円周率πを自転車に。その名も「パイバイク」

ご存知、円周率を表す記号「π」が自転車になりました!

これは、マレーシアのイラストレーターYau Hoongさんが描いた絵をもとに、大真面目につくられた「Pi Bike」。

ネーミングもド直球です。

©Paulius Gvildys
©Paulius Gvildys

Tadas MaksimovasさんとMartijn Koomenさんのふたりが何度も試作を繰り返し、ようやくたどり着いた最終形。素材には、樹脂と炭素繊維の2種類をテストした結果、後者に落ち着いたみたいです。

©Paulius Gvildys
©Paulius Gvildys

ところでこれ、ブレーキが見当たらないけれど、円周率のようにどこまでも走っていけと勝手に解釈。座るのはサドル、というよりくぼみですね。

実際に乗る、乗らないは置いておいて、このデザインをしっかり形にしたことに拍手!

Top image: © Paulius Gvildys
今年9月にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をする予定の「Tuck Bike」。これ、フレームだけでなくタイヤまで折りたた...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
レイングッズを扱う「ワールドパーティー」が、安全面や機能面に配慮した、自転車に乗る人のためのポンチョ「レインバイシクルポンチョ」を自社ブランド「Wpc.」...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第三弾は、「金鳥」と「中川政七商店」がコラボし、江戸風鈴の老舗「篠原風鈴本舗」が手がけた「金...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
数学で勉強した円周率、π(パイ)の数字の羅列。それを「Aハーモニック・マイナー・スケール」に当てはめて、ピアノ演奏したメロディが、想像以上に美しかった。そ...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
SF映画の金字塔「E.T.」の有名なシーンに、日本メーカー「KUWAHARA(クワハラ)」の自転車が起用された理由!
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
自転車の動力を使ってコーヒーを精製する「ドライ・バイシクル・パイピング」を考案し、サステイナブルなコーヒー生産を続ける「GOOD COFFEE FARMS」。
アウトドア気分を損なわず、かつコンパクトでスタイルも抜群。「公園でのんびり過ごす」の決定版。簡単に設営できる「コンパクトミニタープ」。
「美味しくフードロス削減」をコンセプトに、形や大きさ、キズなどの理由で廃棄されてしまう国産フルーツを特殊冷凍技術で作り変えたフローズンフルーツ「HenoH...
「CLIP」はニューヨークのスタートアップが開発した、取り外し可能な自転車の「電動アシストツール」。使い方はカンタンで、前輪のフレームにハメるだけ。
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
全米最大のベスパディーラー元経営者が電動アシスト自転車にシフト。完成したのは、ベスパ愛が詰まったeバイクでした。
緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ安心できないこのご時世。この機会にクロスバイクでの通勤を取り入れてみては?初心者にぴったりな製品もご紹介します。
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...