「WEBデザインの博物館」みたいなサイト

日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。

例えば、皆さんがよく使っている「Google」がどのようにして現在のデザインに至ったのかを知ることができます。いろいろな企業の変化をチェックしていると、昔のWEBサイトは文字情報が非常に多かったんだな〜という印象。

好きな会社の変化をチェックしたり自分の生まれた年代のサイトを見てみたり、いろんな楽しみ方ができそうです。懐かしささえ覚えますね。

Top image: © Web Design Museum
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
全国で展示会などが中止に追い込まれているなか、日本の陶芸界を盛り上げようと、Instagramで展開してきた日本の焼き物紹介マガジン「大人の焼き物」がオン...
すべての音楽をジャンルに当てはめることは難しいでしょう。けれど、少なくとも1371個は存在しているようです。このwebサイトをちょっと見てみて!ジャンル名...
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
「Cities and Memory」は、世界75カ国からその土地の音を2,000以上集めたWEBサイトだ。トップページの世界地図にはフィールドレコーディ...
WEBサイトからドリンクボトルを注文し、ボトルキープができるプロジェクト「Bottle Keep Tokyo」がスタート。元気をくれた馴染みある飲食店を支援
今や日本語にも対応しているKickstarterが、規模の小さいキャンペーンだけを集めた特設サイト「Quickstarter」をローンチしました。
「Youarelistening.to」は、リアルタイムでアメリカ警察が無線を使って話している音声とアンビエントな音楽を融合させて、ストリーミング放送をし...
「VeggieHotels」は、ヴィーガンやベジタリアン向けの食事を提供するホテルやB&B、ゲストハウスなどを掲載しています。その数500件以上。アジア、...
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
ご存知の通り、この図法は面積を視覚的に正しく表現できていないのだ。しかしこのたび、各国の本当の大きさを把握できるWEBサイトが開発され、大きな話題になっている!
ロンドンの若者が集まる街、カムデンに「女性器」をテーマにした「Vagina Museum」が11月16日にオープンする。
12月4日、「TED」が「Countdown(カウントダウン)」という特設サイトをローンチした。目的は気候変動を注意喚起するためだ。
来月オープンの「USJ」の新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の世界感をバーチャル体験できるスペシャルWEBサイトが公開中。
デザイナーEvgeny Maslovさんが生み出した「BUMASK」は、ダンボールでできたマスクだ。実際に着用する際には口元にハンカチなどを入れればOK。...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
インディアナ大学とキンゼイ研究所による共同研究をもとに立ち上げられたwebサイト「OMGYES」は、女性の性的な悦びの質を高めるために、その知識と技術を共...
ここでは、少しニッチなデートサイトを紹介します。知ると、こんなものまで?と思うかもしれません。
「前職は違う仕事をしていて、右も左も分からず、ノウハウがない状態でスタートしたんです」
Spotifyのプレイリストをシェアできるプラットフォーム「DIGLE」のオウンドメディア「DIGLE MAGAZINE」。
ホワイトノイズを、ケンタッキーフライドチキンの特設WEBサイト「KFCHILL」で聞くことができます。
残念ながらベルリンでしか使えません、この「DiscoEat」は。だけど、同じようなレストラン予約サイトが日本でローンチされたら、結構人気が出ると思います。...