一日の終わりには、自家製「ココナッツバス」に浸かってリラックス。

一日中仕事で疲れた日は、ただベッドで体を休めるのではなく、「ちょっとしたご褒美」を自分にあげましょう。テレビを観ながら寝落ちするだけだった夜を、ひと工夫して贅沢なリラックスタイムへと。

たとえば「Food52」のCaitlin Pikeさんが提案するDIYココナッツバスに浸かるリラックス法。聞くだけでウットリです。

用意するのは“ココナッツミルクパウダー”。あんまり見かけない気がしますが、大手スーパーや輸入食品やさんで簡単に手に入るそうですよ。自分で作ることで、香りの度合いもカスタマイズOK、自分好みに出来ちゃいます。

ミルキー&シルキー
乳白色のココナッツ風呂に溺れたい

何年か前にとってもステキな入浴剤をもらったんです。それには、ココナッツミルクパウダーが入っていて、投入するとお風呂はたちまち贅沢なシルキートーンに変身。乾燥肌も潤してくれて、ほんのりやさしいココナッツの香りがしました。

できるだけ長く保たせようとしましたが、いいものには残念ながら終わりがあるんですよね。

5736332215189504
Photo by Alpha Smoot

その入浴剤を切らしてからは、自分で手を出すのには高すぎて、なかなか買い換えられずにいました。でも、これならきっともっと安い値段で自分でも作れる。そう思ったんです。そうすれば自分なりにカスタマイズだってできますしね。

そこで私が作り出したのは、既成のものと同じくらい心が喜ぶ入浴剤。それに、作り方も超簡単。材料の分量を測って、数分かき混ぜるだけ。

ギフトとしても最適。風邪を引いて寝込んでいる人へ「お大事に」の気持ちを込めて。ケアパッケージに入れて、またはもうすぐママになる友だちのベビーシャワーのギフトとして。

4679066959478784
Photo by Alpha Smoot

ココナッツミルクパウダーは、ヴィーガン用のコーヒークリームとして売られていて、まとめ買いするのが一番お得です(想像以上に減りも早いです)。さらにはお肌を柔らかく、ツルツルにしたいのなら、コーンスターチと重曹を入れてもコストパフォーマンスは良し。精油はあればいいですが、なくてもOK。

だってこの入浴剤なら、何もしなくてもほんのりココナッツの匂いがするから。(でももしそれに何かしら匂いを付け加えたければ、サンダルウッド、もしくはバラやラベンダーなどフローラルな匂いは相性抜群です)

4618837156691968
Photo by Alpha Smoot

お手頃で、必要なときにいくらでも作れちゃうので、切らしてしまう心配をしなくていいのが嬉しいですよね。1カップかそれ以上、お水が不透明になるまで、ふんだんに使っちゃいましょう。

【材料】
ココナッツミルクパウダー:1カップ
・重曹:1/2カップ
・コーンスターチ:1/2カップ
・精油:15-20滴(あれば)
・ボウル
・泡立て器かフォーク
・入浴剤を保管しておくための密閉容器(1つ、もしくは複数)

4568516380327936
Photo by Alpha Smoot

【作り方】

1. 精油を使うのであれば、重曹を測り、ボウルに先に入れておく。それから精油を入れて、混ぜる。重曹は油をうまく抱えてくれるので、先に混ぜておくとフレグランスがダマにならず、全体に浸透してくれます。

2. あとは、ココナッツミルクパウダーとコーンスターチを加えて、混ぜるだけ。ホラ、簡単だって言ったでしょう?

3. 入浴剤ができたら、密閉容器に入れてしまっておきましょう。

 

私はカワイイ瓶に保管していますが、大きなジップロックでもしまっておく分には十分です。ギフト用に多めに作ったときは、1カップ分など小分けにしてあげるといいでしょう。

6612762167869440
Photo by Alpha Smoot
Written byCaitlin Pike
Licensed material used with permission by Food52
ココナッツミルクを使った「ヴィーガンホイップ」が、いま密かにブームになっているんです。
たぶん、史上最高のバスタイム。
近年、豆乳やアーモンドミルクでつくる「ビーガンヨーグルト」が女性たちの間で人気です。そこに今、海外セレブが注目する新たなヘルシーフードが登場しました。こち...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
近年、美容や健康にココナッツが大注目。オイルやミルクが当たり前のように手に入るようになってきました。で、そのココナッツブームとともに日本に入ってきたのが「...
日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから...
健康面に気づかって、自家製ドレッシングを作る人も多いですよね。そんな「自家製」を作るとき、特にオススメなのが、ごまドレッシング。フードプロセッサーさえあれ...
日本人の私たちからすれば、お米は水で炊くのが常識。ですが、赤道付近の南洋諸島では、だいぶ勝手が違うようです。水の量を減らしてそこに加えるのは、なんとココナ...
ダイエット中ならば、砂糖はなるべく控えたいところ。けれど、毎日の食事の中で完全に“砂糖抜き”は難しい…という人もいるでしょう。そこでおすすめしたいのが「コ...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
ミミガーや豚皮のおつまみのようにも見えるこのビジュアル。これが今、アメリカで密かなブームを呼んでいるお肉を使わないジャーキー。代用するのは、100%ココナ...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外。おいしい発見がありました。
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
ここでは、「Innovative brothers」と呼ばれているドイツのYouTuber兄弟の動画をご紹介。
キリンの午後の紅茶シリーズから発売された、『恋のティーグルト』をご存じですか? 紅茶でありながら、甘酸っぱいヨーグルトテイストという話題の紅茶飲料です。た...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
真冬の海に何時間も浸かり波を待つサーファーたち。いくらウェットスーツの防寒性能が向上しているとはいえ、濡れた体で陸に上がれば、寒さが身にしみます。そんな波...
自分には縁がないと思っていた「自家製ベーコン」。この燻製器があれば実現できるかも。
タンパク質が多く低カロリーな「ギリシャヨーグルト」は、デザートとしてだけでなく、料理にも使えてとにかく汎用性が高い。今ではスーパーでも買えるほど身近になり...
赤ちゃんをお風呂に入れるのは、ママやパパにとっても意外と大変なお仕事。大人用のバスタブじゃ大きすぎるし、かといって専用のベビーバスはプラスチックが硬くて痛...
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?