パリの街を「水上タクシー」で駆け抜けられるように

リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランス国内にとどまらず、スイスやUAEも興味を示しているようだ。

他の水上タクシーがあるにもかかわらず、なぜ「SeaBubbles」は人気を集めているのか。大きく分けてポイントは2つある。

01.
船酔いしない

5235740724166656

「SeaBubbles」は時速12km以上になると、船体が浮く仕組みになっている。だから、波の影響を受けにくく、船酔いを防げるというメリットがある。

02.
二酸化炭素を排出しない

5880881050812416

船着き場には水力、風力、太陽光発電の設備が整えられる。ここで生み出された電力は、船体のバッテリーにチャージされる。つまり、どこまで走っても二酸化炭素を排出しない。

ちなみに、目的地をセットすれば最寄りの船着き場を教えてくれ、所要時間も計算してくれるアプリもリリース予定だ。

近いうちに電車と同じくらいの所要時間で、エッフェル塔からノートルダム大聖堂まで、オルセー美術館を横目に見ながら移動できるようになるかもしれない。水上版Uberとまでは言えないかもしれないが、多くの人にとって便利な交通機関になるだろう。

Licensed material used with permission by SeaBubbles
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」です。
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
職業柄人に会うことが多いので、口臭には気を遣っています。コーヒーを飲んだ後やこってり系のご飯を食べた後には、ミントキャンディを一粒。ゴリッとカリッとした噛...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
アーティストであるLor-Kさんの「Eat Me」というプロジェクトです。
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?第1位は、フランス...
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...