部屋の「外」をシェアする新しい提案

シェアハウスで暮らすメリットは、プライベートな部屋を持ちつつも、共同スペースで他の住居人とコミュニケーションをとれること。リビングで一緒にゲームをしたり、ダイニングで一緒にピザを食べたり……。

さて、ここで紹介する「Social Balconies」。隣の部屋などとバルコニーをつなげて、いろんな人との会話が生まれるように設計されています。オランダ人デザイナーEdwin van Capelleveenさんが手がけました。

そのコンセプトを聞くと、「え、隣人に部屋の中を見られちゃうじゃん」と思ってしまうのですが、新しいシェアのカタチだと考えれば、抵抗感は薄れるのではないでしょうか。

つまり、ここで住居人と共有するのは、リビングやダイニングじゃなくて、バルコニーってことです。

部屋の“外”をシェアするから、プライベート空間とそうでない空間の線引きがはっきりしそうです。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
人との出会いや、金銭的な折半ができるなど、シェアハウスのメリットにも様々なものが挙げられますが、日々の暮らしの中で基本になるのは、やっぱり「食」ですよね?...
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
パキスタン出身で医者のRehan Munirさんは、アメリカで仕事経験を積むためにニューヨークで部屋探し。インターネットに自己紹介と写真を掲載したところ、...
アーティスト向けのシェアハウス「うみがめ舎」が、今月1日、江ノ島・鵠沼海岸の近くにオープン。活動の幅を広げるサポートが充実しており、本気でプロを目指す人に...
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。