「WEBデザインの博物館」みたいなサイト

日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。

例えば、皆さんがよく使っている「Google」がどのようにして現在のデザインに至ったのかを知ることができます。いろいろな企業の変化をチェックしていると、昔のWEBサイトは文字情報が非常に多かったんだな〜という印象。

好きな会社の変化をチェックしたり自分の生まれた年代のサイトを見てみたり、いろんな楽しみ方ができそうです。懐かしささえ覚えますね。

Top image: © Web Design Museum
他の記事を見る
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
すべての音楽をジャンルに当てはめることは難しいでしょう。けれど、少なくとも1371個は存在しているようです。このwebサイトをちょっと見てみて!ジャンル名...
「Cities and Memory」は、世界75カ国からその土地の音を2,000以上集めたWEBサイトだ。トップページの世界地図にはフィールドレコーディ...
今や日本語にも対応しているKickstarterが、規模の小さいキャンペーンだけを集めた特設サイト「Quickstarter」をローンチしました。
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
「Youarelistening.to」は、リアルタイムでアメリカ警察が無線を使って話している音声とアンビエントな音楽を融合させて、ストリーミング放送をし...
インディアナ大学とキンゼイ研究所による共同研究をもとに立ち上げられたwebサイト「OMGYES」は、女性の性的な悦びの質を高めるために、その知識と技術を共...
ここでは、少しニッチなデートサイトを紹介します。知ると、こんなものまで?と思うかもしれません。
Spotifyのプレイリストをシェアできるプラットフォーム「DIGLE」のオウンドメディア「DIGLE MAGAZINE」。
「前職は違う仕事をしていて、右も左も分からず、ノウハウがない状態でスタートしたんです」
ホワイトノイズを、ケンタッキーフライドチキンの特設WEBサイト「KFCHILL」で聞くことができます。
残念ながらベルリンでしか使えません、この「DiscoEat」は。だけど、同じようなレストラン予約サイトが日本でローンチされたら、結構人気が出ると思います。...
数年前にスロベニアを訪れたときのこと。持参したガイドブックに「四国とほぼ同面積」という記載を見つけ、非常に驚いた記憶がある。要因は、私たちが見慣れた「世界...
撮影したArkadiusz Podniesinskiさんは、自身のwebサイトでこう語っています。「7年前にチェルノブイリを訪れた時には、同じような災害が...
スニーカーを株のように取引できるWEBサイト「StockX」にも注目されるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人です。
2018年5月22日からノルウェー・エアシャトルのWEBサイトでは、気温を条件に目的地が選べるようになりました。
毎日たった4分。スマホがあれば、いつでもどこでも体をOFFからONへスイッチできる「WEB体操第1」。YouTubeに公開されたばかりですが、そのコミカル...
TinderのWEBサイトによれば、アメリカで身長が6フィート(約183cm)以上ある人は14.5%しかいないのに対して、ユーザーの約80%が6フィート以...
9月6日に開催された受賞イベント「Pornhub Awards」に合わせて、ロングスリーブTシャツを一緒に制作しました。
明日でいいやーーが口癖のあなたに必要な"ムチ"を打ってくれるサイトがコレ!なんと、ちゃんと期日までに目標を達成しないと、口座から罰金が引き落とされてしまう...