懐かしの「Nyan Cat」が10周年を迎えオークションに出品!?

あの耳に残るサウンドと愛らしいキャラクターの組み合わせから世界中で流行した「Nyan Cat」が、なんと今年で10周年を迎えるらしい。

多数の派生作品を生み出し、インターネットミーム化した「Nyan Cat」は、各種SNSなどですっかりお馴染みのキャラクター。

そんな「Nyan Cat」が、テック界隈で近頃話題となっている「NFTアート」として、デジタルアート専門オークションサイト「Foundation」に出品されたらしい。

その最終落札価格は……なんと約4800万円

© withFND/Twitter

「NFTアート」とは、芸術作品と紐付けされた固有の価値を持つトークンのこと。

ブロックチェーン技術を用いることで、作品の取引記録が保存され、その改変も難しいことから、新しい資産の保有の仕方として注目を集めているものだ。

ちなみに出品された「Nyan Cat」は、オリジナルを少し改変したリマスター版であり、オリジナルに関しては作者であるクリス氏自身が保有しているとのこと。

それにしても発表から10年経ったキャラクターで、これだけの値段がつけられるなんて、なかなかないのではないだろうか……?

恐るべし……Nyan Cat……。

Top image: © Polunina Mariia/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事