【本日フライト!】「JAL」の国産バイオジェット燃料を搭載した定期便が空へ

今日2月4日(木)に「JAL(日本航空)」が、東京(羽田)13:00発のJL319便で特別なフライトを実施する。

国産技術のみで製造した日本初の国産バイオジェット燃料を国内線定期便に初めて搭載するのだ。

燃料のもととなったのは、多くの国内企業の協力や個人客の提供により全国から集まった衣料品の綿。国際的な燃料規格(ASTM D7566)の適合検査、および品質検査に合格した当該燃料は、既存のジェット燃料との混合も完了し、一般のジェット燃料として、商用フライトへの搭載が可能になった。

昨年6月には、「2050年までにCO2排出量実質ゼロを目指す」ことを発表した「JAL」。環境負荷の低減を目指し、将来の国産バイオジェット燃料の実用化への第一歩が空に刻まれる。

©日本航空株式会社

『JAL 国産バイオジェット燃料搭載便』
【日時】 2021年2月4日(木)
【便名】JL319便(東京(羽田)発、福岡行、定刻:13時00分発)
【機材】ボーイング787-8型機
※搭載便は変更となる可能性あり

Top image: © 日本航空株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
米・航空機大手「ボーイング」が、バイオ燃料だけで飛行する商用機の納入を2020年代末までに開始する方針を発表。航空業界を代表する大手企業による意欲的なコミ...
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
バイオ燃料には、サトウキビやトウモロコシなどを使うのがメインストリーム。だけど、「Shell」は“新たな原料”を利用したプロジェクトを始めています。
「日本航空(JAL)」の新しい機内アメニティのデザインが発表された。手掛けたのは「小さな『!』を人に感じてもらうこと」をコンセプトとしたデザイン会社「ne...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
ベネズエラの首都、カラカス。南米有数の大都市である一方、世界でもトップクラスに治安の悪い都市としても悪名を轟かせています。1日に起きる殺人事件の数は、なん...