2021年「CO2排出ゼロ」を実現する「サントリー」の新工場が稼働!

「サントリー」は、ナチュラルミネラルウォーターの新工場の名称を「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」に決定し、2021年春の稼働を発表した。

「人と自然と響き合う」を使命に掲げている同社。この施設では、世界トップクラスの環境配慮型工場を目指し、再生可能エネルギーによる発電設備やバイオマス燃料を用いたボイラーの導入、再生可能エネルギー由来の電力の調達などにより「CO2排出量ゼロ工場」を実現するとのこと。

この工場が建設される長野県大町市は、3000m級の北アルプスの眺望の美しさでも知られる。豊かな自然に囲まれた“清冽なおいしさ”を価値とする「サントリー天然水」にとって理想的な場所だという。

生産拠点でもありながら、ブランド体験型施設であるこの工場の場内で、冷たくて清らかな「サントリー天然水」を体感してみてはいかがだろう。

©サントリー食品インターナショナル
Top image: © サントリー食品インターナショナル
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事