ニューヨークの
国連本部に設置された
「最強の武器」

ニューヨークにある国連本部の敷地内に設置されたベンチがある。その名も「The Best Weapon(ザ ベスト ウェポン)」。訳すと「最強の武器」だ。

このベンチは「外交と対話」の象徴として造られた。両端が反り上がったデザインとなっていて、ふたり以上で座ると必然的に互いに近い距離となる。そこに会話が生まれるようにという狙いだ。

表面には、ネルソン・マンデラの名言「The best weapon is to sit down and talk(最強の武器とは対話することだ)」も彫られている。

ベンチの設置は9月まで。その後は、オスロにあるノーベル平和センターへ移される予定。毎年ノーベル平和賞が発表される地から、「平和」を発信し続けるような存在になるのだろう。

Top image: © Lars Tornøe
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
あこがれの街。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
サステイナブルな居住開発に取り組む「国連ハビタット」。進行する地球温暖化とそれによって生じる海面上昇を踏まえて、水に浮かぶ都市について議論しました。
「一風堂」ニューヨーク支店の制服が、かっこ良すぎ!ニューヨークの「一風堂」が新たに取り入れたスタッフ用ユニフォームが、他に類を見ないスタイリッシュなものに...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
ニューヨークの地下鉄の車内で、突如カップルが卓球を開始!周囲の乗客はあ然……。その様子が映った動画がTwitterで話題に。
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
ハドソン川沿いで今、ニューヨーク最大規模と言われる再開発が話題となっています。それが「ハドソンヤード」。注目を集める一方で、地元住民は複雑な思いを抱えてい...
コワーキングスペースだったりサウナだったり、モビリティの多様化は欧米を中心にとどまることを知りません。ニューヨークシティを走り回っているのは「瞑想スタジオ...
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
9月20日、ニューヨークの5番街のAppleストア「Apple Fifth Avenue」が再オープン。2017年1月20日に仮設店舗に移転していたので、...
8月6日、ブルックリン・ネイビー・ヤードで、スタートアップ企業「Optimus Ride(オプティマス・ライド)」の自動運転車の運行がスタートした。7:0...
大都会に住んでいると、他人とのコミュニケーションが希薄になり孤独を感じがち。だからこそ、隣人との繋がりが生まれるよう構想されたアパートがあります。丸や四角...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾はニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気が...