自分が排出している「二酸化炭素の量」を知ることができるサービス

サンフランシスコ発のオンライン古着店「ThredUP」が、自分の洋服の購入習慣などの質問に答えることで、ファッションに関して、どれだけ二酸化炭素を排出しているのかを知ることができる特設サイト「Fashion Footprint Calculator」をローンチした。

質問は「どれくらいの頻度で洋服を買いますか?」「1年間にどれくらいの洋服を借りますか?」など、11の質問が用意されている。そして、その結果をもとに平均と比較して多いのか少ないのかも教えてくれるのだ。

数年前からアメリカを中心にサステイナビリティを重視する動きになっているが、大量生産・大量消費を疑問視する意見はそれ以前にも存在しており、気候変動の影響を直に受けやすい国々は批判の声を上げていた。

そんな世界の流れを分かっていたとしても、自分の二酸化炭素の排出量を知っている人は多くはないだろう。まずは試してみてはいかが?

Top image: © iStock.com/Mukhina1
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
11月下旬、環境省は昨年度の日本国内における温室効果ガスの排出量が「過去最少」だったと発表した。
スウェーデンのフィンテック企業「Doconomy」は、商品を購入した時に自動的に二酸化炭素の排出量が計測されるクレジットカード「DO」を開発。ワンランク上...
環境に優しいサステイナブルな食品原料として期待される「Solein」。空気中から抽出した二酸化炭素、水、電気からつくられたパウダー状のもの。栄養素の割合は...
カナダの企業「Carbon Engineering」が、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムを開発した。加えて...
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
米国ニューヨークで誕生し、世界中へ展開をするサラダバーの人気店「Juts Salad」が、すべての商品に“カーボンフットプリント(CFP)”を取り付けるこ...
スイスのコカ・コーラHBC社が、空気中の二酸化炭素を使って炭酸水を製造します。
藻類が入ったカーテンの紹介。光合成をするので、二酸化炭素を吸収し、酸素を排出してくれます。
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
今、すべての人が学ぶべき考え方「カーボンニュートラル」。この記事では、その意味や現状について紹介していく。
世界64ヵ国で大ヒットを記録したホラー映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、 終わり。 』のVRアトラクションが、東京・お台場「ダイバー...
このシャンデリア、海藻を模したモジュールの中に微細藻類が入っていて、生物が光合成をし、室内の二酸化炭素を吸収してくれます。イギリスの国立博物館の永久収蔵品...
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
環境保護を理由に飛行機に乗らないことで知られるグレタさんは、スペインでおこなわれた「COP25」に出席するために滞在していたアメリカから開催地までヨットで...
サステイナブル建築でオープンしたイギリス・グリニッジのIKEA。彼らとしては、お客さんにも環境問題を意識してほしいみたいです。ということで、ユニークな看板...
スカンジナビア航空は、気候変動対策として「免税品の機内販売廃止」を発表。2030年までに、排ガスの少なくとも25%を目指します。
コーヒーやお茶を入れてカップを回せば、45秒以上自動で回転して飲み物をじっくりかき混ぜてくれるカップ「WENO°」が誕生。飲み物の色を透かしながらオシャレ...
VRゴーグルを通して仮想空間でのサイクリング体験ができる専用コントローラー「Blync」がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」でローンチ...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
ニューヨークに本社を構えるスタートアップ企業「Air Co.」。空気中から二酸化炭素を抽出し、水と混合してウォッカを生成する同社が、すべてエタノールに切り...
「Voyage Club」というサービスは、予算と目的地を教えれば、現地の雰囲気とマッチした洋服を用意してくれるんです。ホテルに着いたら、クローゼットに洋...
5月21日にアーバンアウトフィッターズが発表した、洋服のレンタルサービス「Nuuly」。月額88ドル(約9500円)を支払えば、最大で800ドル(約8万6...
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
現在、「ドバイ政府」と「ドバイ電気水道局」が協力し、雨水の溜まる湖の水面に浮かぶソーラーパネルを設置している。