体にいいのはなぜ? 今さら聞けない「発酵と腐敗」の違い

甘酒、味噌、納豆、塩麹やコンブチャ。

健康と流行に敏感な人たちの間では、もはやただのブームにあらず、日常的な食品ともなった「発酵食」。しかし、そもそも発酵食がなぜ体に良いと言われるか、ご存知だろうか?

発酵と腐敗。
違いはただの「ひと目線」

発酵と腐敗の違いは、とてもシンプル。
それは「人間にとって良いか悪いか」だけの違い。

たとえば、発酵させたほうが「おいしい」とか「保存がきく」とか「栄養価が上がった」など、人間がヨシ!とする現象を発酵と呼び、「まずい」とか「食べたらお腹を下した」とか「刺激臭が不快だ」といった現象を腐敗と呼びわけているだけなのだ。

しかし、発酵も腐敗もその原理は「微生物が有機物を分解した現象」であり、菌たちにとってはどちらも同じ働き。発酵とは、微生物のなせる技と言い換えることもできる。

太古の昔から
「人を生かす」発酵食

微生物たちはそれぞれの環境の中で一生懸命に生き、存在の証となる「発酵力」を私たち人間に示す。世界各地、発酵の歴史は実に古い。

紀元前3500年というものすごく昔、古代エジプトではすでにパンが好まれ、同じく紀元前2000年のコーカサス地方ではケフィアヨーグルトが広まり、日本でも8世紀初期の「播磨国風土記」には、日本酒を楽しんでいた様子が記されている。

しかもほとんどの発酵食品は、“偶然”発見された。小麦粉を水でのばしただけの無発酵パンを放置していたら膨らんでおいしくなっていたし、ヤギの乳を革袋に入れていたら移動の間にヨーグルトになっていたし、神様にお供えしたご飯にカビが生えて麹となり、お水と合わせたら、飲むと楽しくなるおいしいお酒ができていた、というわけだ。

19世紀に入り発酵のメカニズムが少しずつ解明されはじめ、微生物が関係していることが分かって以来、発酵の研究は現在でも進行中だ。

腸内よ、ハッピーでピースな
お花畑であれ

発酵食品には、酵母をはじめとした微生物が無数に存在する。その数は数千種といわれ、まだ見つかってない微生物も数百から数千種はいるそうだ。

私たちはそれらを食事として体内に取りいれるほか、皮膚や臓器にも「常在菌」という存在と共生している。なかでも多様な栄養素がそろう腸内、特に大腸にはもっとも多くの微生物が存在する。例えば乳酸菌やビフィズス菌などはその代表選手だ。

これら腸内の菌群のことを「腸内フローラ」と呼び、「腸内環境が整う」とは一般的に腸内フローラのバランスが良いことを意味している。

ちなみにフローラとは、ローマ神話で花と豊穣を司る女神。腸内がお花畑ならば、できるだけハッピーでピースな場所にしておいたほうが良い、と想像できるだろう。

「腸にいい」が
全部に良いわけ

腸内細菌には、私たちの体にとって良い働きをする善玉菌と、逆に私たちが困ってしまう働きをする悪玉菌が存在する。そして腸内細菌の約7割は、体が健康なときには善玉菌に有利になるように、反対に免疫が下がってるときには悪玉菌が有利になるように働く「日和見菌(ひよりみきん)」だ。

ふだん私たちは、善玉菌が悪玉菌の働きを押さえているから消化吸収が適切にできたり、免疫機能を保って風邪などを予防したりできている。また、腸の状態が良いということは、日々溜め込む毒素を外に排出しやすくもなる。便秘が解消される原因はまさにこのため。

さらに腸と結びつきの深い肺の機能も上がると言われている。すると外気からのバリアが強まり、ウィルスなどが入りにくい、つまり風邪などを予防する。バリア力は体の表面にまで続くので、カサつきなどお肌の状態にもいい影響をもたらす。

また近年の研究では、腸内環境が良くなることはメンタル面にも効果があるとされ、鬱病の対策として研究されているほか、脳にも良い影響をもたらし、認知症との関係性も研究が進んでいる。

こうして書き出すと、腸内環境がもたらす健康効果の高さに感動すら覚える。腸内環境をサポートする発酵食品と、目に見えない微生物たちにも感謝の念がこみ上げてくる。

まずはできることから

しかし、食生活を急に大きく変えていくのは簡単ではないことも事実。

まずは一週間のうちに味噌汁を飲む回数を増やす、漬物作りにチャレンジしてみる、納豆をメインのおかずにしてみるなど、自分にあったところから日々の習慣にしてみてはいかがだろうか?

20歳で単身フランスに渡り、外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
腸内環境を整えるために必要なステップを飛ばし、ダイレクトに腸に働きかける「善玉菌の進化系」ともいうべきサプリメント「発酵マメ子」は、「腸活をしても結果を感...
牛乳を発酵させたヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌よりも、豆乳で作るヨーグルトでできる植物性乳酸菌のほうが整腸効果が高いと、管理栄養士さん。低コストで毎日続...
「発酵食は体に良さそうだけど、納豆ばかり食べられないし、毎日お味噌汁も作れない——」ヘルシーな食生活への意識が高い人が増えた一方で、発酵食品に難しいイメー...
マスクの内側に貼って使える「固体酸素シート」は、 呼吸をしやすくするだけでなく、ウイルスやバクテリアの除菌、抗菌、消臭性能にも優れ、いつものマスクを手軽に...
いま発酵食品が見直されているのは、漬物や酒粕などに含まれる乳酸菌が、日本人の腸にとってもやさしい働きをしてくれるから。こうした日本食文化の知恵がつまった、...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
いそがしい毎日でも、おいしくて体にいいものを食べたい。そんな想いから、世界で初めて「主食」にフォーカスした完全栄養食を開発した「BASE FOOD」。代表...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
いま、密かなブームとなりつつある「玉ねぎヨーグルト」を知ってますか?どこにでも手に入る玉ねぎとヨーグルト、これだけ。どちらもカラダにいい食材ですが、合わせ...
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
昨今、「食」におけるキーワードとして語られることの多い「発酵」。そんな発酵の魅力が目一杯詰め込まれた注目のスイーツ「チーズくず餅プリン」が、創業215年の...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
食べるだけで一日必要な栄養素をバランスよく摂取できる、と話題の完全食(完全栄養食)。そんな完全食のなかでも日本で誕生した5ブランドを徹底比較。ライフスタイ...
ジャンクフードの摂取は"適量"に。そうすれば気分も向上して、脳がヘルシーになれるかもしれません。
「砂糖を含まないチョコレート×納豆」の異色のコラボレーションを実現した「納豆ショコラ ZERO」がクラウドファンディングで募集中。
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
先週10月22日(木)から規格外品を集めた展示販売イベント「NO PROBLEM store」が「パスザバトン表参道店」内の「パスザバトンギャラリー」で開催中。
最近お腹の調子が優れない…そんな時は、食べる物を考えなおすのが一番の近道だ、と「Little Things」のPhil Mutz氏。たしかにごもっともな意...
組み合わせを考えたら、アリだと思うんですけどね。
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
豆乳ヨーグルトとは「豆乳と乳酸菌で作られた、植物由来のヨーグルト」です。大豆が使われているため、味噌や納豆、醤油などと同じ植物性の発酵食品ということができ...
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめのドライフルーツを3つピックアップしました。マンゴー、ドラゴンフルーツ、ナツメというラインナップです。