Google Mapsがまた進化した!「バイクシェア」のリアルタイム表示が始動

2019年7月16日、世界16ヵ国の都市でGoogle Maps上に「バイクシェア」のリアルタイム情報が表示されるようになった。

ここでいうバイクとは、エンジン付きのバイクではなく自転車のこと。

今回のアップデートのポイントは、Google Maps上で近くのバイクステーションの場所とリアルタイムの在庫数を確認できるようになったこと。もちろん、この機能はバイクの返却場所を探す際にも非常に役に立つ。

使い方は、じつに簡単。Google Maps上で「Santander cycle hire」を検索する、ただそれだけ。

バイクシェアというシステムは、移動の際に小回りが効くという利便性とCO2削減の観点から、観光客などを中心に重宝されているサービス。

ちなみに、この便利なバイクシェア表示機能は、残念ながら現時点では日本では未対応。現在は、ニューヨーク(アメリカ)、モントリオール(カナダ)、リオデジャネイロ(ブラジル)、ロンドン(イギリス)、バルセロナ(スペイン)、ベルリン(ドイツ)、リヨン(フランス)、ウィーン(オーストリア)、新北(中国)などの全24都市で利用が可能とのこと。

今後もGoogle Mapsの進化から目が離せない。 

Top image: © 2019 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
画像認識により手話を翻訳、モニターに表示させるシステムを開発した企業Signall。15人の熟練の研究者が集い、手の動きや速さ、表情を読み取り手話独自のニ...
アイスランドの北西部に位置する「ボルンガルヴィーク」。フィヨルドが特に有名です。近年観光客が増えているのも踏まえて、ここの市長Jón Páll Hrein...
Google傘下の「Waze」が、10月10日、アメリカで「Waze Carpool」が利用できるようになったと発表しました。
「earnest」が2年間分のユーザー(匿名)のデータをみて、9種類のサービスの月収を、ランキング形式でまとめているのを発見。あくまでアメリカでの話で、日...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
ビデオドラッグという表現を思い出した。
いま話題となっている『ホーム・アローン』✕「Googleアシスタント」の動画。大人になったケビンが、Googleアシスタントで泥棒を追い返す様子が描かれて...
さあこれから、2分半のショートトリップに出かけましょう。旅するのは、ローマやパリ、ロンドン、リオデジャネイロ、ニューヨークなど世界の人気都市の数々。そう聞...
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...