二酸化炭素からできた
「小麦粉」

環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」が話題を集めている。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもので、見た目も味も小麦粉だ。

栄養素の割合は、タンパク質(50%)と脂肪(5〜10%)、炭水化物(20〜25%)。現在、2021年の商業生産に向け開発が進められている。

今後、食品業界をはじめとするあらゆる業界を巻き込み成長していくであろう画期的な開発。Soleinがスーパーに陳列されるのを目にする未来は、そう遠くないかもしれない。

Top image: © 2019 Solarfoods
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
カナダの企業「Carbon Engineering」が、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムを開発した。加えて...
スイスのコカ・コーラHBC社が、空気中の二酸化炭素を使って炭酸水を製造します。
11月下旬、環境省は昨年度の日本国内における温室効果ガスの排出量が「過去最少」だったと発表した。
スウェーデンのフィンテック企業「Doconomy」は、商品を購入した時に自動的に二酸化炭素の排出量が計測されるクレジットカード「DO」を開発。ワンランク上...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...