旧ソ連時代の印刷会社を改装したジョージアのホテル

ジョージアの首都トビリシにあるホテル「Stamba Hotel」。洗練された姿ながらも、どこか趣が感じられるこのホテル。それには特別な理由がありました。

ここは、遡ること旧ソ連時代、国内初の共産主義の新聞を刊行したこともあるという印刷会社でした。現在はホテルにつくりかえられていますが、当時の壁や天井、柱はそのままにされています。

特に活きているのが共有スペースです。装飾もされず露わになったソレは、印刷作業が行われていた場所の素材を活かしたまさにインダストリアルスタイルな内観。

晴れの日には、ガラス張りの外壁から大量の陽の光が差し、無機質な壁や柱が醸す無骨な空気感を和らげます。

キレイに塗り替えられている部分もあり、宿泊用の部屋は白を基調にしたインテリアなど、ホテルとしての清潔感は各所に見られます。

こんな風にかつての建築物が新たなかたちで活かされるって素敵ですよね。時代を繋ぐ新たな建築のカタチかもしれません。

©2018 Stamba Hotel
©2018 Stamba Hotel
©2018 Stamba Hotel
©2018 Stamba Hotel
©2018 Stamba Hotel
Reference: Stamba Hotel, Dezeen
Top image: © 2018 Stamba Hotel
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
タコベルがカリフォルニア州パームスプリングスに期間限定でホテル「The Bell: A Taco Bell Hotel and Resort」をオープンします。
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。
淡いピンク色を基調にした屋外プールがかわいい「Paradiso Ibiza Art Hotel」。インテリアデザインも特徴的で、ホテル内の至るところがフォ...
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会が、ホテル「Hotel Peter & Paul」として生まれ変わりました。
2019年にオープンから125周年を迎えたアメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズにあるホテル「The Roosevelt New Orleans」が、「ホ...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
ハッリ・コスキネンが監修するカプセルホテル「MAJA HOTEL KYOTO」が、2019年12月に京都に開業。
ジョージア(旧グルジア)とロシアの国境をまたぐ、コーカサス山脈に位置するGudauri山は、隣国からスキーリゾート客が訪れる冬場の観光地らしい。この山の中...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
観光産業が著しく成長しているスリランカですが、国の玄関のほど近くから癒やしのホテルが迎えてくれます。「The Wallawwa」は、バンダラナイケ国際空港...
顔認証システムにどんなネガティブな意見があっても行ってみたい、アリババのホテル「FlyZoo Hotel」。
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...