怠惰な生活を抜け出す秘策は「KAIZEN」にあった!

食べ終わった食器が流しでそのまんま、干しっぱなしの洗濯物…やらなければならないことが山積しているのに、どうしてもやる気がでない。私たちの暮らしは、大なり小なりこの連続ですよね。

何かキッカケひとつで、生活は180度変わるのかもしれない。それさえ見つかれば……なんて人たちに届けたいコンテンツです。

I Heart Intelligence」のライターがこう書いています。「怠け者の生活を抜け出すには日本式の“KAIZEN”がヒントになる」と。以下、彼の文を紹介します。

とてもシンプルな
「カイゼンの法則」

ここで言うKAIZEN(カイゼン)とは、音の通り「改善」のこと。なんでもトヨタ自動車が、このカイゼンを活かした生産方式によって、高品質の自動車を世界に送り出したことから、日本初の概念として熱い注目を集めている。

「カイゼン研究所(Kaizen.com)」によると、大きな目標を達成するためには、小さなステップを経てひとつずつ課題を達成することが必要であると述べられている。つまりは、少しずつ自分を変化させることこそ、成功のカギ。

いきなり自分を大きく変えようとすると、果ては燃え尽きて、目標の大きさにただ圧倒されて終わるだけ。「カイゼンの法則」では、小さくても具体的な結果を出し、それをモチベーションとして前進していくスタイルを推奨している。

具体的な例を次の項目で見ていこう。

カイゼンの鍵は“達成感”にあり

例えば、あなたの前に山積みの洗濯物があるとしよう。その洗濯物の山を見て、あなたは「これを仕分けて、洗濯機にかけて、干して、畳んで片付けるのに一日かかるだろう」と予測する。

途方もない作業量に思えるかもしれないが、まずタイマーで1分間計りながら目の前の洗濯物を仕分けてみてほしい。そしてタイマーが鳴ったとき、自分がどれほどの仕事をこなしたのか振り返ってみる。

これを繰り返すことによって、自分が時間の経過と共にどんどん具体的な結果を出していることを目の当たりにすることができるはず。そのタイマーを今度は3分から4分に伸ばしてみよう。そうして少しずつ、赤ちゃんが一歩一歩進むように進捗状況を確認し、その成果をモチベーションにしながら作業を進めてみる。

このように、自分が常に達成しているとを意識することがカイゼンのカギとなる。

目標に向け
具体的な工程をイメージ

カイゼンの法則は、1986年に出版された今井正明の著書のなかではじめて導入された考え方。この法則は発売から30年が経った現在でも、企業の長期的な競争戦略の基盤として世界中で受け入れられている。

そしてその方法は30年のうちに洗練され、コンサルティングサービスを運営するまでに。それが前述のカイゼン研究所。

企業に向けたものとはいえ、基本原理は個人にも応用できるもの。山積みの洗濯物はほんの一例に過ぎないが、自分が達成したい目標に向けて具体的な工程を考え、それをひとつひとつ成し遂げていくという方法を常に意識してみよう。

たったの1分も積み重ねれば何年もの実績。どんな小さなことでもいい、明日から始めてみてはいかがだろう。 

Licensed material used with permission byI Heart Intelligence
チャチャッとできちゃう超簡単お掃除ハック。キッチンにあるものでできるのも嬉しいところ!これなら掃除用品も揃えなくていいので、楽チンだわ〜。
コリビングサービスの「ADDress」と「ANA」が連帯し、多拠点生活の推進を図る「航空券定額制サービス」の実証実験をスタート。期間は1月31日から2ヵ月間。
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
アメリカで注目されているという「KAIZEN」。自分でタスクを決めてたって1分取り組む。それを毎日繰り返しておこなうというものだ。自ら取り組んでみてどのよ...
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
とにかく羽を伸ばす、のも大切なんだけど。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
丁寧な暮らし、つまり心が豊かになるような生活は、無理な節約をしていると叶いません。節約をするにしても、無理やりするのではなく、できることなら楽しみながら行...
台湾から初上陸、漢方を扱うライフスタイルブランド「DAYLILY」。「COREDO室町テラス」内の「誠品生活日本橋」にオープン。
給排水など、クリアすべき壁はたくさんありそうですが、市販されるようになれば、ぜひ手に入れたい!ミニマルなインテリア好きは注目です。
毎日使うものだから、自分の好きなモノにしたい!
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
「MINOTAUR INST.(ミノトール インスト)」の「2L ANTARCTIC DOWN」の紹介です。
丁寧に暮らす。テクノロジーに頼りすぎない生活のよさが改めて感じられそうです。
それぞれのチャートに紐づく日用品を使い、日常のあるあるをチャート化!なかでもウンと頷けるものを勝手にピックアップしてみました。
5月16日、NASAが長期間の隔離生活が心身に及ぼす影響を調べるために、ロシア・モスクワでおこなわれる実験の参加者を募集し始めた。これは月や火星への有人飛...
Sonam Wangchukさんは、地球温暖化に苦しんでいるヒマラヤ山脈に暮らす人々の生活を改善しようと試みる。彼の「思考プロセス」にフォーカスして、紹介...
牛の町から届くミルク缶です。実用的です。なぜならプロ仕様の洗濯洗剤が入っているから。
今すぐ自宅の洗濯槽を洗わずにはいられなくなる―。今回はそんな動画をご紹介。用意するのは、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)とお湯のみ。実は、これらを使うだけ...