立ち入ったら「死刑」……
になるかもしれないタイのビーチ

突然ですが皆さん、旅行へ行くとき、その土地のルールにはちゃんと従っていますか?最近では、“座り食い”や“歩きスマホ”を禁止する有名観光地もあります。「見つからなければOK!」なんて高を括っていたら、大変なことになるかもしれませんよ……。

というのも、タイから「最悪の場合、死刑」なんていう話が飛び出したから。

話の渦中にあるのは、プーケットにあるマイカオビーチ。ここは近年、青い海よりも、近隣空港に着陸しようと低空飛行する飛行機と、セルフィーが撮れるスポットとして有名。でもこれ、地元当局はかなり迷惑しているようで……同ビーチの一部をクローズしようと計画中。タイの新聞「バンコクポスト」が報じるところによると、プーケット空港の幹部は「最悪の場合、死刑に」と警告しているといいます。

どのようなケースが「死刑」に繋がるかは不明ですが、「だって知らなかったんだもん」では済まされない話になるでしょう。郷に入っては郷に従え、です。

Reference: Bangkok Post
Top image: © bizer_
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
原宿にオープンした『Chabadi』では、タイのドリンクを買うことができます。味はもちろんのこと、ビジュアルでも楽しめる飲み物が用意されていますよ!
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。タイのセブンは、本当にコンビニエンス(便利)!食べ物やお菓子が安くて美味...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
「THE MARC JACOBS」から「THE TOTE BAG MINI TRAVELER TOTE」が日本先行販売で登場。特徴はカジュアルなキャンバス...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
建設コストや温室効果ガスの排出量を減らすことにも成功しています。
ローマを拠点にするデザイナーUmberto Menasci氏は、“アフターコロナ”の時代の新しいビーチの形として「SAFE BEACH」と題したデザイン案...
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
元サッカー日本代表の中田英寿氏と「J-WAVE」がコラボしたエンターテインメントレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」が、明日7/1...
「株式会社THEATER GUILD」が、7月1日、サブスクリプション型映画館「シアターギルド」をオープン。専用ワイヤレスイヤホンで独特の没入感が楽しめる。
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
料理はもちろん、空間、客層、スタッフ、雰囲気と首尾一貫オールThai!!で攻めまくりの屋台メシ。
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...