「イケメンドクター」がNYで部屋を探したら、予想外のフィーバーに発展!

私は過去に4年間ほどシェアハウスに住んでいた時期があるのだけれど、思い出に残っているのはどんな家に住んでいたかより、どんな人たちと住んでいたか。何度か引っ越しもしたが、家の中で顔を合わす回数が多ければ多いほど、ルームメイトには良い意味でも悪い意味でも影響をうけていたと思う。だからこそここまで話題になったのではと感じるストーリーがある。

モデルとして活動をしながら医大を卒業したパキスタン出身のRehan Munirさんは、アメリカで医師としての経験を積むため、ニューヨークで部屋を探していた。コミュニティーサイトに自分の顔写真つきで自己紹介を載せたのだが、これが思わぬ展開に進んでいった…。

「こんにちは、
部屋を探しています」

皆さんこんにちは!

Rehanといいます。マンハッタンのどこかで家具付きの部屋に住みたいと思っています。期間は7月20日あたりから8月末までの予定。予算は約800ドル。少し私のことをお話すると、現在26歳の医者で、滞在中はニューヨークの病院で働く予定です。フレンドリーで簡単に人と馴染めます。きれい好きです。

もし良ければご連絡ください。
どうもありがとう!

満面の笑顔が向けられたこの写真。文章を読むといたって真面目に部屋を探していることが伺える。けれどこの投稿を読んで一部の人たちが熱を上げはじめたのだ。

熱烈アプローチ合戦
スタート!

「めちゃくちゃカッコイイわ!!!彼に貸してあげられる部屋があれば良かった…」

私とならタダで一緒に住めるわよ」

「結婚して!」

これらのコメントは、彼の投稿に寄せられたもの。あまりの熱狂ぶりに「なんてことだ…」とつぶやく人も。

私も毎回シェアハウスを探すたびにコニュニティーサイトを覗いていたが、このようなフィーバーが起きているのは見たことがない。

「キャリアとしての
モデルに興味ないよ」

元々モデル活動を始めたきっかけは、友達にお願いされて撮影に参加したこと。その後声がかかり、仕事が入り始めたという。今後の彼のキャリアについて聞いてみると、「モデルは楽しいからやっているけれど、医学の道でキャリアをつくっていくよ」ということ。あくまでドクターの道を貫く予定とのことだが、ここまで多くの人の心を鷲掴みにしてしまう才能があるのに、どこか勿体ない気もする。でもそんな風にブレないところが、見ている人の心をくすぐるのかもしれない。

結局Rehanさんが部屋を見つけたかどうかは不明ですが、ここまで人気の彼と同じ屋根の下に住めるルームメイトはラッキーですね〜。朝すれ違いざまに笑顔で挨拶されたりなんかしたら、朝から幸せな気分に浸れそう!(っていうのは単純すぎだろうか…)

Licensed material used with permission by Rehan Munir
他の記事を見る
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
旅行者が現地の人から使っていない部屋や空き家を借りることのできるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。知らない人を家にあげることに抵抗を示す人も...
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
人との出会いや、金銭的な折半ができるなど、シェアハウスのメリットにも様々なものが挙げられますが、日々の暮らしの中で基本になるのは、やっぱり「食」ですよね?...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
一番親しい友人との「価値観の違い」、感じたことはありますか?私はイギリス留学中、寮で親友と相部屋でした。基本は楽しかったのですが、意外なところで衝突が。相...
一見何の変哲もない、普通に家具や家電がレイアウトされた部屋です。だけど、利用者は宿泊目的でこの部屋を借りるわけじゃない。
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
1日のうちに最も無防備になるのは眠る時。だからこそ、ベッドルームにはその人の本当の姿が現れるのかもしれない。アーティストであり「Portrait Soci...
統一感がない、素人っぽい微妙な部屋になっていない?この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるんです。
おじゃましまーす!と、言いたくなるほど生活感あふれるミニチュアハウス。誰かが住んでるんじゃないかって思うくらい、住人の個性が出ている。Hank Cheng...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
ミネソタ大学のキャスリーン・ヴォース教授は、散乱した部屋で活動をしていた方が、よりクリエイティブになるということを、研究で明らかにしました。"ただのだらし...
「earnest」が2年間分のユーザー(匿名)のデータをみて、9種類のサービスの月収を、ランキング形式でまとめているのを発見。あくまでアメリカでの話で、日...