無数の線で「歪んだ空間」

写真で見るだけでも、どこまでが壁なんだかがわからない……建物の中ということを忘れてしまいそうな空間です。

6061704173584384
©Studio Peter Kogler
4969294274232320
©Studio Peter Kogler
5376478212521984
©Studio Peter Kogler
5940186764541952
©Studio Peter Kogler
5936139965825024
©Studio Peter Kogler

この気が遠くなるような線を描いたのは、Peter Koglerさん。部屋がまるごとひとつの作品になっています。まるで、空間そのものが歪んでいるように見えます。

過去には、パリやイスタンブール、ウィーンなどで実際に展示されたそうですが、日本にもきてくれないかな〜。

Top image: © Studio Peter Kogler
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
作品は、日本人アーティストの相羽高徳氏によるもの。海外では「Bonsai Tree House」とも呼ばれて話題になりました。盆栽模型とジオラマが組み合わ...
急激な体型の変化により皮膚が伸ばされることで、肌の表面にできてしまう「ストレッチマーク」。個人差はありますが、お腹や太もも、おしりなどに、ひび割れのような...
グッドデザイン賞2017を受賞した「さがデザイン」という取り組みを、同取り組みの一貫であるオンラインポストカードをとっかかりとして紹介する。「さがデザイン...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。
広々とした空間に、白いオブジェクトが浮かぶ——。長いプリーツが螺旋状に渦を巻くこのインスタレーションは、日本を代表する建築家・隈研吾がデザインした「Bre...
日本が誇る絶景「富士山」を舞台とし、20台を超えるドローンの編隊飛行、三味線の生演奏、そしてMIDIコントロールされた1万6,500個のLEDライトが一斉...
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
あえて、「虫食い穴」を楽しみたい。
日本のテクノロジーとスペインのデザインを融合させることで、大きなシナジー効果が生まれます。今回は、他の欧米諸国ではなく「なぜ、スペインのデザインなのか?」...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
小さな空間を贅沢な別荘にするために、オーナーである建築家が考えた工夫とは?今回は、巻き上げ式ベッドや折りたためるテーブルなどの巧みなアイデアで、スペースを...
IKEAがコペンハーゲンに作ったイノベーション・ラボ「SPACE10」が、いま注目を集めています。世界中の若きクリエイターたちが集まるこのラボでは、未来の...
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。