「Google Maps」が15周年を迎えて大型アップデート!

「Google」の開発する「Google Maps」が、今月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施する。

今回のアップデートで、メイン画面にタブ機能が追加されたほか、交通機関情報拡張「ARナビ機能」が更新、さらにアイコンをはじめとしたデザインが変更された。

交通機関については今までも十分に乗換案内アプリとして利用できた同アプリだが、今回の拡張によって、車内温度優先席の有無など、より細かい情報にアクセスできるように。

さらに日本だけの機能として「より座りやすい車両」を表示してくれる機能が備わっているのだとか。なお、同機能は3月から提供予定。

去年からサービスが始まった「ARナビ機能」は、さらに丁寧な案内が受けられるようになり、駅を出てから方角を気にする必要はなくなるとのこと。

また、タブ機能の追加によって、レストランや施設などのレビューページへアクセスしやすくなったところもポイント。この機能を使えば、見知らぬ土地へ訪れたときでも、評判のいいお店をすぐに見つけることができる。

Googleは毎日2000万ビットの利用データをユーザーから蓄積。その膨大なデータを活用して今後も各種機能を充実させていく予定だ。

恐るべし……Google……。

© Google Maps/YouTube
Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事