パリの市内を駆け抜ける「自転車救急車」が画期的

フランスの首都・パリは、欧州のなかでも渋滞の激しい都市として知られている。

2024年に開催予定のパリオリンピックへ向けて、渋滞緩和政策を進めているようだが、依然として大きな改善はみられていない。

この渋滞問題によって起こる深刻な問題のひとつが、救急患者への医師の派遣の遅れ。そんな問題を解決するため、救急医療機器を積み込んだ電動自転車ベースの救急車「Emergency Bike」がパリ市内に導入されたようだ。

© Wunderman Thompson Paris/YouTube

この自転車には約150L(リットル)の大型断熱ボックスが搭載されているほか、通常の救急車のようにライトやサイレンまで装備されているとのこと。

1分、1秒の対応の遅れが文字通りの“致命傷”にもなりえる緊急医療。この自転車救急車は患者を運ぶことはできないが、医師が素早く駆けつけることで多くの命を救えるようになると期待されている。

世界には、深刻な渋滞問題に悩まされている都市がほかにも数多く存在しているはず。パリでの導入をきっかけに、それらの都市にもこの自転車救急車が普及する可能性は大いにあるだろう。

Top image: © iStock.com/Yuriy Bucharskiy
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2015年9月27日、晴天。パリの空は、いつもと比べて青かったという。それもそのはず、この日のパリ市内は車が極端に少なかったのです。パリ中心地を1日歩行者...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
この自動販売機では、ドリンク購入前に脈拍数が計測され、その値が高ければ高いほど割引を受けられるという仕組みになっている。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...