怠惰な生活を抜け出す秘策は「KAIZEN」にあった!

食べ終わった食器が流しでそのまんま、干しっぱなしの洗濯物…やらなければならないことが山積しているのに、どうしてもやる気がでない。私たちの暮らしは、大なり小なりこの連続ですよね。

何かキッカケひとつで、生活は180度変わるのかもしれない。それさえ見つかれば……なんて人たちに届けたいコンテンツです。

I Heart Intelligence」のライターがこう書いています。「怠け者の生活を抜け出すには日本式の“KAIZEN”がヒントになる」と。以下、彼の文を紹介します。

とてもシンプルな
「カイゼンの法則」

5081785239076864

ここで言うKAIZEN(カイゼン)とは、音の通り「改善」のこと。なんでもトヨタ自動車が、このカイゼンを活かした生産方式によって、高品質の自動車を世界に送り出したことから、日本初の概念として熱い注目を集めている。

「カイゼン研究所(Kaizen.com)」によると、大きな目標を達成するためには、小さなステップを経てひとつずつ課題を達成することが必要であると述べられている。つまりは、少しずつ自分を変化させることこそ、成功のカギ。

いきなり自分を大きく変えようとすると、果ては燃え尽きて、目標の大きさにただ圧倒されて終わるだけ。「カイゼンの法則」では、小さくても具体的な結果を出し、それをモチベーションとして前進していくスタイルを推奨している。

具体的な例を次の項目で見ていこう。

カイゼンの鍵は“達成感”にあり

5266750421598208

例えば、あなたの前に山積みの洗濯物があるとしよう。その洗濯物の山を見て、あなたは「これを仕分けて、洗濯機にかけて、干して、畳んで片付けるのに一日かかるだろう」と予測する。

途方もない作業量に思えるかもしれないが、まずタイマーで1分間計りながら目の前の洗濯物を仕分けてみてほしい。そしてタイマーが鳴ったとき、自分がどれほどの仕事をこなしたのか振り返ってみる。

これを繰り返すことによって、自分が時間の経過と共にどんどん具体的な結果を出していることを目の当たりにすることができるはず。そのタイマーを今度は3分から4分に伸ばしてみよう。そうして少しずつ、赤ちゃんが一歩一歩進むように進捗状況を確認し、その成果をモチベーションにしながら作業を進めてみる。

このように、自分が常に達成しているとを意識することがカイゼンのカギとなる。

目標に向け
具体的な工程をイメージ

6087594907533312

カイゼンの法則は、1986年に出版された今井正明の著書のなかではじめて導入された考え方。この法則は発売から30年が経った現在でも、企業の長期的な競争戦略の基盤として世界中で受け入れられている。

そしてその方法は30年のうちに洗練され、コンサルティングサービスを運営するまでに。それが前述のカイゼン研究所。

企業に向けたものとはいえ、基本原理は個人にも応用できるもの。山積みの洗濯物はほんの一例に過ぎないが、自分が達成したい目標に向けて具体的な工程を考え、それをひとつひとつ成し遂げていくという方法を常に意識してみよう。

たったの1分も積み重ねれば何年もの実績。どんな小さなことでもいい、明日から始めてみてはいかがだろう。 

Licensed material used with permission byI Heart Intelligence
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
アメリカで注目されているという「KAIZEN」。自分でタスクを決めてたって1分取り組む。それを毎日繰り返しておこなうというものだ。自ら取り組んでみてどのよ...
今すぐ自宅の洗濯槽を洗わずにはいられなくなる―。今回はそんな動画をご紹介。用意するのは、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)とお湯のみ。実は、これらを使うだけ...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸...
誰の目も気にすることなく、のんびりと生活できる「ひとり暮らし」。頼れる家族やルームメイトから離れ、すべてひとりでこなしていくのはちょっと不安かもしれません...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
デザイナー、Katerina Kampraniさんがつくっているのは、使いようのないひねくれた生活用品たち。斬新、だけど要らない。でもキニナル。変なツボを...
ひとり暮らしやアウトドアには最適かも?足で踏むだけで使える、小型の洗濯機が話題!「Drumi」は電気が要らない超お手軽サイズのドラム式洗濯機。動画を見てみ...
結局のところ、幸せを得るためには何も壮大なことにチャレンジする必要なんてない。そう気付かせてくれたのが、「Becoming Minimalist」ライター...
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...
節約、とくに水道代について考えたことは? 水道代は段階式に値段が上がっていくので一概には言えませんが、相場を見ると1リットルあたり約0.25円が平均となっ...
「今後はもう耳掃除をするべきではない」目を疑うような内容の記事が「Simple Organic Life」に掲載され話題となっています。でも、それって汚く...
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
自身が経験した自由気ままな暮らしっぷりを描く,イラストレーターのYaoyao Ma Van As。快適でのびのびとした「自分の城」でくつろぐ女性たちのイラ...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...