どれかひとつでも取り入れるだけで、暮らしはもっと豊かになるんだと思う。

結局のところ、幸せを得るためには何も壮大なことにチャレンジする必要なんてないワケですよ。そう気付かせてくれたのが、「Becoming Minimalist」ライターJoshua Beckerのこの記事。

ひとつひとつの項目は自分自身のマインドによったものだけど、部屋を見回してみても、一緒に暮らす誰かとの関係性に置き換えても、どれもやろうと思えばすぐ生活に取り入れられちゃうシンプルなものばかり。意識の置き場を少しだけシフトしてみてもいいかもね。

01.
毎日"笑顔"を心掛ける

6141774108033024

笑うことには、ストレス解消、血糖値の低下、それから顔の筋肉の運動など様々なポジティブな効果がみられます。でも何よりも嬉しいのは、私たちの人生を喜びと希望に溢れるものに変えるチカラを秘めているところ。

せっかくなので、笑顔は毎日意識しましょう。To-Doリストに書き出してもいいくらい。望みをなくしたときこそ、自分に笑顔になる"許可"を与えてあげましょう。

02.
「ひとり時間」を意識的に

本も音楽も雑音も全部取り除いて、ひとりで静かになれる時間を定期的にとりましょう。一度始めてみると、「ひとり時間」がない生活が想像できなくなるはず。

03.
ちいさな「感謝」をたいせつに

5310071676338176

毎日誰かに対して、もしくは何かに対して感謝をしましょう。感謝とは、ないものよりもあるものにフォーカスを当てられるようになる行為。すると自然と優しくなれたり、単純に幸せな気持ちになれますよ。

04.
焦るのをやめる

たとえば計画を早め早めに立てたり、あえて早めに帰ったり。そうすると、時間にコントロールが効くようになるでしょう。ひとりの時間も確保しやすくなりますし、より「今」を噛みしめられるようにも。

人生はAからB地点まで、いかに早く進めるかを競うレースじゃありません。ひとつひとつの瞬間をじっくり味わうことに意味があるのです。焦るのをやめてようやくこれに気づけるのです。

05.
月に1度の「断食デー」

4746305612021760

宗教でも日の出から日没まで(通常24時間ほど)断食を取り入れていますが、これにはちゃんとした理由が。

人は、断食をすることで自制心や鋭い感覚、そして何かを犠牲にする力を培い、誘惑に勝つ術を学ぶことができます。もちろんスピリチュアルな方法で断食に取り組んでもOKですが、とくにスピリチュアルな理由付けがなくたって大丈夫です。

心、身体、そして魂はいずれにしてもプラスな効果を得られるでしょう。

06.
やらなきゃいけないことを
先延ばしにしない

「先延ばしにする」の反対は、簡潔にいうと「いますぐやること」。そうして後回しにすることで、必要以上にストレスを溜めていませんか?ならば今年は「いますぐやる」ことを癖付けてしまうのがきっと効果的。

今年は「いますぐやる」をマントラとして、自分に唱えましょう。そしてことは何にしろ、すぐにやることを心掛けましょう。

07.
野菜をたくさん摂る

6505308125921280

食べる量を減らすよりも、野菜を摂るほうが確実に体重を落とせます。毎食野菜を取り入れたり、スナックに野菜を選ぶことで、不健康なジャンクを体に入れる量を減らしていきましょう。

野菜はエナジーチャージにぴったりな上、食べるだけで自尊心も鍛え上げてくれます。さらには病気にもかかりにくい健康体が築けちゃいますよ。

08.
先人たちの知恵を
生活に取り入れる

世紀を渡り受け継がれてきた書籍には、誰しもが譲り受けたい知恵が隠れ潜んでいます。そこには、時代を超えた「人間の真実」が秘められているのです。確かに200年前と今では世界の映り方は異なるかもしれませんが、人間の魂にはまだまだ通ずるものがあります。たとえば人生はいまでも悲しみ、幸せ、そして希望がありますし、試行錯誤も問われるでしょう?

数百年前に生きた男女の試練を乗り越え方に目を通すと、もしかしたら「今を生きるヒント」が得られるかも。

09.
ポルノを生活から排除

6088706028994560

ポルノとは、私たちを現実から遠ざけてしまうもの。

私たちはポルノを見ることで、恋愛やセックスにおいて非現実的な期待を抱いてしまいます。となると消費者は現実世界で満たされないためそこに戻る。これこそポルノの悪循環。

それならポルノが与える一時的な喜びを切り捨てて、現実世界で生きる人たちと幸せな環境を育むことに集中したほうが効率的なのでは?

10.
早めに就寝する

起床してからの1時間の過ごし方は、残りの23時間の心持ちを決定づけます。そしてその最初の1時間を気持ちよく過ごすために必要なのは、質の高い睡眠。

今年は少しだけでも就寝時間を早めるよう心掛けてみましょう。ちょっとした変化が人生にもたらす大きな変化にきっと驚くはずですよ。

11.
キモチのおすそわけ

5354746583973888

貧困、教育、孤児のケア、動物、環境(議題はまだまだあるでしょう)…とにかくあなたがアツくなれるものをひとつ選びましょう。そして小切手を切ること。そうすることで、あなたと問題になっている環境のどちらともが恩恵を受けることができるでしょう。

小切手を切るだけでここまで心穏やかになれるのなら、ボランティアに時間と才能を割いたときに感じるであろう喜びを想像してみてください。

12.
せめて月1でデートに出掛ける

結婚相手もしくは恋人とは、せめて月1回ペースでデートに出掛けましょう。デートは絆を深めながら、ふたりで楽しむことができる最高の機会です。「でも出費が…」なんて心配が浮かんでくるのは、ひょっとしたらクリエイティビティが足りていないだけかも?

Licensed material used with permission by Becoming Minimalist
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
統一感がない、素人っぽい微妙な部屋になっていない?この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるんです。
台湾やタイ、ベトナムなどで開催されるフェスティバルが一大コンテンツとなっているように、ここ数年で急激に注目度を高めている「ランタン」。そのやさしい光を空に...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
誰の目も気にすることなく、のんびりと生活できる「ひとり暮らし」。頼れる家族やルームメイトから離れ、すべてひとりでこなしていくのはちょっと不安かもしれません...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
人生で初めてのひとり暮らし。自分で買い物をしたり家事をしたりと、多くの人は「自立した素晴らしい生活」を期待しているかもしれません。でも実際は、孤独、金欠、...
普段の生活はもちろん、就職、結婚、転職などのライフスタイルの変化で、モノはどんどん増えていきます。適度に断捨離できれば良いのですが、なかなかそんな時間はな...
「断捨離」や「ミニマリスト」が流行りだけれど、物が多いことに幸せを感じる人だっている。インテリアに凝ったり積ん読しちゃったりするのも、自分の幸せに繋がるん...
自身が経験した自由気ままな暮らしっぷりを描く,イラストレーターのYaoyao Ma Van As。快適でのびのびとした「自分の城」でくつろぐ女性たちのイラ...
KAIZEN、カイゼン、かいぜん……そう「改善」です!
家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表の沖幸子さんは、イギリス、ドイツ、オランダで生活マーケティングを学び、暮らしのデザイナーとして活躍している人物...
少し前の話になりますが、「自分史フェスティバル 2017スペシャルイベント」に参加してきました。自分史とは、自分の生き方を記した書物やメディアのこと。それ...
今回訪ねたのは、山梨県笛吹市芦川町にある1日1組限定の貸し切り古民家宿「LOOF」。兜作りの屋根が特徴の「澤之家」と、瓦屋根の昭和建築「坂之家」の2棟から...
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。