腸活には「植物性」のヨーグルトがいいらしい

花粉症や風邪にいい機能性ヨーグルトがスーパーで簡単に手に入るようになった昨今。毎朝ヨーグルトを食べているよっていう人も多いですよね。ヨーグルトのような発酵食品は、食品の成分や味、香りなどを変化させ、栄養価を高めた食品であり、腸内の善玉菌を活性化してくれるので、毎日続けたいところ。

管理栄養士の圓尾和紀さんは、『一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方』(ワニブックス)で、牛乳を発酵させたヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌よりも、豆乳で作るヨーグルトでできる植物性乳酸菌のほうが整腸効果が高いと説いています。

もちろん市販のヨーグルトはいいけれど、低コストで毎日続けるなら、植物性乳酸菌たっぷりの「自家製ヨーグルト」がおすすめ。

毎朝、腸活!
豆乳玄米ヨーグルト

4675785872900096

<材料:2人分>

玄米:大さじ1

豆乳:適量

 

<作り方>

【1】玄米を3度ほど水洗いし、水を切って容器に入れる。

【2】玄米がかぶるくらいの豆乳を入れて混ぜる。

【3】アルミホイルをふたにして、固まるまで常温で放置。1日半ほどで固まってくる。

【4】固まったら、容器に入っている豆乳と同量の豆乳を継ぎ足して混ぜる。ふたをかぶせ、固まるまで待つ。

【5】固まったらさらに4と同量の豆乳を継ぎ足して混ぜ、固まったら完成。

「種」を残して
どんどん自分で増やす

ちなみに、カスピ海ヨーグルトを継ぎ足して増やすのと同様に、残した分を「種」として、豆乳を継ぎ足していけば新たにこの豆乳ヨーグルトを作っていくことができます

常温で放置すると過発酵のおそれがあるため、固まり次第冷蔵庫に入れること。忘れてしまいそうな人は、最初から冷蔵庫に入れてゆっくり発酵させるのもアリです。

いま、密かなブームとなりつつある「玉ねぎヨーグルト」を知ってますか?どこにでも手に入る玉ねぎとヨーグルト、これだけ。どちらもカラダにいい食材ですが、合わせ...
近年、豆乳やアーモンドミルクでつくる「ビーガンヨーグルト」が女性たちの間で人気です。そこに今、海外セレブが注目する新たなヘルシーフードが登場しました。こち...
ヨーグルトの材料とてもシンプル。牛乳とヨーグルト菌、それだけ。自動で温度調整をしてくれるヨーグルトメーカーもありますが、実は家庭にある道具だけで十分なんです。
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
フレッシュで安心して毎日食べられる自家製ヨーグルトメーカーが登場。クラウドファンディングに登場。圧倒的な支持を得て資金調達に成功しました。
タンパク質が多く低カロリーな「ギリシャヨーグルト」は、デザートとしてだけでなく、料理にも使えてとにかく汎用性が高い。今ではスーパーでも買えるほど身近になり...
「ヨーグルトにかけるお醤油」は、岩手県のふたつの企業がタッグを組んで共同開発されたもの。きっかけは、牛乳・乳製品の製造販売メーカー「湯田牛乳公社」が製造す...
中東の国イランにおいて、コーラよりも名の通った、老若男女に愛される飲み物があります。それが「ドゥーク」。例えるならヨーグルトをサイダーで割ったような味。ヨ...
ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られてい...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
濃厚でクリーミーな味わいが人気の「ギリシャヨーグルト」。高タンパクで低カロリー、さらにカルシウムも豊富に含まれているとあって、健康やダイエットを意識する人...
サクラ気分を演出するピンク色は、ラズベリーとヨーグルト。
その濃厚な食感は、「まるでクリームチーズのよう」と近ごろ話題の水切りヨーグルト。その名の通り、ヨーグルトの水分を切ったものですが、これを揚げるとどうなるか...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
かれこれ25年前、「ティラミス」が日本で空前のブームを巻き起こしたことを知る人は、もはやいい大人。美味しいけれどハイカロリー、は昔も今も女心を悩ませる種。...
残暑がまだまだ続きます。熱中症対策、万全ですか?東ヨーロッパから中東にかけて、多くの国で親しまれているヨーグルトドリンクがあります。ヨーグルトに水と塩を混...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
海外のスーパーに行くと、植物性100%のチーズは専用コーナーができるほど。ヴィーガンだけでなく、美容意識、健康志向の高い人たちにも大人気です。話題にはなっ...
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです。
人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使...
日本人には聞きなれないオルチャータという飲み物があります。なんでもこれ、スペインやメキシコなどラテン系の人たちが愛してやまない夏の風物詩だとか。
生きていくうえで「脳が大切」というのは、すぐ理解できます。考えを司っていて、私たちのカラダの全身に影響をしているからです。そして、ここで紹介するのは、第二...