CO₂排出量が多すぎると利用制限がかかるクレジットカード

程度の差はあれど、誰もが常日頃から環境問題を意識するようになりました。とはいえ、自分がどれくらいの二酸化炭素を排出しているのか、または大気汚染の進行に加担しているのかは、ちょっと分からない……。現に「1ヵ月に◯◯kgです」なんて言える人は、少ないと思うんです。

スウェーデンのフィンテック企業「Doconomy」は、商品を購入した時に自動的に二酸化炭素の排出量が計測されるクレジットカード「DO」を開発。ワンランク上のプレミアムカード「DO Black」には、排出量に応じて利用を制限できる機能があるんです。

消費者の環境意識を高めるサポートをするクレジットカード。このカード専用のアプリを使って、国連が認めた二酸化炭素削減プロジェクトへの投資を行うこともできちゃうみたい。これで、自分が排出してしまった二酸化炭素の量を“懺悔”するってわけですね。

ちなみに、カンヌライオンズのクリエイティブEコマース部門でグランプリを取っています。

Top image: © Doconomy
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
財布の中でかさばっていたカードの役割をすべて担ってくれるのが「OraSaifu」です。
「Exo」は、主にクレジットカードなどを使いやすくするためにデザインされた財布です。1番の特徴は、本体の銀色部分を上にスライドさせれば、スッとカードを取り...
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
「こんなオイシイ仕事あるの?」と思うような求人情報が話題となっています。採用された人は、仕事始めと終わりにスウェーデン・ヨーテボリの駅「Korsvägen...
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
スイスのコカ・コーラHBC社が、空気中の二酸化炭素を使って炭酸水を製造します。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
「The Local」のスウェーデン版によれば、ストックホルム県は空気が乾燥していることから住民の火の扱い方を制限しました。火事になる可能性がある場所では...
消費者の求めるものを素早く大量に生産することで知られるマクドナルドが、スウェーデンでは自然保護活動に力を入れているらしいんです。その知見を広げるために必要...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
クレジットカードやキャッシュカード、ポイントカードにマイレージカード。何枚も財布に入れて持ち歩くと、かさばって面倒ですよね…。そんな悩みを解決するために、...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
糖質制限を研究して11年という管理栄養士の大柳珠美さんの著書『「糖質制限」その食べ方ではヤセません』(青春出版社)では、糖質だけを意識するのではなく、代わ...
ふとした瞬間でも、なんとなくスマホを手に取り、SNSやネットサーフィンをしてしまうもの。そして、このインターネットのデータを管理するサーバは、大きな熱量を...
好きなだけビールを注いで飲む。これを可能にしたのが「PourMyBeer」。専用カードをビアサーバーにタッチすれば、ロックが解除され、自分でビールを注げる...
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...