二酸化炭素からできた
「小麦粉」

環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」が話題を集めている。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもので、見た目も味も小麦粉だ。

栄養素の割合は、タンパク質(50%)と脂肪(5〜10%)、炭水化物(20〜25%)。現在、2021年の商業生産に向け開発が進められている。

今後、食品業界をはじめとするあらゆる業界を巻き込み成長していくであろう画期的な開発。Soleinがスーパーに陳列されるのを目にする未来は、そう遠くないかもしれない。

Top image: © 2019 Solarfoods
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
サンフランシスコ発のオンライン古着店「ThredUP」が、自分がどれだけ二酸化炭素を排出しているのかを知ることができる特設サイト「Fashion Foot...
カナダの企業「Carbon Engineering」が、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムを開発した。加えて...
スイスのコカ・コーラHBC社が、空気中の二酸化炭素を使って炭酸水を製造します。
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
11月下旬、環境省は昨年度の日本国内における温室効果ガスの排出量が「過去最少」だったと発表した。
ニューヨークに本社を構えるスタートアップ企業「Air Co.」。空気中から二酸化炭素を抽出し、水と混合してウォッカを生成する同社が、すべてエタノールに切り...
米国ニューヨークで誕生し、世界中へ展開をするサラダバーの人気店「Juts Salad」が、すべての商品に“カーボンフットプリント(CFP)”を取り付けるこ...
環境問題やSDGsで注目が集まる「カーボンフットプリント」。言葉の定義から身近にできるアクションまで疑問にお答えします。
「カーボン・オフセット」とは他の場所で節約できる同等の二酸化炭素に資金を提供することで排出量を補う仕組みのこと。ここではカーボン・オフセットの定義や国内外...
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
スウェーデンのフィンテック企業「Doconomy」は、商品を購入した時に自動的に二酸化炭素の排出量が計測されるクレジットカード「DO」を開発。ワンランク上...
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
藻類が入ったカーテンの紹介。光合成をするので、二酸化炭素を吸収し、酸素を排出してくれます。
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
「Zaha Hadid Architects」がデザインコンペを勝ち取った中国・深センに建築される高層ビル「Tower C」がカッコいい。
コーヒーの代わりとして、今、アメリカで注目を集めているものがある。それはなんと、あの日本伝統の飲み物“抹茶”なのだとか。
このシャンデリア、海藻を模したモジュールの中に微細藻類が入っていて、生物が光合成をし、室内の二酸化炭素を吸収してくれます。イギリスの国立博物館の永久収蔵品...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
「Kickstarter」で資金調達をおこない目標を大幅に達成したセンサーデバイス「PocketLab Air」。携帯とBluetoothで接続することで...
ニューヨーク大学の研究チームが、ダイバーのために水中で使えるテントを開発しました。
現在、「ドバイ政府」と「ドバイ電気水道局」が協力し、雨水の溜まる湖の水面に浮かぶソーラーパネルを設置している。
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。