「ドミニカ共和国にある100のビーチ」を体感できるカタログ

ドミニカ共和国には美しいビーチがある!

なんてこと、カリブ海に浮かぶ島だから容易に想像できるのですが、同国はある悩みを抱えています。

同国の旅行会社Sweet Memoriesの調査によれば、国外からの観光客はだいたい3つのビーチにしか足を運んでいないそう。「200ヶ所以上もビーチがあるのになんで?」というのが彼らの悩みというわけです。

とはいえ、どこのビーチも写真でみると同様に美しい。それぞれの魅力を写真やテキストで説明しても、どこも同じになっちゃいます。そこでより多くの人により多くの場所で海を楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。

このカタログの主役は、透き通るような青い海の写真やそれを形容した秀逸なコピーではありません。約100ヶ所ものビーチの砂が貼り付けられています。読者は実際に砂を触って、行きたいビーチを選ぶことができるんです。

そもそもなんですが、ビーチの砂にこんなに違いがあるなんて知らなかった!

Reference: Beach Colors ®
Top image: © 2018 McCann Santo Domingo / Sweet Memories by Analiz
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
低空飛行する飛行機とセルフィーが撮れるスポットとして有名な、プーケットのマイカオビーチ。でもこれ、地元当局はかなり迷惑しているようで……同ビーチの一部をク...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
“100人の100歳越えによる100歳になるアドバイス”をまとめたWEBサイトの紹介です。
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキ...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。