「なんでコレ作ったの?」ばかりを集めたwebサイトをKickstarterがローンチ

Kickstarterが、特設サイト「Quickstarter」をローンチしました。アイデア一発、思わず「どうしてこんなの作ったの?」とツッコミたくなるアイテムばかりを集めています。

例えば、穴が空いているポストカードやフックの付いたウォールシェルフ、植物の種がついているゲームカードなどなど。

この「Quickstarter」を始めたOscar Lhermitteさんは、とりあえずアイデアをシェアしてみようよというスタンス。だからなんですね、細かい部分まで気にしてないプロジェクトばかりです。

でも、どのアイテムの値段も50ドル以下に設定されているので、誰でも気軽に支援可能。暇つぶしに覗いてみるのにピッタリ。こういう気軽なクラウドファンディングもいいですね。

©2018 Quickstarter
©2018 Quickstarter
©2018 Quickstarter
Top image: © 2018 Quickstarter
他の記事を見る
日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
残念ながらベルリンでしか使えません、この「DiscoEat」は。だけど、同じようなレストラン予約サイトが日本でローンチされたら、結構人気が出ると思います。...
「Cities and Memory」は、世界75カ国からその土地の音を2,000以上集めたWEBサイトだ。トップページの世界地図にはフィールドレコーディ...
いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。
Kickstarterでクラウドファンディング中の「LastSwab」は、シリコンでできた“綿棒”。水洗いをすれば、繰り返し使えるのがウリです。
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
ここでは、少しニッチなデートサイトを紹介します。知ると、こんなものまで?と思うかもしれません。
すべての音楽をジャンルに当てはめることは難しいでしょう。けれど、少なくとも1371個は存在しているようです。このwebサイトをちょっと見てみて!ジャンル名...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「Youarelistening.to」は、リアルタイムでアメリカ警察が無線を使って話している音声とアンビエントな音楽を融合させて、ストリーミング放送をし...
明日でいいやーーが口癖のあなたに必要な"ムチ"を打ってくれるサイトがコレ!なんと、ちゃんと期日までに目標を達成しないと、口座から罰金が引き落とされてしまう...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
普段何気なく使っている日本語が、いかに奥深いものであるか。なんとなくは分かっていたものの、改めて“特殊な言語”を扱っていることに気づかされます。「Othe...
フランスの航空会社「エールフランス」が、キャンセルをしたフライトのチケットを売りさばけるWEBサイトを創設しました。
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...