米「ボーイング」が100%バイオ燃料で飛行する航空機を開発中

昨年発表された欧航空機大手エアバスによるゼロエミッション航空機に続いて、米・航空機大手「ボーイング」は、バイオ燃料だけで飛行する商用機を2020年代末までに納入開始する方針を発表した。

2050年までに国際航空機からのCO2排出量を半減させる目標が立てられている航空業界において、業界をリードする同社による意欲的なコミットメントに注目が集まっている。

ボーイングは、その業界目標を達成するために、それより早い段階でバイオ燃料のみで飛行する飛行機を製造する必要があるとして、今回の方針を決定したようだ。

「米国エネルギー省」などによるいくつかの研究によると、バイオ燃料での飛行は二酸化炭素排出量を最大で80%削減し、将来的にはカーボンニュートラルを達成することができるという。

ボーイングの持続可能戦略ディレクターであるショーン・ニューサム氏は、この決定について「一世一代の挑戦である」とコメント。

世界中の航空会社のコミットメントにも影響するであろうこの試み。大きな進展があることに期待したい。

Top image: © David Ryder/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
2月4日(木)13:00発、「JAL319便」(東京(羽田)ー福岡)で日本初の国産バイオジェット燃料を国内線定期便に初めて搭載したフライトが実施される。
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
カナダの企業「Carbon Engineering」が、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムを開発した。加えて...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
バイオ燃料には、サトウキビやトウモロコシなどを使うのがメインストリーム。だけど、「Shell」は“新たな原料”を利用したプロジェクトを始めています。
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...