プラモデル感覚で組み立てられる「レコードプレーヤー」が調子いい

どんなにデジタルデバイスに慣れ親しんだとしても、レコードで聞く音楽は格別。あたたかくて味わい深い、アナログ感がたまらない。でも、いくらプッシュしたいからといって、イチからオーディオ機器をすべて揃ろとまでは、さすがにオススメする側としても…。だから、最初の1台はこんなターンテーブルからスタートしてみるのも悪くない。

30分もあれば完成
手づくりレコードプレーヤー

「Spinbox」は、DIYするレコードプレーヤーKITだ。ターンテーブルをはじめ電子回路、スピーカー、ケーブル、音量つまみなど、レコードプレイに必要なツールがオールインワン。しかも、プラモデル感覚で組み立てられるという楽しさもあるようだ。

オーディオ機器をすべて組み立て?も、実際には分かりやすくて、30分もあれば完成するらしい。

手軽さが受け入れられ、
コミュニティを生むメガヒットに

そもそもこの商品、台湾人DJのある想いから開発がスタートしていた。プロデューサーDJ Question Markは、自らもレコードをリリースし結構な支持を得ていたらしい。けれどアルバムを贈ったり、買ったりした友人のほとんどが、彼のレコードをインテリアとして部屋に飾るだけ。つまり聞いていなかったことを知る。友人たちに尋ねると、みな興味はあっても機材を揃えることに躊躇していた。

そこでDJ Question Markは、誰でも楽しめる、手頃な価格のレコードプレイヤーを作ることに決めたのだという。

そして、彼は、友人たちと一緒に「Spinbox」のプロジェクトを2015年にスタート。1年以上の開発期間を経て、台湾国内でのクラウドファンディングを通じ、3ヶ月でおよそ4,000台のセールスに成功。

おもしろいのは、台湾ではすでに「Spinbox」を通じてコミュニティが出来上がっているという点。彼らの夢は、いまさらに大きく膨らんでいる。

DJ Question Markたちは「Kickstarter」を通じて、世界中へと坂路を拡げるための資金を調達中。現時点での提示価格は1セットが99ドル(約11,000円)から。アンプやスピーカーが内蔵されていてこのプライスは、正直お手軽だ。

Licensed material used with permission by Spinbox, Spinbox Japan, Spinbox Global, Spinbox.HQ Instagram, Spinbox Team twitter
レコードプレーヤーに革命が起きた。これまでレコードを聴くには、ターンテーブルの上にレコードを置くのが常識だった。しかし、この「LOVE」は、真逆。何と、レ...
近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。レ...
アナログレコードを聴くことに対して、敷居の高さを感じていた私。だけど、CROSLEYが販売する「MESSENGER TURNTABLE」には親しみやすさを...
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
まるで鉄道模型みたいに、盤上をクルクル走る小さなボックス。これでレコードを再生できるのだ!「RokBlok」を走らせれば、ブロックそれ自体から音が出る。B...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
子どもの頃、オレオと言えば「おやつ」ですよね。でも大人になると、どうやら違う楽しみ方があるみたい。「レコード」の代わりに曲を流して音楽を楽しむことができる...
〈ANOD(アンドー)〉というメーカーのポータブルカセットプレーヤーです。3,000円出せば新品が買えるというチープさ。カセットの音を楽しみたい人はコレで。
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
ホームページは存在しない、情報は不定期でポストされるFacebookページのみ、70年代の少しスモークがかった白いメルセデス・ベンツのバンは突如ベルリンの...
YouTubeやSpotifyのURLを入力すれば、AIが2つの楽曲を自動でくっつけてくれる『Rave DJ』というサイトを発見。
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。前々回、前回に続いて、the band apartのドラマー・木暮栄...
2013年から赤ちゃんのためのDJ教室を開いている「Baby DJ School」。ブルックリンを皮切りに、今ではニューヨークシティ、シカゴ、ロサンゼルス...
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...