、波の影響を受けにくく、船酔いを防げるというメリットがある。

02.
二酸化炭素を排出しない

船着き場には水力、風力、太陽光発電の設備が整えられる。ここで生み出された電力は、船体のバッテリーにチャージされる。つまり、どこまで走っても二酸化炭素を排出しない。

ちなみに、目的地をセットすれば最寄りの船着き場を教えてくれ、所要時間も計算してくれるアプリもリリース予定だ。

近いうちに電車と同じくらいの所要時間で、エッフェル塔からノートルダム大聖堂まで、オルセー美術館を横目に見ながら移動できるようになるかもしれない。水上版Uberとまでは言えないかもしれないが、多くの人にとって便利な交通機関になるだろう。

Licensed material used with permission by SeaBubbles
他の記事を見る
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
タクシーサービスを運営している「三和交通」が、クラウドファンディングサイト『Makuake』にて資金調達をしている、オモシロいプロジェクトの紹介です。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
パリで人気のフードトラックと言えば、「Le Camion Qui Fume」。肉厚でヘビー級だけれど随所にこだわりが見られ、美味なアメリカンスタイルのバー...
アーティストであるLor-Kさんの「Eat Me」というプロジェクトです。
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...