2週間でカラダがかわる腸活「玉ねぎヨーグルト」

いま、密かなブームとなりつつある「玉ねぎヨーグルト」を知ってますか?どこにでも手に入る玉ねぎとヨーグルト、これだけ。どちらもカラダにいい食材ですが、合わせて食べると、なおいい働きがあるんだとか。

フードコーディネーター井上裕美子さんの近著『玉ねぎヨーグルト』(ワニブックス)は、医学監修に腸内フローラ研究のトップリーダー木村郁夫氏を招き、腸を整え血液をサラサラにする最強の組み合わせが、どうカラダにいいのか、さらには簡単レシピをちょっぴりご紹介します。

玉ねぎとヨーグルトが
腸にアプローチしてくれる

95d512eea7aa73d7f309bd92f5efd00ebd02f9b5

「玉ねぎヨーグルト」とは、無糖ヨーグルトに玉ねぎのスライスと塩をひとつまみ入れて一晩おいたもの。これが腸内環境を整えてくれて、ダイエットや、美肌、便秘解消、さらには免疫力アップにもうれしい効果があると、医学監修の木村先生は太鼓判を押します。

そもそも腸内環境を整えるには、腸の中の細菌に働いてもらい、より良い状態に保つことが大切。そのためには2つの方法があるんだそう。

食物繊維を摂って腸内細菌のエサを増やすこと
・乳酸菌や、ビフィズス菌などの生きた微生物を摂り入れること

この2つを一緒に摂ることを「シンバイオティクス」と呼んでいます。これにより、腸内環境をより効果的に整えることができます。簡単に言えば、玉ねぎとヨーグルトがその役割をしてくれるということ。

もう一歩踏みこんで説明すると、食物繊維は水溶性と不溶性のものに分かれるんですが、玉ねぎには水溶性食物繊維「イヌリン」が多く含まれていて、これがビフィズス菌のエサになり、腸内細菌を活性化させる短鎖脂肪酸をどんどんつくり出すそう。よって、玉ねぎとヨーグルトの組み合わせが「最強」というわけ。

食べる量に細かい指示はないようですが、目安は1日50グラム以上。まずは2週間続けてみるといいそうですよ。

毎日続けられる簡単レシピ

さて、この玉ねぎヨーグルトそのまま食べても美味しいのですが、和えたり、かけたり、煮込んだり、とさまざまな用途で料理にもアレンジできちゃうというスグレモノだそう。

手軽に毎日続けられる38のレシピのなかから、3つピックしてみました。

01.
ヨーグルトキムチ豆腐

61cfed7bc47aa25bf248e9d4404eadb51835554d

【作り方】
白菜キムチは大きければざく切りにする。豆腐は水を切り、2等分に切って器に盛ります。白菜キムチと玉ねぎヨーグルトを混ぜて豆腐に等分にのせ、好みでしょうゆをかけて出来あがり。

【ポイント】
発酵食品であるキムチには、生きた乳酸菌が含まれています。

02.
ヨーグルト豚のしょうが焼き

26657d308641c01c34cb1f0027f40326c54b0f27

ボウル、または保存袋に玉ねぎヨーグルト、すりおろしたしょうが、しょうゆ、はちみつを入れてよく混ぜ、豚肉を広げながら入れて全体になじませる。ラップをピッタリ落として冷蔵庫に入れ、1時間から一晩おきます。

フライパンにオリーブオイルを熱し、豚肉を漬けだれごと入れる。肉を広げるようにほぐして炒める。器に盛り、一口大にちぎったレタスとくし形に切ったトマトを添えて完成。

【ポイント】
豚肉は「疲労回復」のビタミンと呼ばれるビタミンB1が豊富です。

03.
ヨーグルトでやわらかチキンカレー

C57f98fce87742eddec0d0e6e54bdd0adac11c46

一口大に切った鶏肉と玉ねぎヨーグルトを入れて全体になじませ、ラップをし、冷蔵庫に入れて1時間から一晩おく。人参、セロリは粗いみじん切りに、生姜は千切りにする。鍋にオリーブオイルを熱し、野菜を入れて炒め、全体に油がまわったら鶏肉を漬けだれごと入れて2〜3分炒める。水を入れて、沸いたらふたをして弱火で20分煮る。一度火を止めてカレールウを溶き、再度弱火にかけてとろみがつくまで煮こみます。

器にご飯を盛ってカレーをかけ、好みでごはんにパセリを乗せて、らっきょう漬けを添えて出来あがり。

【ポイント】
独特の香りを持つセロリを入れることで、本格的な味になります。

中東の国イランにおいて、コーラよりも名の通った、老若男女に愛される飲み物があります。それが「ドゥーク」。例えるならヨーグルトをサイダーで割ったような味。ヨ...
近年、豆乳やアーモンドミルクでつくる「ビーガンヨーグルト」が女性たちの間で人気です。そこに今、海外セレブが注目する新たなヘルシーフードが登場しました。こち...
最近お腹の調子が優れない…そんな時は、食べる物を考えなおすのが一番の近道だ、と「Little Things」のPhil Mutz氏。たしかにごもっともな意...
フレッシュで安心して毎日食べられる自家製ヨーグルトメーカーが登場。クラウドファンディングに登場。圧倒的な支持を得て資金調達に成功しました。
生きていくうえで「脳が大切」というのは、すぐ理解できます。考えを司っていて、私たちのカラダの全身に影響をしているからです。そして、ここで紹介するのは、第二...
「ヨーグルトにかけるお醤油」は、岩手県のふたつの企業がタッグを組んで共同開発されたもの。きっかけは、牛乳・乳製品の製造販売メーカー「湯田牛乳公社」が製造す...
麺がおいしい季節となりました。生麺や乾麺、茹で麺など。麺にも様々な種類がありますが、ささっと食べられる茹で麺は忙しいときや料理に時間をかけたくないときに重...
ヨーグルト発祥の地はどこか?というはなしには諸説ありますが、その一つと目されている国がトルコ。たしかに、トルコ料理はヨーグルトを多用することでも知られてい...
味はもちろんのこと、料理をする際は健康効果も意識したいところです。ここでは春野菜との「食べ合わせ」だけで、健康効果の向上が期待できる組み合わせを紹介しまし...
テレビ番組で特集が組まれるほど注目されている「パクチー」の美容・健康効果。では、具体的にどんな効果があるのでしょうか? 今さら聞けないパクチーの秘密と、そ...
花粉症シーズン真っ只中。辛くて薬が手放せない、なんて人も多いのでは? 早速、花粉症の症状を和らげる効果が期待できる食べ物や飲み物を紹介していきましょう。0...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
濃厚でクリーミーな味わいが人気の「ギリシャヨーグルト」。高タンパクで低カロリー、さらにカルシウムも豊富に含まれているとあって、健康やダイエットを意識する人...
タンパク質が多く低カロリーな「ギリシャヨーグルト」は、デザートとしてだけでなく、料理にも使えてとにかく汎用性が高い。今ではスーパーでも買えるほど身近になり...
健康的なダイエットには欠かせない「食物繊維」。消化を促進してくれ、少量で満腹感が得られ、脳卒中や心臓病のリスクを下げるとも言われています。多く含まれる食材...
甘酒、味噌、納豆、塩麹やコンブチャ。健康と流行に敏感な人たちの間では、もはやただのブームにあらず、日常的な食品ともなった「発酵食」。しかし、そもそも発酵食...
食べ残ったパンが固くなってしまったときの、おいしい再利用法に「パンツァネッラ」や「チロラー・グルストゥル」がありますが、パン食がメインの国にはどこも同じよ...
カレーやオニオングラタンスープなどを専門店の味に近づけるには、玉ねぎを飴色に炒めて、香味と甘味を引き出すことがポイントです。しかし、そこまで炒めるには時間...
玉ねぎを切ると、涙が出てくるのは周知の事実。では、みなさんはそれをどう回避していますか?「包丁と玉ねぎをよく冷やしておく」「割り箸を口にくわえる」など、“...
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...