「BULY」と「ルーブル美術館」のコラボアイテムが本日発売

華の都でエクスクルーシブなコラボレーションが実現した。

タッグを組んだのは、「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」と「ルーブル美術館」。フランスの著名な調香師たちが、同美術館所蔵の代表的な作品にインスパイアされた香りを創作するという、なんとも気品に満ちた試みだ。

そのさまは、まるで“香りのミュージアム”。

「サモトラケのニケ」「ミロのヴィーナス」など、8つの名作にインスパイアされた8つの香りがラインナップ。アルコールを含まない水溶性の製法が天然香料本来の香りを最大限に活かす世界初の水性香水「オー・トリプル」のほか、フレグランスキャンドルや紙ソープ、香りのポストカードなどが発売される。

待望の日本上陸は、本日10月19日。代官山本店や京都店で取り扱っている。

©Buly
©Buly
©Buly
©Buly
©Buly
Top image: © Buly
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
フランスで200年間愛され続ける代官山にあるパリ生まれの総合美容ブティックOfficine Universelle Buly〒150-0021 東京都渋谷...
9月3日、横浜DeNAベイスターズと「10匣(TENBOX)」のスペシャルなコラボアイテムが販売開始。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
日本で出会った「大福」に魅了され、フランスではじめた「MOCHI」づくり。
12月、パリの地下鉄で起きたイタズラが話題となりました。電車内に藁と干し草が敷き詰められるという“事件”。これ、満員電車に痺れを切らした人々の抗議でした。...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
パリ五輪を前にシャンゼリゼ通り活性化させるという計画案が注目されています。理由は、その一環として凱旋門を囲うラウンドアバウトに夏はビーチ、冬はスケートリン...
「セントピック」は、毎月新しい香水を提供するサブスクリプションサービス。好きな香水やライフスタイルなどのアンケートをもとに、ユーザーの好みに合ったものを届...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
パリの主要ターミナル駅のひとつ、リヨン駅。ここから少し歩いたところにあるクレミュー通りに暮らす住民が苦情を申し立てています。
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
小さなリラックスアイテム特集。Buly パロサントは、スッキリと爽やかな甘い香りの香木で、火をつけなく……