【フィンランド】カーシェアでもバイクシェアでもない「スキーシェア」

世界屈指の雪国として有名なフィンランド。当然のように毎年大量の雪が降り、膝辺りまで積もることもしばしば。移動もままならないこの地で新たな交通手段として浮上したのが......。

フィンランド南部のラハティ市が、世界で初めて「スキーシェアリング」事業を開始した。

仕組みは一般的な自転車共同利用サービスと同じ。街中に設置されたスキーポイントで、スキー板を借りて使用後は返すだけ。現在、スキーポイントは、市内中心部に2つ、「Salpausseläスキースタジアム」付近に1つ設置されている。

ラハティ市は、7度もノルディックスキー世界選手権の開催都市になるほどウィンタースポーツに馴染みが深い都市。地域には合計180kmにもおよぶクロスカントリースキーコースがあるが、スキーシェア事業開始に合わせ、さらに新たなスキー用の道路が設置されているそうだ。

また、同市は2021年の欧州グリーン首都に認定されている。模範的な都市のあり方を示すべく、自転車専用道路の整備、市で排出される輸送関連の二酸化炭素量を市民が監視できるアプリのリリースなど積極的な活動をおこなっている。

ユニークなアイデアでステナビリティを促進する──。

今、人々が楽しみながら参加できる、そんな施策が求められているのかもしれない。

フィンランド スキー シェア
©LAHTI– EUROPEAN GREEN CAPITAL 2021
Top image: © LAHTI– EUROPEAN GREEN CAPITAL 2021
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「カーシェア」について、レンタカーとの違いやメリット・デメリット、おすすめのカーシェアサービスまで、網羅的に解説。
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
「Retaff」は、人員過剰の企業から人手不足の企業へ一時的な雇用の移動を可能にした従業員シェアサービス。雇用ニーズが回復すれば元の職に復帰することもできる。
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
ここで紹介する「Social Balconies」は、隣の部屋などとバルコニーをつなげて、いろんな人との会話が生まれるように設計されています。
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...