CO₂排出量が多すぎると利用制限がかかるクレジットカード

程度の差はあれど、誰もが常日頃から環境問題を意識するようになりました。とはいえ、自分がどれくらいの二酸化炭素を排出しているのか、または大気汚染の進行に加担しているのかは、ちょっと分からない……。現に「1ヵ月に◯◯kgです」なんて言える人は、少ないと思うんです。

スウェーデンのフィンテック企業「Doconomy」は、商品を購入した時に自動的に二酸化炭素の排出量が計測されるクレジットカード「DO」を開発。ワンランク上のプレミアムカード「DO Black」には、排出量に応じて利用を制限できる機能があるんです。

消費者の環境意識を高めるサポートをするクレジットカード。このカード専用のアプリを使って、国連が認めた二酸化炭素削減プロジェクトへの投資を行うこともできちゃうみたい。これで、自分が排出してしまった二酸化炭素の量を“懺悔”するってわけですね。

ちなみに、カンヌライオンズのクリエイティブEコマース部門でグランプリを取っています。

Top image: © Doconomy
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

2020年に向けたある方針を発表した「コカ・コーラ・スウェーデン」。それにより、スウェーデンでのバージンプラスチックの使用量を年間約3500トン、CO2排...
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
財布の中でかさばっていたカードの役割をすべて担ってくれるのが「OraSaifu」です。
地球温暖化を研究する国際チーム「グローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)」が、2020年の世界中での二酸化炭素排出量が前年比で7%減となることを発表。...
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
「カーボン・オフセット」とは他の場所で節約できる同等の二酸化炭素に資金を提供することで排出量を補う仕組みのこと。ここではカーボン・オフセットの定義や国内外...
「Exo」は、主にクレジットカードなどを使いやすくするためにデザインされた財布です。1番の特徴は、本体の銀色部分を上にスライドさせれば、スッとカードを取り...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
世界18都市の番組が聴けるイタリア発のおしゃれラジオ「THE CITY RADIO」。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。