集めたのは、実際に見れる工場だけ!「行ける工場夜景展」がたまらん・・・

数年前に巻き起こった工場ブーム、いわゆる「工場萌え」。それ以降、工場は新たな鑑賞スポットとして定着しつつある。中でも、夜景の美しさは格別。装飾されていないありのままの姿には、見る者を圧倒するパワーが備わっていると言っていい。

そんな「工場夜景」の合同写真展が、2015年9月18日(金)から「TODAYS GALLERY STUDIO」にて開催。その場所にただ佇む、意図しない「美」を、あなたの目で確かめるチャンスだ。

遽蝪壼スゥ荵ダ蜥梧ュ悟アア逵梧怏逕ー蟶・縺ョ繧ウ繝偵z繝シ_R
シルバーウィーク特別企画として行われるのは、日本全国の工場夜景写真を集めた「行ける工場夜景展」。最大の特徴は、その名の通り、実際に“行ける”工場だけを集めていること。加えて、夜になると一層際立つ美しさを、写真だけでなく自身の「目」で感じてほしいという思いから、すべての作品がアクセス情報などの解説付きで展示される。
豐ウ驥酸鮖ソ蟲カ-鮖ソ蟲カ遏ウ豐ケ02 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ_R豐ウ驥酸蜥梧ュ悟アア-譚ア辯・そ繧吶ロ繝ゥ繝ォ04 _R螟ァ蛟雲蟯。螻ア逵悟€画聞蟶・豌エ蟲カ繧ウ繝ウ繝偵y繝翫・繝・ 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ_R
本展では、北海道・室蘭を中心に活躍する工場夜景の第一人者、森大輔氏や、世界最大規模のアクセス数を誇る夜景情報サイト「yakei.jp」の縄手真人氏、写真集『工場夜景』の監修も努める大倉裕史氏など、約11 組のアーティストが集結。
螟ァ蛟雲譚ア莠ャ驛ス隘ソ螟壽束驛。螂・螟壽束逕コ_螂・螟壽束蟾・讌ュ縺ィ譏溽ゥコ 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ_R蜈画ーク2_R蜈画ーク_R

会場内の特設ブースでは、森大輔氏のインスターレーション作品も展示。いま話題のドローンで空撮された工場夜景や濃い霧の中に輝くフレアスタックなどが映し出される。

また、会場限定の物販として、出展作家を完全網羅し、工場へのアクセスマップも付いた公式ガイドブックを200部限定で販売予定。先着2,000 名には、オリジナルポストカードのプレゼントも。

邵・焔_蜥梧ュ悟アア逵梧怏逕ー逕コ_譚ア辯・そ繧吶ロ繝ゥ繝ォ 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ_R遽蝪夐寇莉祇闌ィ蝓守恁逾樊門ク・IMG_3147_R遽蝪夐寇莉祇螻ア蜿」逵悟イゥ蝗ス蟶・IMG_0527 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ_R遽蝪壼スゥ荵ダ闌ィ蝓守恁逾樊門ク・(2) 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ_R

本来、写真展の目的は、作品を見て何かを感じたり、ときには疑問に思ったり、想像を膨らませることにあるはず。しかし、本展はそこからさらに踏み出し、写真の新たな楽しみ方を提案するものだ。写真が切り取る美しさと、自身の目で捉え感じるもの、その違いをぜひ体験してほしい。

【概要】
工場夜景の合同写真展「行ける工場夜景展」
・開催日時:2015年9月18日 (金)~9月27日 (日)の11:00~19:00
・会場:TODAYS GALLERY STUDIO(〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-27-6 5F)
・入場料:500円/乳幼児以外は入場料がかかります
・主催:株式会社BACON

Licensed material used with permission by 株式会社BACON

今や観賞スポットとして定着した感のある工場夜景。暗闇に浮かびあがる工場のイルミネーションはどこまでも非現実的だ。その姿は、まるでハリウッドのSF映画で描か...
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
最近は工場見学も人気の旅行スポット。マニアックな大人も、工場に興味がなかったカップルも、好奇心旺盛な子どもも、みんなで楽しめる物作りの現場。ランキングを発...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
「INDUSTRIAL JP」というプロジェクトがある。日本の町工場をレーベル化する計画だ。つまり、工場内に繰り返し鳴り響く機械音を再編集し、映像と掛け合...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo...
一般の人がなかなか目にすることができない科学研究施設や産業、インフラの現場ーー。そんな“立入禁止の向こう側”を切り取った写真展が開催されていることを...
『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』など、数々の大ヒット作品を世に送り出してきた「ピクサー」。2016年、設立30周年...
スイスのメーカーが開発した「Chairless chair」は、背中からかかとまで続く拘束具のような風貌。これ、中腰になるとロックがかかり固定されることで...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
「愛らしい妖怪」がたくさん登場するという同展覧会。なんとなく、妖怪というと“恐いもの”というイメージがありますが、その定義はさまざま。妖怪は、日本人が古く...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
オススメの雲海スポットがある。それが、埼玉県の秩父「美の山公園」の展望台だ。最寄り駅は、西武秩父駅。都内からなら、特急で1時間半。駅からは車で30分ほど。...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
ここで紹介するのは、スマホで写真を撮るときの悩みを解決してくれるアイテム。カードタイプで財布に忍ばせておけるので、カンタンに綺麗な夜景を撮影することもでき...
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
10月7日(土)からスタートした、スヌーピーミュージアムの特別展。そのテーマは「恋ってすばらしい。」PEANUTSのなかに散りばめられている、少年少女の様...