円周率πを自転車に。その名も「パイバイク」

ご存知、円周率を表す記号「π」が自転車になりました!

これは、マレーシアのイラストレーターYau Hoongさんが描いた絵をもとに、大真面目につくられた「Pi Bike」。

ネーミングもド直球です。

©Paulius Gvildys
©Paulius Gvildys

Tadas MaksimovasさんとMartijn Koomenさんのふたりが何度も試作を繰り返し、ようやくたどり着いた最終形。素材には、樹脂と炭素繊維の2種類をテストした結果、後者に落ち着いたみたいです。

©Paulius Gvildys
©Paulius Gvildys

ところでこれ、ブレーキが見当たらないけれど、円周率のようにどこまでも走っていけと勝手に解釈。座るのはサドル、というよりくぼみですね。

実際に乗る、乗らないは置いておいて、このデザインをしっかり形にしたことに拍手!

Top image: © Paulius Gvildys
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
数学で勉強した円周率、π(パイ)の数字の羅列。それを「Aハーモニック・マイナー・スケール」に当てはめて、ピアノ演奏したメロディが、想像以上に美しかった。そ...
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...