集めたのは、実際に見れる工場だけ!「行ける工場夜景展」がたまらん・・・

数年前に巻き起こった工場ブーム、いわゆる「工場萌え」。それ以降、工場は新たな鑑賞スポットとして定着しつつある。中でも、夜景の美しさは格別。装飾されていないありのままの姿には、見る者を圧倒するパワーが備わっていると言っていい。

そんな「工場夜景」の合同写真展が、2015年9月18日(金)から「TODAYS GALLERY STUDIO」にて開催。その場所にただ佇む、意図しない「美」を、あなたの目で確かめるチャンスだ。

遽蝪壼スゥ荵ダ蜥梧ュ悟アア逵梧怏逕ー蟶・縺ョ繧ウ繝偵z繝シ_R
シルバーウィーク特別企画として行われるのは、日本全国の工場夜景写真を集めた「行ける工場夜景展」。最大の特徴は、その名の通り、実際に“行ける”工場だけを集めていること。加えて、夜になると一層際立つ美しさを、写真だけでなく自身の「目」で感じてほしいという思いから、すべての作品がアクセス情報などの解説付きで展示される。
豐ウ驥酸鮖ソ蟲カ-鮖ソ蟲カ遏ウ豐ケ02 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ_R豐ウ驥酸蜥梧ュ悟アア-譚ア辯・そ繧吶ロ繝ゥ繝ォ04 _R螟ァ蛟雲蟯。螻ア逵悟€画聞蟶・豌エ蟲カ繧ウ繝ウ繝偵y繝翫・繝・ 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ_R
本展では、北海道・室蘭を中心に活躍する工場夜景の第一人者、森大輔氏や、世界最大規模のアクセス数を誇る夜景情報サイト「yakei.jp」の縄手真人氏、写真集『工場夜景』の監修も努める大倉裕史氏など、約11 組のアーティストが集結。
螟ァ蛟雲譚ア莠ャ驛ス隘ソ螟壽束驛。螂・螟壽束逕コ_螂・螟壽束蟾・讌ュ縺ィ譏溽ゥコ 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ_R蜈画ーク2_R蜈画ーク_R

会場内の特設ブースでは、森大輔氏のインスターレーション作品も展示。いま話題のドローンで空撮された工場夜景や濃い霧の中に輝くフレアスタックなどが映し出される。

また、会場限定の物販として、出展作家を完全網羅し、工場へのアクセスマップも付いた公式ガイドブックを200部限定で販売予定。先着2,000 名には、オリジナルポストカードのプレゼントも。

邵・焔_蜥梧ュ悟アア逵梧怏逕ー逕コ_譚ア辯・そ繧吶ロ繝ゥ繝ォ 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ_R遽蝪夐寇莉祇闌ィ蝓守恁逾樊門ク・IMG_3147_R遽蝪夐寇莉祇螻ア蜿」逵悟イゥ蝗ス蟶・IMG_0527 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ_R遽蝪壼スゥ荵ダ闌ィ蝓守恁逾樊門ク・(2) 縺ョ繧ウ繝偵z繝シ_R

本来、写真展の目的は、作品を見て何かを感じたり、ときには疑問に思ったり、想像を膨らませることにあるはず。しかし、本展はそこからさらに踏み出し、写真の新たな楽しみ方を提案するものだ。写真が切り取る美しさと、自身の目で捉え感じるもの、その違いをぜひ体験してほしい。

【概要】
工場夜景の合同写真展「行ける工場夜景展」
・開催日時:2015年9月18日 (金)~9月27日 (日)の11:00~19:00
・会場:TODAYS GALLERY STUDIO(〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-27-6 5F)
・入場料:500円/乳幼児以外は入場料がかかります
・主催:株式会社BACON

Licensed material used with permission by 株式会社BACON

今や観賞スポットとして定着した感のある工場夜景。暗闇に浮かびあがる工場のイルミネーションはどこまでも非現実的だ。その姿は、まるでハリウッドのSF映画で描か...
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
最近は工場見学も人気の旅行スポット。マニアックな大人も、工場に興味がなかったカップルも、好奇心旺盛な子どもも、みんなで楽しめる物作りの現場。ランキングを発...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
「サントリー」は、ナチュラルミネラルウォーターの新工場の名称を「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」に決定し、2021年春の稼働を発表。
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo...
コバトパン工場のスペキュロス缶。スペキュロスは、スパイスがきいたクッキーのことで、コーヒーや紅茶だけでなく、ミルクにも合う、食べごたえ満点のお菓子。じつは...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
光をエネルギーとして活用し、触媒に酸化チタンを用いた「MUON~無音~Lampscape」。
「ファンケル」から発売された「抗菌やさしい潤いマスク」は、抗菌、保湿、苦しくない設計、繰り返し使用の4つの機能性と、肌への優しさを追求したマスク。
観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡など「NASA」の最先端技術によってとらえた雄大な天体写真を集めた展覧会「138億光年 宇宙の旅」が「東京写真美術館」で開...
東京の下町・墨田のプラスチック加工工場「吾嬬製作所」が、ポケットやバッグに入れてもシワにならない「ポリエチレン樹脂製のマスク」を開発。飛沫を通さず洗って何...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
東京ミッドタウンのフジフイルム スクエアにて開催されている「BACK-GROUND」は、2010年からドイツを拠点に撮影を続けてきたフォトグラファー・千葉...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。