米「ボーイング」が100%バイオ燃料で飛行する航空機を開発中

昨年発表された欧航空機大手エアバスによるゼロエミッション航空機に続いて、米・航空機大手「ボーイング」は、バイオ燃料だけで飛行する商用機を2020年代末までに納入開始する方針を発表した。

2050年までに国際航空機からのCO2排出量を半減させる目標が立てられている航空業界において、業界をリードする同社による意欲的なコミットメントに注目が集まっている。

ボーイングは、その業界目標を達成するために、それより早い段階でバイオ燃料のみで飛行する飛行機を製造する必要があるとして、今回の方針を決定したようだ。

「米国エネルギー省」などによるいくつかの研究によると、バイオ燃料での飛行は二酸化炭素排出量を最大で80%削減し、将来的にはカーボンニュートラルを達成することができるという。

ボーイングの持続可能戦略ディレクターであるショーン・ニューサム氏は、この決定について「一世一代の挑戦である」とコメント。

世界中の航空会社のコミットメントにも影響するであろうこの試み。大きな進展があることに期待したい。

Top image: © David Ryder/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
2月4日(木)13:00発、「JAL319便」(東京(羽田)ー福岡)で日本初の国産バイオジェット燃料を国内線定期便に初めて搭載したフライトが実施される。
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
カナダの企業「Carbon Engineering」が、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムを開発した。加えて...
「Amazon.com」の創業者であるJeffrey Preston Bezos(ジェフリー・プレストン・ベゾス)が設立した航空宇宙企業「Blue Ori...
バイオ燃料には、サトウキビやトウモロコシなどを使うのがメインストリーム。だけど、「Shell」は“新たな原料”を利用したプロジェクトを始めています。
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
イーロン・マスク氏が、またもや世間を賑わしている。その理由とは......?
最近、環境情報誌「Environment International」に掲載された研究で、バイオプラスチックには有害物質が含まれている可能性があると明らか...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
「University of California, Los Angeles(通称:UCLA)」が管理する研究所「Lawrence Berkeley Na...
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...
「Facebook」はこのたび、2020年をもってすべての運営活動に100%再生可能エネルギーを使用し、二酸化炭素排出量をゼロにする目標を達成したと発表した。
サンフランシスコ発のオンライン古着店「ThredUP」が、自分がどれだけ二酸化炭素を排出しているのかを知ることができる特設サイト「Fashion Foot...
スカンジナビア航空は、気候変動対策として「免税品の機内販売廃止」を発表。2030年までに、排ガスの少なくとも25%を目指します。
eVTOL航空機(垂直離着陸型航空機)の専用ハブ空港「Air-One」を試験運用する許可が降りたことが分かった。すべての移動手段が航空機になった場合、どれ...
地球温暖化を研究する国際チーム「グローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)」が、2020年の世界中での二酸化炭素排出量が前年比で7%減となることを発表。...
米国ニューヨークで誕生し、世界中へ展開をするサラダバーの人気店「Juts Salad」が、すべての商品に“カーボンフットプリント(CFP)”を取り付けるこ...
ニューヨークに本社を構えるスタートアップ企業「Air Co.」。空気中から二酸化炭素を抽出し、水と混合してウォッカを生成する同社が、すべてエタノールに切り...
スイスのコカ・コーラHBC社が、空気中の二酸化炭素を使って炭酸水を製造します。
「Kickstarter」で資金調達をおこない目標を大幅に達成したセンサーデバイス「PocketLab Air」。携帯とBluetoothで接続することで...
環境問題やSDGsで注目が集まる「カーボンフットプリント」。言葉の定義から身近にできるアクションまで疑問にお答えします。
11月下旬、環境省は昨年度の日本国内における温室効果ガスの排出量が「過去最少」だったと発表した。
天然バイオマス系生分解性樹脂で作られた使い捨てのスプーンやフォーク、皿などのカトラリーセット「土に還る、防災カトラリーセット」が発売。
スウェーデンのフィンテック企業「Doconomy」は、商品を購入した時に自動的に二酸化炭素の排出量が計測されるクレジットカード「DO」を開発。ワンランク上...
福島県の鉄道林の間伐材から抽出された成分を原材料にした、天然由来100%の生分解性を備えたバイオプラスチックタンブラーが今月中旬から限定販売。
「KLMオランダ航空」が、デルフト工科大学と開発を進めている旅客機「Flying-V」。特に注目して欲しいのは翼の部分。ここに座席が設置される予定なんです。
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
「Move to Zero」のプロジェクトのもと、二酸化炭素の排出量ゼロを目指し「ナイキ」が新たに始めたのは、自社専用の二次流通サービス「Nike Ref...
空飛ぶクルマの開発を進めるベンチャー企業「スカイリンクテクノロジーズ」が無人航空機(PPD-150)および航空機(PPD-500)の製造について、経済産業...