フランス政府が検討中の「新たな環境対策」がニクイ!

地球温暖化の大きな原因のひとつとして挙げられる、産業や人々の生活のなかで日々排出される二酸化炭素

世界中でカーボンニュートラルカーボンフリーの実現に向けたさまざまな施策が実施されるなか、フランスで“目からウロコ”ともいえる政府のプロジェクトが進行中だ。

「多くのガソリンを消費し、たくさんの二酸化炭素を吐き出す古い自動車に乗っている人に、電動自転車を購入するための補助金を出します」──。

すでに国民投票に向けた準備段階にあるというこの法案、シンプルながらもじつに理にかなったアイデアだ。

古い自動車との引き換えで得られる補助金の額が、これまたじつに絶妙。その金額、2500ユーロ、日本円にして32万円ほど。電動自転車であればなかなかのスペックのものが購入できるベストな設定。

「憧れのあの自転車が買えるなら、この古いクルマ、手放しちゃってもいいかも.....」。

そう感じるフランス国民は決して少なくないはずだ。

© wef/ Twitter

電気自転車に換えるということは、二酸化炭素の排出を削減することにつながる。

世界中で排気ガス問題が深刻化するなか、フランスでもその対策を試行錯誤しており、そのアイデアのひとつが、このたびの老朽車と電気自転車購入補助金の引き換えという案なのだ。

ちなみに、フィンランドでは同様の施策が実施され、成功しているという事例もある。

環境問題への対策としてはもちろんだが、国民の健康を支えるという側面でも効果的であり、新型コロナウイルスの蔓延で疲弊した心までリフレッシュできそうだ。

© wef/ Twitter
Top image: © iStock.com/LeoPatrizi
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
パリでは渋滞問題による救急患者への医師の派遣の遅れが問題に。そこで電動自転車ベースの救急車「Emergency Bike」が導入された。
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
どうやって?と思ってしまうような機能を持つ圧力鍋「SUR’POT」。料理をするのに、電気もガスも要りません。簡単にご飯を炊き上げることができるんです。
チャームやブレスレットが幅広い世代に大人気の「Pandora」は、5月4日、今後一切採掘されたダイヤモンドを使用しないと宣言。同時に人工ダイヤモンドのみで...
日本に初上陸するデンマーク発のE-BIKEブランド「MATE. BIKE (メイト. バイク)」のフラッグシップストア「MATE. BIKE TOKYO(...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
4月10日、フランス政府は、鉄道で2時間半以内に行ける場所への国内線フライトの運航を全面的に廃止する法案を国民議会(下院)で可決した。
アメリカのバークレー市は、「ガス」の使用禁止を決定。地球温暖化対策として、2020年から施行されるようだ。
「ラム焼肉専門店lambne(らむね)」のラムチョップと、いま話題沸騰中の、カサスグリル社製「クラフトグリル」がコラボした、アウトドアでも手軽に本格的な料...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
12月2日、ニュージーランド政府は2つの約束を打ち出した。1つ目は、「気候非常事態」の宣言、施策を通して、地球温暖化による1.5℃以上の気温上昇を避けるこ...
史上もっともカーボンフットプリントの低いスポーツパフォーマンスシューズ開発に向け、「アディダス」と「オールバーズ」のフットウェアブランド2社がタッグを発表。
動画配信サービス大手の「Netflix」が、2022年末までに温室効果ガスの実質的な排出量をゼロにする計画を発表した。策定した「ネットゼロ+自然」と呼ばれ...
元・自転車雑誌編集長の石川望さんに「通勤でオススメのE-BIKE」を4台挙げてもらった。
「Pass Culture」という名のアプリは、まるで出会いを求めるマッチングアプリのように気軽にイベントを見つけることができます。文化や芸術に振れる若者...
個人でもワンコインから屋上緑化に協力できるサービス「Beeslow Club」がリリース。
環境問題やSDGsで注目が集まる「カーボンフットプリント」。言葉の定義から身近にできるアクションまで疑問にお答えします。
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
元・自転車雑誌編集長の石川望さんに「休日に乗りたいE-BIKE」を5台挙げてもらった。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
サステイナブルな活動を積極的に進める化粧品大手「コーセー」の新たな取り組み。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
5月27日、米国カリフォルニア州を初めとした23州と5つの自治体が連邦政府に対して新燃費基準を定めた「SAFE規則」を見直すよう訴えを起こした。併せて、ト...
「Daytona PotteringBike」の電動アシスト自転車「DE01」の紹介。
風変わりなデザインをしたマット。説明もなく見ただけでは、正直使いみちがわかる人はあまりいないのでは?実はこれ、環境を配慮して作られた礼拝用マットなんです。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
「The Electric Factory」と「Ayax Toyota」が進める「HYプロジェクト」。植物の成長を刺激する周波数のサウンドを発する装置を開...