「Tinder」ユーザーはリベラル派が多い? 2019年のトレンドレポートが公開

「Tinder」が2019年のトレンドレポートを公開。計測方法はユーザーのプロフィールに書かれている言葉を抽出したというシンプルなもの。とはいえ、その結果はとても興味深い。

ミレニアル世代が使うマッチングアプリという印象もあるTinderだが、現在はZ世代がマジョリティとなっているようだ。

そんな彼らがよく使う言葉は「Real(リアル)」「Lit(イケてる)」など。数年前から盛り上がっている人権運動Black Lives Matterで頻繁に使われるようになった“社会で起きていることを認識する”を意味する「Woke」も、そのひとつ。

トレンドトピックには映画キャラクター「Captain Marvel(キャプテン・マーベル)」ラッパー「Lizzo(リゾ)」やアメリカ合衆国上院議員「Elizabeth Warren(エリザベス・ウォーレン)」などが入っている。政治家が話題になっているあたりは、Z世代が政治にも関心があることの証であり、彼女たちが女性としての象徴になっているとTinderは予測。

また、アメリカ国内の政治に関する言葉に限定した場合は、大統領の「Donald Trump(ドナルド・トランプ)」も話題になっているそうだが、同じくらい政治家の「Alexandria Ocasio-Cortez(アレクサンドリア・オカシオ=コルテス)」や「Bernie Sanders(バーニー・サンダーズ)」、環境問題活動家の「Greta Thunberg(グレタ・トゥンベリ)」もユーザーのプロフィールに出てくるという。一言で表すのは難しいが、アメリカのTinderユーザーにはリベラル派が多いようだ。

余談だが、このトレンドレポートによると、東京にいるユーザーは世界のどこよりも多くスワイプをしていたとのこと。

Top image: © Tinder
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
世界最大級のマッチングアプリであるTinderは、LGBTQユーザーのために新機能を追加した。その機能とは、同性愛が違法とされる国に旅行中のユーザーを「リ...
TinderのWEBサイトによれば、アメリカで身長が6フィート(約183cm)以上ある人は14.5%しかいないのに対して、ユーザーの約80%が6フィート以...
12月11日、世界最大級のアダルトサイト「Pornhub」が2019年のトレンドレポートを公開した。
多くのミレニアル世代が使っているTinderが、アメリカの大学で新学期が始まるタイミングに合わせて、大学生限定のサービスを始めました。
1月、新しいコンセプトのジビエ鹿革専門のバッグブランド「エニシカ」が神戸で誕生。
Tinderの新しい使い方の紹介です。タイプの女性や男性に出会うだけでなく、あなたが抱える悩みをカンタンに解決できるかもしれません。
イギリスに暮らすKimberley Latham-Hawkesfordさんが経験した出来事です。
「Pinterest」が次に来るであろうトレンドを10のカテゴリ別にまとめた「Pinterest 100」を発表。ユニークで興味深いトレンドが満載。
Tinderで知り合った、22歳の男性Josh Avsecさんと21歳の女性Michelle Arendasさん。3年かけてマイペースにメッセージを送りあ...
ミレニアル世代から人気を集めているデートアプリ「Tinder」。その料金制度が年齢差別的であるとして訴えられました。そして、裁判所はジョークを交えつつ、「...
ファーマーズマーケットで火がつき、「Whole Foods Market」で人気となった、ロンドンで話題の「白いキムチ」。
米グロサリー・ストアチェーン「Whole Foods Market」が、2020年の食品トレンド予測を発表。
Tinderで知り合った、22歳の男性Josh Avsecさんと21歳のMichelle Arendasさん。二人のやりとりは、そのユニークさで瞬く間に話...
アメリカ発の大手モバイル決済サービス「Square」が、アメリカ国内でのモバイル決済のデーターをもとに算出した「2020年のトレンド予測」を発表。その内容とは?
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
「フォルクスワーゲン」が来週21日まで開催する「The No Show Room」と題したキャンペーンは、とある森の中に設置されたショールームを見つけると...
オーストラリア大規模森林火災で被害にあった動物たちのために、ニンジンやじゃがいもをヘリコプターで空中から投下する「ロックワラビー作戦」が実施中!
西アフリカを代表する古代穀物「フォニオ」。食糧危機を救い、栄養価の高い“第二のキヌア”として注目される、このスーパーフード。2020年の食トレンドのカギを...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
さすがは「アメリカでもっともヘルシーなスーパー」という看板を担うだけあって、トップ5にもヘルシーやエコの観点を欠くことはありません。
EU離脱か残留か、その賛否を問うイギリス国民投票に全世界が固唾を飲んで見守った2016年6月23日。結果は周知の通り。多くの報道でも伝えられているように、...
Tinderと同じくらい人気のある「Bumble」が雑誌を出版すると発表しました。どうやってデートをスムーズに進めるのか?など、実生活で役立つ情報を提供す...
2019年も『コリンズ英語辞典』からワード・オブ・ザ・イヤーが発表された。今年選ばれたワードは、人々の環境問題への意識の高まりを表した“あの言葉”......。