二酸化炭素を回収して燃料にする「夢のリサイクルシステム」

カナダの企業「Carbon Engineering」が、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムを開発した。

加えて、純度の高い炭素を抽出し、水素とかけあわせることで「炭化水素」をつくることができる。

炭化水素とは、石油や天然ガスなどの化石燃料の主な成分。つまり、このシステムが機能すれば、大量の二酸化炭素をリサイクルし、燃料として利用できる。

85singo_スクリーンショット 2015-07-31 17.38.23

植林よりも効果的な
二酸化炭素の削減が可能

この巨大な壁のような機材によって削減できる二酸化炭素量は、サッカー場ひとつ分のエリア(およそ1エーカー)に植林を行った場合よりも多くなる。

植林を行うには最適な環境が必要だが、これはどこに設置しても効果を発揮するという面で優れている。

これまでも二酸化炭素を処理する方法は研究されてきた。空気中の二酸化炭素を地下へと送り、固定化させるCCS(Carbon Capture and Storage)と呼ばれる装置がそれだ。

ただし、二酸化炭素を送り込まれた土地に、どんな影響があるのかはまだわかっておらず、反対する人々も多い。

85singo_スクリーンショット 2015-07-31 17.33.43

このフィルタリングシステムは、どこかに固定化するのではなく、二酸化炭素をリサイクルして低炭素燃料を生み出せる。

低炭素燃料は、温室効果ガスを半減させられる代替燃料のことだ。

85singo_スクリーンショット 2015-07-31 17.39.39

2013年からプロトタイプによる実験を行っており、2017年までにシステムを商品化する予定で計画を進めている。

空気中の二酸化炭素濃度を削減し、燃料を生み出し、さらに温室効果ガス排出量を減らせる画期的なシステム。期待大だ。

Licensed material used with permission by Carbon Engineering

 

バイオ燃料には、サトウキビやトウモロコシなどを使うのがメインストリーム。だけど、「Shell」は“新たな原料”を利用したプロジェクトを始めています。
2030年の火星移住プロジェクトにむけ、NASAが「火星での植物栽培」を本格的に考えている、というニュースは何度か見かけたことがあるかもしれません。地球以...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
2017年、バルセロナで開催されたデザインコンテスト「7th jumpthegap」で大賞を受賞した『Panacea』。置く場所やシーンによって、形を変え...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
スタンフォード大学と北京大学の研究者により、「ミルワーム」にプラスチックを生分解する能力があることが確認されました。釣りのエサなどで使われることもあります...
なぜ蚊が寄ってくるんだろうという疑問への答えを「New York Magazine」の動画が紹介しています。外で遊ぶ機会も増えることだし。なんだかいつも自...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
採れたての野菜を自由に食べられる、そんな理想的な暮らしを「everblume」は叶えてくれるかもしれません。見た目は冷蔵庫。ですが、作物を育てられる環境を...
バングラデシュは、妊産婦の死亡率が高い国のひとつ。2015年ユニセフの発表によると、日本の妊産婦死亡率が13,400人に1人なのに対し、バングラディッシュ...
デザイナーRitsert Mansと科学者Peter Mooijが協力して作ったのは、海藻から抽出したオイルをエネルギーとしたバイク。頻繁に収穫できるとい...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
ダイエットをしたとき、燃やした脂肪はどこに行っているのだろう?実は、呼吸で一緒に吐き出されているのだ!これまで、脂肪は熱とエネルギーになって消えてしまうと...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
「なんだか空気が悪そうだな…」という時に役立ちそうなアイテム「PocketLab Air」。温度や湿度や気圧、二酸化炭素濃度やPM(粒子状物質)などを測定...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
オランダのエネルギー企業ARNは、使用済みオムツをリサイクルできる工場の建設を始めました。
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...