「Kickstarter」で大成功!“持ち運べるレコードプレーヤー”の予約が開始!

「Kickstarter」で資金調達を始めるやいなや、新旧のレコード愛好家の心を掴み、たちまち大成功を収めたポータブルレコードプレーヤー「Coturn CT-01」

ベルリンの工業デザイナーであり、熱心なレコードファンでもあるBenjamin Grossjohann氏が設計した今製品がついに発売するという!

レコードプレーヤーといえば大きくて持ち運びが困難な物が多いが、この製品はターンテーブルとアーム以外の無駄なものを削ぎ落とし、かつてないコンパクト化に成功。不安定なアーム部分は収納することで、手軽に安全に持ち運ぶことができるのだ。

もちろん、すべてのレコードの規格・回転数に対応をしており、Bluetoothからスピーカーへと音楽を飛ばすことも。内臓バッテリーで最大16時間の再生が可能となっており、外でレコードを楽しむこともできる。

現在、Kickstarterを通して€299(記事執筆時点約3万4000円)から予約を受付中。通常盤の「Classic coturn Edition」に加えて、レコードレーベル「Jakarta Records」「Habibi Funk Edition」とコラボレーションした限定版もラインナップされているようだ。

近年盛り上がりを見せているレコード市場。このプレーヤーを購入して、レコードの温かい音に触れてみてはいかがだろう。

Top image: © Coturn
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Spinbox」は、DIYターンテーブルKITだ。このパッケージの中には、ターンテーブルをはじめ電子回路、スピーカー、ケーブル、音量つまみなどレコードプ...
レコードプレーヤーに革命が起きた。これまでレコードを聴くには、ターンテーブルの上にレコードを置くのが常識だった。しかし、この「LOVE」は、真逆。何と、レ...
木目調のレトロなデザインが特徴的なCDプレーヤー「SINGLE」が応援購入サービス「Makuake」で販売中。トグルボタンをはじめとする昔懐かしいディテー...
新型コロナウイルスの流行を受けて音楽の物理媒体の売り上げが低迷するなかでも、家庭でレコードをかけるという人は増えているようだ。ついに米国では、今年上半期に...
「World Brewers Cup 2016」チャンピオンのトップバリスタ・粕谷哲氏と、フレブル専門誌『BUHI』がコラボして作ったコーヒーが発売。ナッ...
レコードのカッティングから再生まで楽しめる「トイ・レコードメーカー」が『大人の化学マガジン』より発売。初心者でも堪能できる手軽なレコード体験を!
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
スマホを持ち歩かずにSpotifyの音楽を楽しめるプレーヤー「Mighty」の販売が開始された。
〈ANOD(アンドー)〉というメーカーのポータブルカセットプレーヤーです。3,000円出せば新品が買えるというチープさ。カセットの音を楽しみたい人はコレで。
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
11月1日は「ワン・ワン・ワン」の“犬の日”。犬好きも、そうでない人も、あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「そんなのあるのか!」...
アメリカで話題をさらい、発売から2週間で完売した「オレオ ミュージックボックス」が日本上陸!
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
世界最大のラム酒ブランド「BACARDI」が、使い捨てプラスチックストローを回収して限定レコードにアップサイクル。
今や日本語にも対応しているKickstarterが、規模の小さいキャンペーンだけを集めた特設サイト「Quickstarter」をローンチしました。
大人気キャラクター「Barbie(バービー)」のYouTubeチャンネルに、黒人の友人Nikkiが登場。彼女の差別の体験談を聞き「人種を理由に差別されるの...
先月23日、「JAXA(宇宙航空研究開発機構)」が日本人宇宙飛行士を新たに募集すると、萩生田光一文部科学大臣が発表した。
近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。レ...
子どもの頃、オレオと言えば「おやつ」ですよね。でも大人になると、どうやら違う楽しみ方があるみたい。「レコード」の代わりに曲を流して音楽を楽しむことができる...
現在、音楽市場で最大のシェアを誇るストリーミングサービス。10年前にはCDなどの物理媒体が全体の半分を占め、デジタルダウンロードが38%、それに次いだ7%...
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
11月20日、レストランやカフェ向けの店内音楽を提供している「PlayNetwork」が、「Apple」と提携して「Apple Music for Bus...