Tinderでは身長を偽る人が多い?

3月29日にTinderが身長の認証システムを導入すると発表しました。理由としては、たくさんの人が自分の身長を偽ってプロフィールを書いているから。

TinderのWEBサイトによれば、アメリカで身長が6フィート(約183cm)以上ある人は14.5%しかいないのに対して、ユーザーの約80%が6フィート以上と登録しているようです。

今のところ、デートアプリでは体重や身長などの情報を簡単に偽れる状態ですからね。ユーザーへより良質な出会いを提供するために、Tinderは導入を決定しました。

フェイクニュースも話題に上がる時代ですが、普段から使っているアプリにもちょっと落とし穴があるかもしれません。

Top image: © iStock.com/oatawa
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Tinderの新しい使い方の紹介です。タイプの女性や男性に出会うだけでなく、あなたが抱える悩みをカンタンに解決できるかもしれません。
イギリスに暮らすKimberley Latham-Hawkesfordさんが経験した出来事です。
「Tinder」が2019年のトレンドレポートを公開。計測方法はユーザーのプロフィールに書かれている言葉を抽出したというシンプルなもの。とはいえ、その結果...
多くのミレニアル世代が使っているTinderが、アメリカの大学で新学期が始まるタイミングに合わせて、大学生限定のサービスを始めました。
コロナ渦の中で生まれた、新しい言葉をご存知ですか?いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回はコロナがきっかけで広がったソーシャルディスタンス、ソーシャ...
世界最大級のマッチングアプリであるTinderは、LGBTQユーザーのために新機能を追加した。その機能とは、同性愛が違法とされる国に旅行中のユーザーを「リ...
4月2日、世界最大級のライフスタイルアプリ「Tinder」が、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、多くの国や地域で外出自粛要請などが出...
ミレニアル世代から人気を集めているデートアプリ「Tinder」。その料金制度が年齢差別的であるとして訴えられました。そして、裁判所はジョークを交えつつ、「...
Tinderと同じくらい人気のある「Bumble」が雑誌を出版すると発表しました。どうやってデートをスムーズに進めるのか?など、実生活で役立つ情報を提供す...
「Tinder」が、デート中にSOSを発信できる「パニックボタン」を開発。相手を不審に感じたときアプリからボタンを押すと、ユーザーの安全が確認できるまで連...
「あなたがいちばん感動した本を、ください」。そんな呼びかけをして関東地方のとある森のなかに「青空図書館」を作ろうというプロジェクトが始動した。本の寄贈は、...
9月12日より3週連続、ソーシャル系マッチングアプリ「Tinder」が新感覚の体験サービス「SWIPE NIGHT」を提供することを発表した。
テキサス州オースティンを拠点にする「Perfect Profile」。多忙でデートアプリのプロフィールをおろそかにしがちな独身者を対象に、自分らしさを最大...
Tinderで知り合った、22歳の男性Josh Avsecさんと21歳の女性Michelle Arendasさん。3年かけてマイペースにメッセージを送りあ...
Tinderで知り合った、22歳の男性Josh Avsecさんと21歳のMichelle Arendasさん。二人のやりとりは、そのユニークさで瞬く間に話...
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
プリン、キャラメル、チョコなど、おやつの香りがするマスクのご紹介。
レトロなPCのようなコロンとした見た目のワイヤレススピーカー「DITOO」がかなり万能。ピクセルアートの作成やリマインダーなどの機能を搭載している。
アメリカでは、まさに私くらいの年代(20代前半)を称して「The Age of Tinder(Tinder世代)」と呼ぶらしい。分からなくもないのは、日本...
8月6日、女性のエンパワーメントを推進する目的でデートアプリ「Bumble」が、eスポーツ団体「Gen.G」と共同で、女性だけのeスポーツチーム「Gen....
EU離脱か残留か、その賛否を問うイギリス国民投票に全世界が固唾を飲んで見守った2016年6月23日。結果は周知の通り。多くの報道でも伝えられているように、...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...