30周年を迎えるゲーム「MOTHER」、透明アナログレコードになって12/25復活!

1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛け伝説的な人気を集めたゲーム「MOTHER」。このオリジナルサウンドトラックが、ゲーム発売30周年を記念して、初の日本版アナログレコードとして、2019年12月25日、ソニー・ミュージックダイレクト」から発売される。

「MOTHER」は90年代、現代的な世界で展開される不思議な物語と、普通の人間や動物が敵として出現するなど斬新なアイデアが異彩を放ち、多くの人気を得た作品。21世紀になってからもリメイク作品が販売され、永きにわたって愛される「任天堂」の名作だ。

今回リリースされるレコードは、透明なビジュアルの2枚組。各盤面はSIDE-A〜SIDE-Dと名付けており、SIDE-Dには、楽曲そのままではなく、ゲームの進行に沿ったBGMがメドレー形式で収録されているという。

発売当時にこのゲームにハマったプレイヤーならノスタルジックな世界に浸れること請け合いだ。

©ソニー・ミュージックダイレクト

『MOTHER オリジナル・サウンドトラック』
【発売日】2019年12月25日
【品番】MHJL-127-128
【仕様】12インチ・アナログレコード2枚組
【価格】5000円+税
【販売元】ソニー・ミュージックダイレクト

Top image: © ソニー・ミュージックダイレクト
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
世界最大のラム酒ブランド「BACARDI」が、使い捨てプラスチックストローを回収して限定レコードにアップサイクル。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。